出典:photoAC

Lifestyle

洗濯機を洗浄しよう☆重曹や塩素系洗剤の使い方まで

洗濯機をまわしたあとに「洗濯物がなんだかにおう」「ゴミがついている」なんて経験ありませんか?それは洗濯機の中の汚れが原因かもしれません。
洗濯機には洋服についた汚れやホコリ、洗剤の残りカスなどがたまり、水垢も発生します。繁殖した菌やたまった汚れにより、洗濯物を逆に汚してしまうことも!

洗濯物をきれいに仕上げてもらえるように、洗濯機も定期的にお手入れしましょう!

■洗濯機の洗い方をマスター!お手入れするのはここ!

出典photoAC

毎日いろいろな洗濯物の汚れをキレイにしてくれる洗濯機ですが、取れた分の汚れも洗濯機にたまります。いざ、たまった汚れを洗浄しようと思っても時間がかかります。仕上げまでは6~10時間程度かかることもあるので、洗濯機を使う用事がないときを選んで取りかかりましょう!
それでは、市販の洗浄剤を使ってセルフ洗浄できるところを、部分ごとに説明していきます。

・糸くずフィルター

出典photoAC

いちばん汚れがたまりやすく、目に見えるのでお掃除のタイミングもわかりやすいですね。洗濯物の糸くずやほこりがたまっていく仕組みになっていて、取り外し可能ですので、たまった糸くずは放置せずに毎回取り除きましょう。
水にぬれた状態だと取り除きにくいため、乾燥させてからお手入れをします。不要になった歯ブラシを使って、フィルター部分の掃除をするとよりキレイになりますよ!

・洗剤入れトレイ


洗剤は粘度があるため容器に洗剤カスが残りやすく、頻繁にお手入れをしないと黒カビなどのやっかいな汚れを発生させてしまいます。定期的なお手入れだったら、歯ブラシでゴシゴシのみでOKです。
カビや汚れがかなり気になる場合は40℃~50℃くらいのお湯につけておくと汚れが落ちやすくなります。市販の浴室用洗剤と歯ブラシを使うのも効果的です!

・洗濯槽の洗い方!こびりついた汚れを落とす手順

出典photoAC

1.お湯をはる
はじめに汚れを浮かせやすく下準備をします。洗濯槽内にこびりついた汚れを、より落としやすくするために40℃~50℃程度のお湯を最大水位まで入れます。

2.適量の洗剤を入れる
洗剤タイプにはいろいろなものがあり、それにより適量も変わってくるので、用法はよく読んでおくことがマストです。洗剤タイプについては、のちほど!

3.洗濯機をまわして、つけおく
洗濯機を数回まわし、洗剤を浴槽の裏まで行き渡らせます。数回洗濯機を回した後は、ある程度の時間そのままつけおきます。つけおき時間は洗剤の種類によって違うので、よく確認しておきましょう。

4.浮いた汚れをすくってから排水を

出典photoAC

酸素系洗浄剤を使用した場合、つけおきから数時間後には洗濯槽の汚れが浮いてきますので、ネットなどで汚れをしっかりすくいましょう。洗濯物についていたゴミはこれだったんですね!
あとは排水をして十分に乾燥させて完了です!塩素系洗浄剤を使用すると、汚れは分解・除去されるのでこのように汚れは浮いてこないのでつけおきもより短時間で済みます!

■どれくらいの頻度で洗う?部分ごとでちがう目安

洗濯機内の部分ごとに洗い方のご紹介をしましたが、それぞれかかる時間も手間も違いましたね。続いて、お手入れ頻度の目安を紹介するので参考にしてみてください。

・フィルター、洗剤入れは毎日!

出典photoAC

フィルターと洗剤入れは汚れがたまりやすく、こまめにお手入れするのがベストです。毎回やっていれば、こびりついた汚れに苦労することもなくなります。
フィルターの糸くずを放置していると、排水が詰まるなどの大きなトラブルの原因にもなりますので、洗濯機を使用するごとに掃除するのが理想的です。

・洗濯槽は1~2カ月


洗濯槽内の汚れは目で確認することができないですが、毎日の洗濯物の汚れがだんだんと確実にたまっていきます。目に見えない分、洗浄のタイミングが分からないので、洗濯槽内は定期的な洗浄を心がけましょう。
フィルター洗浄とちがい、手間と時間もかかるので、だいたい1~2カ月を目安に洗浄しましょう。

・業者への依頼は年に1回程度で


数か月ごとのお手入れは市販の洗浄剤で定期的に行いましょう。セルフでは落としきれない汚れは、洗濯槽洗浄の業者にお任せしましょう。部分洗浄なら半年に1回程度で業者へ依頼するのが理想的です。

■洗濯機洗浄に使う洗剤のタイプをチェックしよう!

出典photoAC

洗濯機洗浄で使える洗剤には、主に塩素系・酸素系・重曹があります。

・洗浄力の塩素系


洗濯機にこびりついた汚れや菌には、殺菌力の強い「塩素系」の洗剤がオススメです。しばらく洗浄をしてない場合でも塩素系洗剤ならしっかり菌を分解してくれます。
洗濯槽洗浄の場合も時間をかけずに簡単にきれいにしてくれます。しかし、塩素系洗剤は洗浄力が強い分、洗濯槽へのダメージが心配されます。頻繁に使うと洗濯槽を痛めてしまう可能性もあるので注意しましょう。

・つけおき派の酸素系


塩素系に比べると洗浄力は劣りますが、定期的な洗浄であれば十分効果はあります。シュワシュワと発泡しながら、時間をかけて汚れを浮き立たせてくれるので、数時間のつけおきが必要となります。

・安心安全の重曹

出典:@yagigigiさん

重曹は、塩素系にも酸素系にも洗浄力は劣ります。しかし、ご存じの通り食品にも使われるもののため、安心して使うことができます。特に、子どもがいる家庭ではおすすめです。
洗浄力では、塩素系や酸素系洗浄剤に劣りますが、定期的なお手入れと、つけおきする時間の確保ができれば重曹でもしっかりときれいにすることができます!

■洗濯槽洗浄におすすめの商品をピックアップ!

出典:@photoAC

・洗濯槽を洗浄する洗剤には液体と粉タイプがある


さて、先ほど洗剤タイプを3つを紹介しましたが、その中でも液体タイプと粉タイプの2つのタイプがあります。液体タイプは水に溶けやすく、洗剤残りが少ないため比較的短時間で洗浄を仕上げることができます。
粉タイプは洗濯槽の隅々までをきれいにすることができます。つけおきをする時間があるときにはこちらがおすすめです。液体タイプと違い水に溶けにくいため、短時間で終わらせたい場合には向いていないかもしれません。

・洗濯槽内の洗浄におすすめの粉タイプ洗剤

◆オキシクリーン!アメリカ生まれの大人気シリーズ

出典:@yagigigiさん

粉タイプのおすすめはこれ!アメリカ発の大人気「オキシクリーン」シリーズ!オキシクリーンは酸素系漂白剤として人気のアイテムですが、アメリカ生まれで日本版も販売されています。
洗濯槽専用のクリーナーも販売されていますが、通常タイプのオキシクリーンでもOK。話題の「オキシ漬け」で洗濯槽もピカピカにしちゃいましょう!

・洗濯槽内の洗浄におすすめの液体タイプ洗剤


◆『Panasonic(パナソニック)』の「洗濯槽クリーナー(塩素系)」

出典:@michiharuyuzu_homeさん

洗濯機メーカーの塩素系洗剤だから安心!洗浄力が高く、しかも大容量!レトロなデザインもかわいいですよね!

・ドラム式の洗濯層洗浄におすすめの洗剤


◆『HITACHI(日立)』の「洗濯槽クリーナーSK-1」
縦型洗濯機とドラム式では洗浄方法が異なります。酸素系洗剤ではつけおき時に浮かせた汚れを排水前に取り除かなければなりません。ドラム式はつけおき最中にフタを開けることが難しいので、つけおき不要で汚れを溶かす塩素系洗剤がオススメです。
HITACHIの洗濯槽クリーナーSK-1は、洗濯槽の汚れや臭いのもととなるカビを除去し、洗浄後の繁殖を防ぎます。ドラム式、縦型洗濯機のメーカー問わず使うことができます!


■めんどうな洗濯機洗浄はプロにおまかせ!

ここまでセルフでの洗浄の方法をお話してきましたが、「そんなに時間を確保できない」「セルフ洗いではちゃんと洗えているか不安」、という方はプロに任せるのもひとつの手ですね。
そこで、最後に洗濯機洗浄を業者に頼むケースをご紹介します。

・業者にまかせる!部分洗浄と全体洗浄のちがい

出典:photoAC

部分洗浄では洗濯機上部のカバーを取りはずし、洗濯槽は設置したままの状態で専用洗浄剤で洗浄をします。カバーを開けることにより、洗濯槽裏の汚れをキャッチすることができます。しかし洗濯槽の底裏には器具が届かないため、汚れはとれずに残ってしまいます。
それに対し全体洗浄は、洗濯機を分解し洗濯槽ごと取りはずします。汚れもまる見えになって、まるごと高圧洗浄をするので、部分洗浄ではできなかった洗濯槽の底裏の洗浄までできちゃうのです。しかし、最近では洗濯機のつくりが複雑になり、分解が困難なものも多く、機種によっては全体洗浄ができない場合もあるようです。

・業者の費用はどれくらい?セルフ洗浄と比較してみよう


業者に頼む場合でも、部分洗浄と全体洗浄で費用は大きく変わります。平均的には、部分洗浄は約10,000円~約17,000円、全体洗浄では約14,000円~約17,000円が相場!業者や洗濯機の形状によって金額も変わるようですね。
セルフ洗浄なら主に洗剤の購入費用のみなので、比較すると10倍近くになりますね。その分効果も期待できるので、定期的にはセルフ洗浄がおすすめですが、年に1度くらいは業者にまかせるなどと組み合わせてもいいかもしれませんね!

・おすすめの業者をご紹介!

出典:photoAC

お掃除と言えば、「おそうじ本舗」!クリーニング大手のおそうじ本舗のおすすめポイントをご紹介します。

1.全国に店舗展開
日本全国に店舗があるおそうじ本舗なら、ご自宅の近くの地域で対応が可能

2.お見積もりが無料!
「洗濯機の洗浄なんて、業者に頼んだことないから」と不安に思いますよね。おそうじ本舗なら、見積もり無料でしつこい勧誘もなし!不安なことがあれば相談してみましょう。

3.費用は平均的
部分洗浄 11,000円/台、全体洗浄 14,000円~17,000円/台

まずはお問い合わせからでも!ぜひ参考に比較してみてください!

■定期的なお手入れで大切な洗濯物を守りましょう!

出典:photoAC

今回はセルフ洗浄での洗濯槽の洗い方やおすすめの洗剤、業者を活用する方法などをご紹介しました!時間や費用を捻出するのも大変そうですが、洗濯物は大切な家族のからだにふれるものだから、清潔に安心安全に保ちたいですよね。
セルフでも業者でも、みなさんのライフスタイルに合った方法で定期的なお手入れをしましょう!

sakumaru

最近、旅行にハマってます。いつもと違う景色を見て癒されたり、おいしいものを食べてはしゃいでいます。いろいろな経験をして素敵な大人になりたいです。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!