出典:@ suhada.beautyさん

Beauty

キュレルの日焼け止めは潤い肌を保ち低刺激なので赤ちゃんにも使える!

『Curél(キュレル)』というと肌に優しい、敏感肌でも使えるなどのイメージがありますよね!化粧水や乳液はもちろんですが、毎日使う日焼け止めも肌に優しく使えるのか気になりませんか? キュレルの日焼け止めは化粧下地としても使える上に、肌をなめらかにしてくれるスグレモノ。低刺激なのでデリケートな赤ちゃんの肌にも使っても安心なんです!

いろいろな種類があるキュレルの日焼け止めについて調べてみました。日焼け止めの上手な塗り方もご紹介します!

■日焼け止めの「SPF」と「+」について

出典:photoAC ※写真はイメージです

日焼け止めには「SPF」の表記がありますが、この「SPF」にはどのような意味があるのか気になりますよね。「SPF」とは何をさしているのでしょう。
また、「+」の表記もありますが、この「+」もどんな意味があるのでしょうか。

「SPF」とは「紫外線防御指数」のことで、嫌な”シミ”や”そばかす”、そして”皮膚がん”の原因と言われている紫外線B波(UVB)をカットする力のことなんです。

そしてこちらもこのごろよく見る「SPF50+」はSPFの最高数値のことです。「+」がついているのは「50以上」という意味なんですね。

「SPF」の数値が高いキュレルの日焼け止めは、全部で4種類です。
顔用、全身用など分かれていて、それぞれ日常使い、レジャー使いに使用できるかどうかは数値で判断できますよ。

■UVローション SPF50+

出典:@ g_enshさん

しっかり日焼け対策したい!という方はこちらの「UVローション SPF50+」がおすすめ。

・UVローション SPF50+はどのような日焼け止め?

出典:@ g_enshさん

UVローション SPF50+は顔、からだどちらでも使えるローションタイプ。
無香料、無着色でデリケートな赤ちゃんの肌にもOKなタイプで、ママといっしょに使えるという便利な優しい日焼け止め。
紫外線吸収剤無配合、アルコールフリー、アレルギーテストも済んでいるので敏感肌の方にも安心です。さらにセラミド機能成分や、ユーカリエキス、アスナロエキスの保湿成分も配合されています。
「SPF50 PA+++」なので、強い紫外線をしっかりカットしてくれる日焼け止めです。

・レジャーや公園のお出かけにおすすめ!

出典:@ g_enshさん

レジャーなど強い日差しで焼ける!という日のお出かけはもちろん、子どもとよく公園に行くので日差しが気になる!という方におすすめです。
子どももママも使えるので、カバンの中に1本入れておくと安心ですね。
伸びも良く、嫌がってもささっと塗れるあたりも子どもにぴったりです。

・UVローション SPF50+の口コミはどう?

出典:@ g_enshさん

「仕事柄、外に出かけることがおおいのに日焼け止めでかぶれる敏感肌。肌に優しくて塗りやすい日焼け止めでSPF50を探していました。なかなかなくて…ドラッグストアでたまたま見かけて購入しましたが、ヒット!これなら肌が息苦しくないですし、今のところかぶれることなくつけられています!」

「無香料で匂いがないので子どもが嫌がらずつけてくれます。出先で塗り直すときも伸びがいいので嫌がる前に塗り直せてます!子ども二人と自分にも使ってますが結構コスパは良いと思います」
などの口コミがあります。
お出かけのときに子どもが嫌がらずつけてくれるというのは、やはり良いですよね。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]