Other

【今月のカバーガール】ストレスをためないためのスケジュール共有術!

月替わりで、WEBサイト「mamagirl」のトップを飾る、【Cover mamagirl(カバーママガール)】企画。今月はパワーインフルエンサーママ前原千絵(まえばら ちえ)さんを4回に渡ってピックアップ。最終となる第4回は、専業ママの千絵さんに毎日をハッピーに過ごすためのモチベアップ法についてインタビュー。また、ストレスをためないためのスケジュール共有術についてもお話を伺いました!


■先々に楽しい予定を組み込んでワクワク感をつくる♡

「時々ふと、世間から取り残されている気分になる…」というのは、専業ママあるあるのひとつ。千絵さんもその感覚には、馴染みがあるといいます。
「子どもが1番大事っていうベースはありつつも、家の中だけにいるとどうしても閉鎖的な気分になりがちですよね。今は前ほどラフには出歩けないので、『この一角のスペースで1日終わっちゃったな……』みたいな日は、世の中と距離があるようで、やっぱりちょっとさみしくなっちゃいます」

だからこそ意識して生活にメリハリをつけるようにしている、と千絵さん。
「ちょっとコンビニ行くだけでも、近所を散歩するだけでもメイクをして服を着ると『今日はちょっとがんばったな』という気分にもなれるので♡」

さらに、ママ友との子連れランチやピクニック、実家へ帰省したりなど、リフレッシュできる計画を立てて、日々のモチベーションも上げているそう。

「いっぱいいっぱいになったりしたときは、『実家に行こう!』と日取りを決めたりするだけでも気分が楽になりますよね。先に楽しみを作ると、それに向けて気持ちも上げていけますし!他にも友達とランチへ行く予定を立てるとか、家族旅行のことを考えるとか、先のことを考えて楽しいことを計画しているとそれだけでも割とリフレッシュできます♡」


■『今、必要なもの』以外はストックしない!

掃除も料理も必要な範囲でできていればOK!家事全般に特にこだわりはないという千絵さんですが『余計な物を増やさない』という点は、徹底しているそう。
「そもそもは夫が物を増やしたくない人だったんですけど、増やさないことを意識してみたら快適でした。片付けや掃除もシンプルになるので今は合理的だなと思っています」

必要のなくなった服や小物は欲しい人にゆずったり、フリマに出すなどしてクローゼットの新陳代謝も活発。
「『まだ使うかも?』と思った物は、何カ月か様子を見る保留期間もおいています。それで、その間出番がないようだったら手放していく……というのが何となくの流れ」

消耗品や生活必需品なども必要以上に買い置きはしないそう。
「『別に使うぶんだけでいいでしょ?』というのが夫の方針なので、そこは割と厳しいです。「コストコとかで大量に買ってこないでね」みたいな(笑)。友達とわけるならいいけど、大量に買って帰ってくるのはアウト!」

インテリアに関しても、かわいい小物を見つけたからといって即購入ということはないそう。

「家に関する物はお互いに確認を取る、勝手に買わないというのが我が家のルールです」

家は生活の場であると同時にくつろぐ場。目に入る物も含めてお互いに心地よいインテリアを作り上げるのも暮らしを快適にするコツなんだとか!



SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]