出典:photoAC

Lifestyle

節分の食べ物おすすめ5選!意味や由来、関東・関西の違いも解説♡

「鬼は~外!福は~内!」の掛け声で鬼(悪いもの)を追い出し、福(良いもの)を呼び込む節分。節分には「季節を分ける」という意味があり、季節の変わる立春の前日に行われます。「みんなが健康に幸せでありますように」との思いを込めて、悪いものを追い出す日。そんな節分に食べる縁起の良い食べ物には何があるのでしょうか?

家族や友人、みんなの祈願を込めた節分に食べるものの意味や由来も含めてご紹介します。

■節分の食べ物1.恵方巻

出典:photoAC

節分に向けて、1月頃からコンビニやスーパーなどで予約販売される恵方巻。「節分と言えば、恵方巻!」という人も多いでしょう。
まぐろやサーモンなどの刺身やきゅうり、卵などさまざまな食材をくるくると巻いて作る恵方巻は、「福を巻き込む」という意味で縁起が良いとされています♡

・食べる方角の意味って?どう食べるのが正解?

出典:photoAC

恵方巻の「恵方」とは、神様がいる場所を指しています。毎年恵方が違うのは、神様がいる場所が変わるからだったのです。神様がいる場所に向かって、願い事をしながら静かに食べるのがテッパン!
その年の神様がいる方向をしっかり調べてから、家族の健康などを願いながら食べましょう♡

■節分の食べ物2.大豆

出典:photoAC

節分に「鬼は~外!福は~内!」と鬼に向かって投げる、節分には欠かせない豆。語呂合わせで「豆(魔目)」と、ちゃんと由来があるんです。
昔は穀物(豆やお米)などに生命力や霊力があると考えられていたそうです。そのため、豆を食べることでエネルギーを取り込み、無病息災を願うという意味が込められています。

Recommend

フランス発のブランド・GLOBBERの【ゴーバイク デュオ】でキックバイクデビューしよう♪

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]