出典:photoAC

Lifestyle

お風呂掃除の基本を学ぼう!掃除の流れや汚れ別の掃除法も伝授

今年も残すところ後1ヵ月ちょっと。新しい年に備えて掃除を始めている人もいるのではないでしょうか。普段掃除できないところもしっかり掃除をすることで、気持ちの良く新年を迎えられますよね。掃除をする場所はたくさんあるかと思いますが、中でも苦戦してしまうのがお風呂。

赤カビや黒カビ、水垢や石鹸カスなど、汚れによって掃除法は異なるんです。
今回は汚れ別の掃除法や、掃除の手順などのお役立ち情報を提供していきます☆

■お風呂掃除の基本の流れとは?

まずは、お風呂掃除の基本をご紹介します。

・お風呂掃除に必要なもの

出典:photoAC

まずは、掃除に必要な道具を準備します。
ブラシ・スポンジタイプのブラシ・ゴム手袋・クイックルワイパー・用途に適した洗剤
などを準備しておけば安心でしょう。

・洗剤はどんなものがいいの?

出典:photoAC

お風呂汚れには酸性とアルカリ性があります。汚れを見極めて洗剤を準備しましょう。
アルカリ性には重曹を、酸性にはクエン酸や酸性洗剤がおすすめです。カビキラーもあると◎1本あると十分です。

・お風呂掃除の流れは?

出典:photoAC

効率の良いお風呂掃除の手順を簡単にご紹介します。
1.換気扇をつけ、排水溝のゴミを取り除き、小物類を外へ出します。
2.40℃ほどのお湯で浴室全体をシャワーし汚れを緩めます。
3.壁と扉の内側を洗います。このとき上から下に向けて洗いましょう。クイックルワイパーで天井もしっかりゴシゴシ。
4.次は浴槽を洗います。円を描くようにぐるぐる洗うと◎
5.浴槽を洗ったスポンジでそのまま鏡も洗っておきましょう。
6.蛇口、シャワー部分を洗います。
7.大きめのブラシに洗剤をつけ、床をこすります。
8.小さめのブラシで排水溝やヘアキャッチャーを洗います。使い古した歯ブラシを使うとエコ☆
9.今洗った場所を一気に洗い流します。
10.水垢発生ポイントである鏡や蛇口部分は水気を取るために拭き上げましょう。
11.小物類をもとの場所に戻します。時間がある場合はすぐに戻さず浴室内を少し乾かしても◎
12.扉の外側を拭きます。扉の外側は、拭き掃除で十分。水拭きをして乾拭きを!

■お風呂の汚れの種類は?

お風呂汚れにはどんな種類があるのでしょうか。

・水が残りやすい場所にできるのが赤カビ

出典:photoAC

ピンクっぽい色をしたヌルヌル汚れを見たことありませんか?その正体は赤カビなんです。床のすみっこやボトルの裏など、水気の残りやすい場所に発生します。

・ゴムパッキンなどの柔らかい場所にできるのが黒カビ

出典:photoAC

黒ずんだ、いかにもカビ!って感じの斑点の正体は黒カビです。ゴムパッキンなどの柔らかい場所にでき、落としにくいのが特徴です。

・白い粉のような汚れは水垢や石鹸カス

出典:photoAC

水道水のミネラル分が固まってできる白い粉のような汚れ。水垢や石鹸カスによるものです。鏡やイスに発生しやすいです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE