出典:photoAC

Lifestyle

アイランドキッチンはおしゃれで機能的!人気の理由とは?

毎日の料理を作るのに重要なキッチン。キッチンにはいろいろな種類があり、壁際にぴったりくっついている壁つけキッチンと、リビングなどに面している対面キッチンがあります。そんな中で今人気なのがアイランドキッチン。「名前は聞いたことあるけど、どんなものか知らない」という人もいるでしょう。
そこで今回はアイランドキッチンについてご紹介します。

インスタやおしゃれブログを見ていると、アイランドキッチンを使っている人が多いです。そんなアイランドキッチンには魅力がいっぱい。おしゃれなキッチンにしたい人は要チェックです!

■アイランドキッチンってどんなキッチン?

ここではアイランドキッチンについて説明していきます。

・アイランドキッチンとは?

出典:photoAC

アイランドキッチンとは、アイランド(島)の名前の通り、キッチンの調理スペースが島のように独立したキッチンのことを指します。対面型のキッチンとなり、リビングやダイニングと向き合うような形になります。
対面型のキッチンにはアイランドキッチン以外にも、左右どちらかの壁にくっついたペニンシュラ(半島)キッチン、カウンターが設置できるI型キッチン、L字の形をしたL型キッチンなどがあります。

アイランドキッチンが他の対面型キッチンと違う点は壁に設置されないというところ。
壁に設置しないことで左右どちらからも行き来することができます。

・アイランドキッチンのメリットは?

出典:photoAC

アイランドキッチンは壁に接せず独立しているので、空間が広く開放的に感じられます。視界を遮るものもないので、広い視野の中で料理が楽しめます。
また動線が多いので、数人で作業しやすいのも◎パーティーなどのときは配膳などもしやすいのでおすすめです。
対面式なのでリビングやダイニングにいる人の顔を見ながら料理するのもコミュニケーションが取れますね。子どもがいる家庭では、料理をしながら子どもの様子を見ることができるのでおすすめです。

・アイランドキッチンのデメリットは?

魅力的なアイランドキッチンですがデメリットもあります。
開放的ではありますが、アイランドキッチンの設置にはある程度の空間が必要になります。そのため広さの限られた家ではアイランドキッチンが設置できない場合も。
またリビングから、キッチン全体が見えるような造りなので、ものを置きっぱなしにしていると散らかった印象に見えるかもしれません。
アイランドキッチンにするときは、整理整頓を意識することできれいな印象を保つことができます。

・アイランドキッチンに向いているのはこんな人!

出典:photoAC

アイランドキッチンは複数人で料理をしたり、ホームパーティーなどをよくする人におすすめです。
先ほどもご紹介した通り、アイランドキッチンは広く開放的なので複数人での料理もしやすいです。親子や友人同士で並んで料理をする機会が多い人におすすめです。
またホームパーティーなど人がたくさん来たときでも、キッチンにいながら相手とも会話ができるのでコミュニケーションも取れます。

■アイランドキッチンを取りつけたい!どうしたらいい?

アイランドキッチンを自宅に取りつけたい!でもなにから準備すればいいのかわからないですよね。ここではアイランドキッチンを取りつけるための確認事項をご説明します。

・アイランドキッチンが設置できるサイズは?

出典:photoAC

システムキッチンの一般的な規格サイズは、奥行きが65cm、間口(横幅)180cm~300cmとなっています。
アイランドキッチンの場合は奥行が広く、75cm~100cmとなっています。奥行き75cm~80cm程度のコンパクトなサイズのものもありますが、水のはね返りや油はねのことを考えると、80cm以上の奥行きがあるといいでしょう。
間口(横幅)も一般的なシステムキッチンより長く、240cm~270cmのサイズが一般的です。

・部屋の広さはどれぐらいあればいい?

出典:photoAC

アイランドキッチンは一般的なシステムキッチンよりサイズが大きめなので、設置するにはある程度の部屋の広さが必要になります。
キッチンだけで、幅4.1m×奥行き2.4mの約6畳程度必要です。
アイランドキッチンの場合は、ダイニングやリビングといっしょになっている造りなので、キッチンとの広さのバランスが大事です。
バランスを取るためには、ダイニングやリビングはキッチンより広い方が良いです。キッチンの広さの約2倍となると約12畳のスペースが必要となり、キッチンと合わせると18畳ほどの広さになります。狭いお部屋や賃貸などだと難しい場合も。
アイランドキッチンを設置するなら、自宅の広さをしっかり見て、寸法などを計る必要がありますね。

・コンセントはどうする?

出典:photoAC

アイランドキッチンによっては、コンセントが設置されていないことがあります。見た目重視のため、コンセントを設置しないという理由が大きいようです。
コンセントが設置されていないものなら、キッチン以外の部分にコンセントを増設する方法もあります。
例えば背面の壁や床にコンセントを増設すれば、キッチンの見た目を崩さずに使うことができます。
しかし、コンセントのコードに引っかかってしまう、または増設工事が必要になる、といった場合があるので気をつけなくてはいけません。
増設が難しい場合は、もともとコンセントが設置されているアイランドキッチンを選ぶのがいいでしょう。

・費用はいくらぐらいかかるの?

出典:photoAC

一般的なシステムキッチンは、20万~30万円の価格のものが多いですが、アイランドキッチンは120万円~180万円と高めです。
アイランドキッチンは、調理カウンターが高価だったり、たくさんの部品が使われているなどの理由から、高価になります。
しかしこちらはあくまで目安なので、一番確実なのは、リフォーム業者に見積りを出してもらうことです。部屋によって費用なども変わってくるので事前にしっかり確認しましょう。

■おしゃれなキッチンにした人はアイランドキッチンがおすすめ☆

出典:photoAC

部屋の広さや価格など注意する点はいくつかありますが、パッと見て絵になるアイランドキッチンはとてもおしゃれで魅力的ですよね。
キッチンをリフォームしたい、おしゃれなキッチンが欲しいという人は、ぜひアイランドキッチンをチェックしてみましょう!

astom

元気いっぱい食いしん坊な一人娘を育てる新米ママです。子育て情報やプチプラアイテムを探すのが好き♪毎日楽しく過ごせる生活を目指してます!
【Instagram】astom125
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]