出典:@ beauty_mmrさん

Beauty

プレストパウダーとは何?使えばいつものメイクがグレードアップ!

メイクのとき、あると無しでは仕上がりが違うと評判の「プレストパウダー」。フェイスパウダーの一種ですが、固形タイプで持ち運びにも便利なコンパクト容器入りです。そんなプレストパウダーが、ますます進化しているそうなんです!そこで今回は、ベースメイクを格上げすると噂のプレストパウダーに注目してみました。

プレストパウダーとはどんなアイテムなのか、ファンデーションとの違いやメリット、デメリットなどもご紹介します!使いやすくて初心者にもおすすめの商品もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

■プレストパウダーとは?ルースパウダーの一種?ふたつの違いを解説

出典:photoAC

プレストパウダーとルースパウダーはどちらも”フェイスパウダー”で、粉質や形状が違うアイテムなんです。

まず、ルースとは”ばらばらした”という意味の英語で、ルースパウダーはさらさらした粉状をしていて、ブラシでつけるとふんわりと仕上がります。
そして、プレストとは、英語で”プレスして(圧して)固めた”という意味。プレストパウダーは、元々は粉状だったものを固形にしてあり、コンパクト容器に入っている商品がほとんどで、パフがセットになっているものもあります。ルースパウダーよりもカバー力が高いので、ポイント使いもOKですよ。

・どんなときに使うもの?

出典:photoAC

プレストパウダーを含めたフェイスパウダーは、「フィニッシングパウダー」「白粉(おしろい)」とも呼ばれています。メイクのお悩みで多いテカリやベタつきを解消してくれるだけでなく、メイク崩れ防止には欠かせないアイテムです。

フェイスパウダーは、ファンデーションの後で、ベースメイクの”仕上げ”として使います。さらに、プレストパウダーの場合は携帯用にも便利で、出先での化粧直しにも使えますよ。

・他のファンデーションとの違いは?

出典:photoAC

ファンデーションは、肌に密着してメイクのベースを作るためのアイテム。そのため、油分を含んだ成分でできていて、しっとりした質感です。肌を均一に整えながらシミや毛穴目立ちを隠してくれます。
一方フェイスパウダーは、油分を含まずさらっとした質感です。ベースメイクの最後につけると、パウダーの粒子が、化粧崩れの原因となる余分な皮脂や油分、汗などを吸収する働きをします。

たとえ見かけが良く似ているパウダリーファンデーションであっても、やはり成分や役割が違うので、特にリキッドタイプのファンデーションには、フェイスパウダーを合わせて使うのがおすすめです。

・メリットとデメリットは?

出典:photoAC

フェイスパウダーを使う大きなメリットは、メイクが崩れにくく”持ち”が良くなることです。時間が経つにつれメイクがヨレたり崩れたりする原因の、余分な皮脂や汗を、フェイスパウダーが吸収してくれるからですね。
さらに、さらさらの粒子には光を拡散する効果があり、毛穴が目立たなくなるため、メイクがきれいに仕上がることもメリットのひとつです。

フェイスパウダーを使うデメリットは、顔全体に量を多くつけすぎてしまうと、かえって小ジワが目立ってしまう場合があること。フェイスパウダーは、部分的につける量を調節するようにしましょう。

■プレストパウダーのおすすめの使い方は?部位別にご紹介

出典:photoAC

プレストパウダーのおすすめの使い方について、顔と顔以外に分けてご紹介します!

・【顔】ベースメイクの最後に

出典:photoAC

プレストパウダーは、ベースメイクの最後に仕上げとして使いましょう。その後でアイシャドウやチークなどのカラーをのせていくのがおすすめです。

そして、プレストパウダーはつける道具でも仕上がりが違ってくるため、どんな仕上がりにしたいかでパフとブラシを選びましょう。
プレストパウダーは、ブラシでつけるとふわっとした柔らかい印象の仕上がりになります。
パフでつけると、パウダーが肌に密着しやすいため、陶器のようなマットな肌に仕上がりますよ。パフの場合はパウダーが細かい部分にも行き届きやすく、より化粧崩れしにくくなります。

また、色つきタイプの下地をしっかりと使い、ファンデーション無しでプレストパウダーをつけることもできますよ。ただし、この場合は、下地やスキンケアアイテムに紫外線対策ができるタイプを選ぶのがおすすめです。

