出典:@ 02_home.01さん

Lifestyle

除湿機はコンプレッサー式がおすすめ!選び方から商品までチェック

雨の日が続く梅雨などは湿度が高くじめじめしがち。洗濯物の乾きが悪かったり、家の中が湿気で傷んでしまったりした経験がある方もいるのではないでしょうか。そんな湿気が多いときに活躍してくれるのが”除湿機”なんです。そんな除湿機の中にもコンプレッサー式とデシカント式があるのをご存知ですか?

今回はコンプレッサー式の除湿機に注目しました。どんなメリットがあるのか、お手入れのしやすさはどうなのかも紹介します。合わせておすすめ商品もピックアップ!除湿機を検討中の方は要チェックですよ。

■除湿機の種類<コンプレッサー式>

出典:photoAC ※写真はイメージです

まずはコンプレッサー式とデシカント式の違いを見ていきましょう。ここではコンプレサー式を紹介していきます。

・コンプレッサー式除湿機とは


コンプレッサー式除湿機とは空気を冷却し、発生した結露を利用することでお部屋の空気中の水分を取り除く仕組みです。除湿機内部で冷媒を圧縮し、湿った空気から水分を取り乾いた空気を室内に放出させます。

・コンプレッサー式除湿機のメリット


コンプレッサー式除湿機のメリットは、消費電力が少ないためお財布にやさしいのがうれしいポイント。
また、空気を冷やして除湿するため、使用すると室温が低くなります。そのため、高温多湿な梅雨の時期から夏場にかけて使うのに適しています。

・コンプレッサー式除湿機のデメリット


コンプレッサー式除湿機のデメリットは、高温時に威力を発揮するため、気温の低い冬場に使用すると効果を感じにくいことも。コンプレッサーを内蔵しているため、本体もかなり重く振動音があるのが特徴です。

■除湿機の種類<デシカント式>

出典:photoAC ※写真はイメージです

次にデシカント式の特徴をみていきましょう。

・デシカント式除湿機とは


デシカント式除湿機は「ゼオライト」という乾燥剤に、空気中の水分を吸着させて室内を乾燥させます。吸着した水分はヒーターで温めて気化させ熱交換機で冷やし水滴に。その水滴がタンクに溜まっていく仕組みです。

・デシカント式除湿機のメリット


デシカント式除湿機は、室温に関係なく一年中安定して使えるのがメリットです。また、本体の大きさが比較的コンパクトなものが多く、持ち運びに便利なのも魅力的ですね。

・デシカント式除湿機のデメリット


デシカント式除湿機は吸着した水分を温める必要があり、室内の温度が上昇しやすいデメリットも。夏場の使用は暑くて使いにくさを感じることもあるかもしれません。
また、ヒーターを温めるのに電気代がかかります。そのため、コンプレッサー式除湿機よりコストが高くなってしまうこともしばしば。

Recommend

【監修記事】がんばるママたちが、自分自身の体を知る場所。 “W Femina Clinic”って?

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]