出典:@ omatsu.house さん

Lifestyle

布団にカビが生えたら?対処法と予防法をまとめておとどけ

寒い時期になり、布団を干すことが億劫になってきましたね。冬は湿度もそんなに高くないし干さなくても大丈夫だろうなんて考えているあなた、大間違いですよ!冬の冷たい床と温かい人の体温に挟まった布団は湿気が発生しやすく、カビが発生する危険もあります。冬こそ布団のお手入れを怠ってはいけません。

今回は、布団にカビが発生してしまったときの対処法や、カビを発生させないための予防法などお役立ち情報をご紹介していきたいと思います。

■カビが生える原因って?

出典:photoAC

そもそもカビはなぜ生えるのでしょうか?
そもそもカビ菌というのは空気中に常に存在しているといわれています。そこに、カビの好む条件がそろうことによってカビが繁殖し、目に見えてカビが発生してしまうのです。カビの好む条件というのが”気温25℃~30℃”、”湿度70%以上”、”カビにとって栄養分となるホコリや汚れがある場所”です。布団内の湿度が70%なんてすぐに達してしまいます。また、暖房が効いた寝室、掃除が行き届いていないベッド下のホコリなど、布団まわりはカビが生えやすい条件がしっかりそろっているんです。

■カビが生えた布団を使うとどうなる?

出典:photoAC

もしカビの生えた布団を使い続けているとアレルギーや喘息、肺炎などの病気になってしまう可能性があります。カビの生えた布団で寝るということは、大量のカビ菌粒子を吸い続けるということ。しかもカビは生えた状態を維持していると、布団の劣化が早かったり、ほかの菌や虫が湧いたりなんてこともゼロではありません。

■カビの生えた布団は捨てる?カビを取って使う?

カビが生えるといっても部分的であれば自分で取り除いて使い続けられますが、全体に広がっていたら買い替えが必要になるでしょう。少しのカビの場合は洗濯や、除菌などで対処できることも◎その対処法については次でご紹介しますね。

■敷布団のカビを取る方法をご紹介

出典:photoAC

敷布団に生えたカビの取り方をご紹介します。

<用意するもの>
塩素系漂白剤(カビキラーなど)
使わないタオル、もしくはキッチンペーパー

<方法>
1.カビの生えた部分に塩素系漂白剤をしみ込ませます。しみ込んだらタオルやキッチンペーパーでカビをつまむように拭いていきます。
2.ある程度拭き取ったら水で濡らしたタオルで拭き上げをし、しっかり乾燥させたら終了です。
※拭き取りの際に使ったタオルやキッチンペーパーは密閉して捨てましょう。

■布団カバー・シーツのカビを取る方法

出典:photoAC

次は布団カバー・シーツに生えた場合のカビの取り方です。

<用意するもの>
塩素系漂白剤
シーツが入るようなバケツ(なければ浴槽でもOK)
ゴム手袋、マスク

<方法>
1.バケツもしくは浴槽にカビの生えたカバー、シーツを入れます。
2.50℃前後のお湯を全体がつかるまで入れ、塩素系漂白材を規定量投入したら、30分~1時間放置します。
3.カビが見えなくなってきたら水を捨て、漂白剤をしっかり洗い流しましょう。その後、洗濯機で洗えば終了です。
※塩素系漂白剤は強力なので、ゴム手袋やマスク、換気はしっかりしましょう!

今回は塩素系漂白剤を使った取り方を紹介しましたが、ほかにも軽度なカビなら重曹、オキシクリーンなどでも取ることができますよ。

■布団のカビを予防する方法1:こまめに干す

出典:photoAC

布団に生えたカビの対処法をご紹介しましたが、カビを生えさせないことが1番です。
カビを生えさせないための対策方法のひとつは、布団をこまめに天日干しすること。当たり前のようですが、この当たり前がとても大事なんです。床にそのまま布団を敷いている場合は、特にこまめな天日干しをおすすめします。天日干しの際にカビの除去スプレーやアルコールスプレーを吹きかけておくとより殺菌効果が働きますよ。

■布団のカビを予防する方法2:布団の下にすのこを敷く

出典:photoAC

フローリングにせよ、畳にせよ、床にそのまま布団を敷くのはあまり良いとはいえません。毎日布団をあげるなら問題ありませんが、敷きっぱなしはカビが生えるスピードを早めてしまいます。そんなときは、すのこを敷くと◎なかなか干せないマットレスなんかも床とマットレスの間にすのこをかますことで換気を簡単にすることができます。

~おすすめ☆すのこを紹介~

出典:マットレスにカビが!そんなときは、この方法で除去しよう @ __29stagram__ さん

すのこといったら一枚板のイメージがあるかもしれませんが、布団専用のすのこで写真のように折り曲げられるタイプのものが近年主流となっています。このメリットはすぐに布団を干せるということ。ベランダまで持ち運ぶのは大変…という主婦のためのすのこといっても過言ではないこの便利なアイテム。この折り曲げた状態のすのこに布団を干して、寝室の換気を目一杯すればしっかり布団を乾かすことができちゃいます。2つ折りタイプや3つ折りタイプなど形状の種類も豊富にあるのでチェックしてみてくださいね。

■布団のカビを予防する方法3:吸湿シートを使う

代謝の良い子どもの布団や汗かきなパパの布団などには吸湿シートを敷いておくとよいでしょう。マットレスなど干す頻度が低い布団が高吸湿タイプ、敷布団は交換しやすい軽量タイプのものが◎抗菌、防臭加工が施されている商品もあるので、環境にあった吸湿シートを見つけてみてくださいね。

~おすすめ☆吸湿シートの敷き方をご紹介~

出典:@ omatsu.house さん

吸湿シートは布団やマットレスの下に敷いてももちろん良いですが、@omatsu.houseさんのように敷きパッドの下に敷くのもおすすめです。吸湿シートは防臭加工や交換時期が一目でわかるセンサーつきのものがおすすめです。お手入れのしやすさも重要かもしれませんね☆

■布団のカビは致命的!カビが生えないような環境作りをしよう

出典:photoAC

布団にカビが生えてしまうと、ほとんどの場合が買い替えを検討しなければなりません。簡単に購入できるわけではない布団は、カビが生えにくい環境を作ることはとても大切で快適な睡眠を確保することにつながるでしょう。見た目だけではなく、臭いなども発するので常に布団の変化には意識しておきましょうね。

ちい

3歳差兄妹のママ♡
週末に子どもたちと出かけるのを楽しみに毎日仕事頑張っています(笑)
【Instagram】chi.79sw
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]