出典:photoAC

Beauty

マスクのときのメイクが崩れるのを防ぐ方法!崩れの原因と直し方も解説

マスクを付けていると、どうしてもメイクが崩れやすくなりますよね。ここでは、化粧崩れしにくくなるコツやポイントをご紹介しています。

マスク生活にもようやく慣れてきたけれど、「メイクがどうしても崩れてしまう!」という人はいませんか?せっかくキレイにメイクしても、知らず知らずのうちに崩れていると残念な気持ちになりますよね。そこでこの記事では、マスクでメイクが崩れる原因と、崩れないメイク方法のポイントやコツ、メイク崩れの直し方などについて解説しています。毎日するメイクの手順の参考にしてみてくださいね。

■マスクでメイクがいつも崩れてしまう!その原因とは

出典:photoAC

マスク着用時にメイクが崩れる主な原因は湿気と摩擦、そして乾燥です。ここでは、それぞれの原因を詳しく解説していきましょう。

・マスク内の湿気による蒸れ

マスクをしていると、鼻や口のある顔の下半分が覆われることで蒸れやすくなります。呼気がマスクの中に溜まり、マスクと肌の間が蒸れてしまうのです。蒸れによる湿気でメイクが浮き上がるため、メイクが崩れやすくなります。
また、マスクをすると体温が逃げにくいので、マスクをしていないときと比べると汗をかきやすいです。汗の成分や皮脂と混ざると、さらにメイクが崩れやすくなってしまいます。

・マスクが肌にあたることによる摩擦

マスクに常に肌にあたっていることが、メイク崩れの原因となっています。またサイズの合っていないマスクを付けると、口を動かす度にマスクが動くことで摩擦が起こり、メイクがより崩れやすくなるでしょう。

・マスクを外した際の肌の乾燥

マスク着用時には、肌がしっとりとしているように感じる人もいるかもしれません。実際はマスクを外した後に肌の水分が一気に蒸発し、角質層の水分が奪われて肌が乾燥しやすくなってしまうのです。肌が乾燥すると皮脂が過剰に分泌されることもあるため、メイクが崩れやすくなってしまいます。

■マスクによる化粧崩れを防ぐベースメイクのやり方とポイント

出典:photoAC

先ほど紹介したマスクによるメイク崩れの3つの原因を踏まえ、マスクをする際のベースメイクポイントをご紹介しましょう。

・厚塗り厳禁!化粧下地は薄く仕上げるのがマスト

マスクによるメイク崩れを防ぐには、ベースメイクの仕上げ方法にポイントがあります。摩擦や湿気があってもヨレないように、薄く伸ばすことを意識してください。化粧下地はファンデーションよりも肌への密着度が高いため、マスクメイクにもおすすめです。肌のタイプに合わせて下地を使いわけると、さらに化粧崩れしないお肌になります。

・気になる部分はファンデーションでカバー

化粧下地だけでも十分ですが、カバー力がもっと欲しい人は、気になる小鼻やおでこなどを部分的にファンデーションでカバーするのがおすすめです。厚く塗ってしまうとヨレの原因になるので、スポンジやパフで優しく丁寧に押さえて均一に仕上げましょう。

・パウダーで肌をサラサラに仕上げるのがコツ

出典:photoAC

下地やファンデーションを塗った後は、フェイスパウダーで肌表面をサラサラに仕上げます。ベージュだとマスクに色が移る可能性が高いので、無色のフェイスパウダーを使用するのがポイント!崩れやすいTゾーンやマスクに常に当たる頬などを中心に、顔全体にパウダーをのせていきます。フェイスパウダーは常に持ち歩いておくと、テカリやヨレが気になったときにすぐメイク直しができるのでおすすめです。

・最後に化粧崩れ防止スプレーでしっかり密着させる

ベースメイクの最後は、化粧崩れ防止スプレーでしっかり密着させましょう。メイク崩れを防止するだけでなく、日中のテカリや乾燥対策にも最適です。最後のひと手間をかけるだけで、かなりメイクが崩れにくくなりますよ。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]