出典:pixabay

Lifestyle

洗濯機のドライコースが便利!洗濯機を上手に使いこなそう!

「ドライコース」は丁寧に扱いたい服を対象とした洗濯モードです。標準コースでは汚れを落とすことに注力されていて、洗濯機の中で洗濯槽が比較的激しく動き、たくさんの水を使用します。
一方、ドライコースは、洗濯槽の動きが少なく、手洗いに近い洗い方が特徴。通常よりも少ない水量でゆするように洗うため、ソフトな仕上がりになります。また、すすぎの回数が少ないので洗濯時間の短縮も期待できます。

毎日使っている洗濯機でも、通常コースしか使っていないという人もいるのでは?知っていれば便利なドライコース!今回はドライコースについて、使用方法や注意点をご紹介します。

Recommend





「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?



■お家でクリーニング!ドライコースはこんなに便利!

出典:pixabay

間違った洗濯方法で、お気に入りの1枚を傷ませてしまったことありませんか?大切に着ていても、洗濯で失敗したという人も多いはず。「丁寧に扱いたい」「でも毎回クリーニングに出すには費用がかかる」そんな時こそドライコースの出番です!

・もう型崩れさせない!おしゃれ着を上手に洗濯

出典:pixabay

ドライコースは、ワンピースやスカート、ニットなどの洗濯におすすめ。汗などの水溶性の汚れをやさしく落とすのに適していて、型崩れや色落ちが心配な衣類でも、ドライコースならより安心して洗濯できます。
また、通常の洗濯洗剤ではなく、おしゃれ着用洗剤(中性洗剤)を使用すれば、より型崩れや色落ちに効果的ですよ。絡まりを防ぐために、少し大きめの洗濯ネットも用意しましょう。

・服のシワにもう悩まない!ドライコース洗濯のポイント

出典:pixabay

リネン素材などのシワになりやすいシャツも、洗濯機マークや手洗いマークの表示がある場合は、ドライコースで洗濯できます。
通常の洗濯コースで洗った場合、強い摩擦で毛羽立ってしまうこともあるので、やさしく洗濯するのがおすすめです。
また、脱水ジワを軽減するために、脱水の時間は最短時間で設定し、仕上がりのシワを軽くしましょう。脱水後はすぐに取り出し、手のひらで軽くたたいてシワを伸ばすのもポイント。シワを伸ばした後は、すぐにハンガーにかけるようにしましょう。

■ドライコースを使いこなして、目指せ洗濯上手!

出典:pixabay

ドライコースがどのような衣類に対応するのか分かったところで、次に正しい洗い方の手順、注意点についてご紹介します。

・ドライコース1回で洗える洗濯量は少ない?

出典:pixabay

メーカーや洗濯機の種類にもよりますが、一般的に10kg洗いの洗濯機で、約1~2kgの衣類がドライコースで洗濯できるといわれています。通常コースの場合は、10kg洗いの洗濯機で約7kgの衣類の洗濯が適正とされており、比較するとドライコースでは洗濯できる量は少ないですよね。
ドライコースでは使用する水の量が少なく、衣類の量が多いと汚れを落としづらくなり、衣類を傷ませる原因にもなります。決められた量の衣類を洗濯することで、効率よく洗濯機を動かし効果を得ることができますよ。

・ドライコースで上手に仕上げるポイントは?乾燥や柔軟剤は?

出典:pixabay

ドライコースでの洗濯方法は以下の通りで行いましょう。

1.絡まりを防ぐため、洋服を洗濯ネットに入れる
洗濯ネットは少し大きめのサイズを用意し余裕を持たせ、衣類は畳んで入れましょう。
2.洗濯機に入れて、ドライコースを選択
3.おしゃれ着洗剤(中性洗剤)を入れる
4.脱水まで終わったら、風通しの良い日陰に干す

出典:ぱくたそ

鉄則として、乾燥にはかけないようにしましょう。熱や摩擦により衣類に大きなダメージを与えてしまいかねません。
どうしても乾燥しなければいけない時は、ドライヤーボールを使いましょう。使い方はとても簡単!ボールを乾燥させたい衣類と一緒に乾燥機に入れるだけ。
特殊な素材のボールが衣類に含まれる余分な水分を吸い込み、乾燥時間を短縮させ、衣類の乾燥によるダメージを軽減させてくれます。

出典:photoAC

また、柔軟剤の併用は問題ありません。柔軟剤の中には静電気防止の効果がある商品もあるので、特に冬場は活躍しそうです。また、柔軟剤を入れると、仕上がりが柔らかくなり、より着心地が良くなりますよ。

・失敗したくない!ドライコースの注意点

出典:pixabay

ドライコースで洗濯する場合の注意点は以下の通りです。

1.洗濯表示を必ずチェック
洗濯機マークや手洗いマークの表示がある衣類は基本的に洗うことができます。「手洗い不可」の表示がある衣類はドライコースで洗うことができないので、プロにお願いするようにしましょう。
2.シミや汚れを確認
シミや汚れのある箇所には洗剤の原液を垂らし、優しく馴染ませておきましょう。洗濯ネットには、シミや汚れが表になるように畳んで入れます。
3.水温は30度以下で洗濯
水温が高いと衣類が縮みやすくなるため、高温での洗濯は控えるようにしましょう。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE