出典:@ mayooo.tg さん

Beauty

【2021】ネイルの流行りはコレ!絶対おしゃれになれる!?色とデザイン

指先までおしゃれにしたいのが女心。しかし、その一方でどんなのがいいかわからない…と感じている人もたくさんいますよね。ネイルにもファッションと同じように流行りがあり、常に新しいデザインや技術が生まれています。それを取り入れるのも、おしゃれになれるひとつの手ですよ。今流行りのネイルデザインの中にもきっと気に入るものがあるはず!ぜひ流行りを取り入れてネイルを楽しんでくださいね。

2021年の流行りの形やカラー、柄やデザインをまとめてご紹介します。

■ネイルの種類1.ジェルネイル メリットとデメリットも紹介

出典:@ mayooo.tgさん

ジェルネイルとは、自爪にジェルを塗った後、専用のライトを当てて硬化させるネイルのことです。専用の道具が必要なため、気軽にセルフネイルを楽しむには少しハードルが高いかも。さらに、つけるときにもオフするときにも自爪に負担をかけてしまうのがデメリットです。

しかし、短時間で固まるので乾かす時間を待つ必要がないことや、一度塗ると3~4週間くらいは持つということで人気が広がっています。忙しいママにはうれしいポイントですね。

ジェルネイルには以下の種類があります。

【ソフトジェル】
*アセトンで溶かしてオフできる
*ジェル自体に柔軟性があるので、爪にフィットする
*柔らかく軽いつけ心地
*自爪が薄い人や柔らかい人は、密着しにくくはがれやすい場合もある
*硬さはないので長さを出すことはできない

【ハードジェル】
*アセトンで溶けないので削ってオフする
*自爪にしっかりと密着する
*硬いジェルなので長さ出しも可能。折れて短くなった場合も長さを出せる
*折れにくく丈夫なので、重みのあるネイルパーツなどを使用したデザインに向いている
*硬いので生活していても取れにくい
*削ってオフするので、自爪が薄くなったり、1本ずつオフするのに手間も時間もかかる

“削らないジェルネイル”と人気のパラジェルはソフトジェルに分類されます。
一般的なジェルネイルは、爪の表面を少し削って傷をつけることで、そこにジェルが入り込み密着するという仕組み。一方パラジェルは自爪を傷つけなくてもジェルが爪にしっかりと密着するため、自爪への負担をかけないのが特徴です。
今は手軽につけ替えができるソフトジェルがネイルサロンでも主流で、基本的に扱いやすいのでセルフネイラーにもおすすめ。しかし自爪が健康でないと、密着しにくく持ちも悪くなってしまいますので注意してください。

ソフトジェルが2021年現在も引き続き人気のタイプですが、持ちが悪いなど、人によっては合う合わないがあるので、いろいろ試してみてくださいね!

■ネイルの種類2.マニキュア 気軽に楽しめる一方デメリットも

マニキュアとは着色した有機溶剤のこと。ドラッグストアなどでも低価格で簡単に手に入り、気軽に楽しめるのが最大のポイントです。カラーバリエーションも豊富で、ゴージャスな印象のラメやパール、柔らかい雰囲気のマットカラーや透け感のあるシアカラーなど、気分やシチュエーションに合わせて手軽にチェンジできます。
しかし、完全に乾かすのに時間がかかることや特有のにおいがすること、またはがれやすいといったデメリットもあります。

ちなみに2021年も注目されているマニキュアが『NAILHOLIC(ネイルホリック)』。300円台というプチプラで購入することができて、カラーバリエーションが豊富なことも魅力のひとつ。ネイルホリックなら好みのカラーが見つかりそうです♡
 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]