出典:photoAC

Lifestyle

ベランダに物干しがないときのアイデア紹介!室内干しやDIYも♡

引っ越した先のベランダに物干しがない、物干しの高さが低い、または高すぎて使いづらい…、そんな経験はありませんか?今回はおすすめの物干しや、自分のタイミングで洗濯物を干すことができるサンルームの事例、DIYで自分好みの物干しを作る方法を紹介します!

ベランダに洗濯物を干す、のみでなく室内に干す方法のヒントもお伝えします♡

■ベランダの物干し、設置がない部屋の場合はどんなものを選んだらいいの?

ベランダの物干し、どんなものを使用したら良いのか、選ぶポイントやおすすめの物干しを紹介します。

・自分で物干しを準備したい!選ぶ際のポイントは?


物干しを選ぶ際は、
*ベランダのスペースにおける大きさか
*高さは十分足りるか
*ポールを設置する際の設置方法

これらを確認しましょう。十分な洗濯物をかけるスペースを十分に確保できる作りかを確認するのも大切ですね。

・倒れないようにするためには?


物干しが倒れてしまっては危険なので、物干しの足元がシッカリしている商品を選び、風が強い日は洗濯物を外に出さない、洗濯物を干す際は重量バランスを考えて干す、といった工夫をしましょう。
突っ張り棒タイプの柱でしっかり固定できる物干しや、手すりや天井に固定するタイプの物干し金具を設置して物干しポールを設置するのもおすすめです。

■1人暮らし、ファミリーそれぞれのおすすめの物干しタイプを紹介

生活スタイルごとにおすすめの物干しを紹介します。

・1人暮らし、少人数ならX型の物干しがおすすめ


出典:photoAC ※画像はイメージです

<製品紹介>
多くの洗濯物を干すことができ、使用しないときは折りたためるX型の物干しがおすすめです。ステンレス製のものを選べば外での使用が可能です。
ホームセンターやネット通販で購入が可能で、サイズにより価格は異なりますが3,500円~6,000円ほどで購入できます。布団を干すことができるのも魅力です。

<口コミ>
*布団を干せるのでとても便利
*安定しているので安心して使用できる、使わないときは折りたたんで立てかけておけば邪魔にならない!

といった口コミがあります。移動できるタイプだからこそ利便性が高いアイテムです。

・ファミリーならブロー台がセットになったシッカリした物干しがおすすめ

出典:photoAC ※画像はイメージです

<製品紹介>
ブロー台と言って砂を入れて重心を安定させる台がついている物干しは、物干しを外に出しっぱなしにしておきたい家庭や、洗濯物が多いファミリー層におすすめです。
高さを調節できるタイプが多く、その日の洗濯物に合わせて干し方を変えられるのも魅力です。メーカーやサイズにより異なりますが5,000円~8,000円ほどで購入できます。

<口コミ>
*洗濯ポールを3本設置できるタイプを購入。子どもから大人まで多くの洗濯物が干せて良い。
*ズボンが地面につかないように干せる
*インパクトはあるが購入して良かった

といった口コミがあり、洗濯物の総量が多い家庭におすすめです。

Recommend

【医師監修】尿漏れ、骨盤のゆるみetc… 相談しにくい産後の悩みの解決法!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]