・【顔以外】肌見せ部位をきれいに

出典:photoAC

顔以外の部位でも、プレストパウダーを使うことができます。

おすすめは、デコルテにつけてきれいに見せる方法です。
汗ばむ季節や、日焼け止めを塗ってベタつくときにも、デコルテにプレストパウダーをつけてみてください。さらさらして気持ちが良い肌になり、首から顔へと自然につながった質感になり、メイクもより自然な感じに見えますよ。

そして、腕や足にも紫外線対策の日焼け止めを塗ったときなどにプレストパウダーをつけてベタつきを抑え、さらさらな肌にすることができます。

■初心者にも使いやすいプレストパウダーはどれ?

いろいろ役立ちそうなプレストパウダーは、ぜひ取り入れたいアイテムですね。お試し用や初心者さんにもおすすめな使いやすい商品を、プチプラコスメも含めてご紹介しましょう。

・【レブロン】カラーステイ プレストパウダーN

出典:@ yuyuchiromintさん

『REVLON(レブロン)』の崩れにくいことで人気の「カラーステイ」シリーズ。上の写真の3つは、左から下地、ファンデーション、プレストパウダーの順番で使う、カラーステイシリーズのベースメイクアイテムです。
右側の「カラーステイ プレストパウダーN」1,800円(税抜)は、柔らかい超微粒子パウダーで、ふんわりしたつけ心地になり、長時間崩れずにテカリを防止できると評判のプレストパウダーです。低刺激性で、820、840、880の3色から選べます。

容器の底側にはパフ入れがあり、鏡までついた親切設計!SNS上では、本体とパフ入れが別々になっていて使いやすいという口コミもありますよ。

・【レブロン】スキンライト プレストパウダー

出典:@ beauty_mmrさん

こちらの写真中央の「レブロン スキンライト プレストパウダー」1,800円(税抜)は、しっとりなめらかで柔らかい質感のプレストパウダーで、肌をトーンアップできるタイプ。微細なパール粒の光ベールで、毛穴レスな透明感のある艶肌に仕上がりますよ。
ライトベージュ、ウォーム ベージュの他、フェアリーピンク、ピュアラベンダーの4色から選べます。

・【キャンメイク】マシュマロフィニッシュパウダー

出典:キャンメイク

人気のプチプラブランド『CANMAKE(キャンメイク)』から発売されている「マシュマロフィニッシュパウダー」940円(税抜)は、幅広い年齢層に支持されているプレストパウダーです。
肌のベタつきやテカリを抑え、桃の表面のようなふんわりした感じの美肌になれますよ。美容液成分を配合し、しっとりした質感で優しいつけ心地なのに、カバー力が高く、毛穴レスで自然な感じに仕上がります。
また、4色のうち、マットオークル、マットライトオークル、マットピンクオークルの3色がSPF26・PA++。マットベージュオークルはSPF50・PA+++と、高い紫外線カット効果があるのも、おすすめポイントです。

・【カネボウ】ミラノコレクション

出典:カネボウのミラノコレクションは最強おしろい!30周年記念も @ ayakapin0724さん

年に一度だけ発売される限定のプレストパウダーといえば、こちらの『カネボウ化粧品』から発売の「ミラノコレクション フェースアップパウダー」9,900円(税込)です。毎年テーマに沿って容器と固形パウダーのデザインが変わる、イタリアのミラノにインスパイアされたシリーズです。

フェイスパウダーとしては高価な価格帯なのに人気が高い理油は、豪華な見栄えと、何といってもパウダーの優秀さ!ヒアルロン酸やローヤルゼリーなどの保湿成分を配合し、希少な天然精油の優美な香りとともに、明るく透明感のある肌に見せてくれるパウダーです。

■プレストパウダーをプラスしていつものメイクを格上げしちゃおう

フェイスパウダーの中でも、固形で使いやすいプレストパウダーは、カバー力が高くて部分使いもOK!便利に使えておすすめです。いつものメイクが格上げできますよ。初心者さんにも使いやすい商品をご紹介していますので、普段使わない人も、ぜひ試してみてくださいね。

ぺる

反抗期の子どもとのバトルな日々を楽しむママです。趣味は、コーヒーと映画と書道。それから、雑貨や文具、インテリアを見て歩くのが好きで、街ぶらでお店を見つけると吸い込まれてしまいます。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!