出典:photoAC

Lifestyle

みんなの貯金事情が知りたい!年代別の平均金額と簡単節約術

「うちの貯金額って一般的?それとも…。」気になるけどなかなか聞けないみんなの貯金額。そんなときは、公的機関が発表している平均貯蓄額や中央値をチェックしてみるのが一番!今回はファイナンシャルプランナーの資格を持つライター・うみが、世帯別と年代別の平均貯蓄額と無理なくできる貯金するためのポイントを紹介します。

無理な貯金は禁物。みんなの平均金額を知り、ノンストレスな節約ライフを送りましょう!

■みんなの貯蓄事情が知りたい!世帯ごとの平均貯蓄額

家族の形が変われば、平均貯蓄額も違う!厚生労働省の2016年度国民生活基礎調査をもとに、「全世帯」「児童のいる世帯」「母子家庭」の平均貯金額を見てみましょう。

・1世帯あたりの平均貯蓄額

出典:photoAC

全世帯の貯蓄総額の平均は約1,031万円。「貯蓄がある」と答えている人は全体の80.3%でした。

・児童のいる世帯の平均貯蓄額

出典:photoAC

児童のいる世帯の平均貯蓄額は、約680万円。「貯蓄がある」と答えている人は全体の82.1%でした。1世帯あたりの平均貯蓄額と比べるとその差は351万円にもなります。

・母子家庭の平均貯蓄額

出典:photoAC

母子家庭の平均貯蓄額は、約327万円。「貯蓄がある」と答えている人は全体の59.6%でした。全1世帯あたりの平均貯蓄額と比べるとその差は704万円!3倍近く違っていることが伺えます。また、児童のいる世帯と比べてもその差は351万円です。
世帯や児童のいる世帯と比べると、母子家庭が貯蓄できにくい状況にあることがわかります。

■年代別平均貯蓄額を紹介!自分の年齢と比較してみよう

出典:photoAC

年代が違えばどのように平均貯蓄額が変わっていくのでしょうか?厚生労働省が発表した、2016年度国民生活基礎調査より詳しく見てみましょう。

・29歳以下の貯蓄額の平均


29歳以下の平均貯蓄額は、約155万円。大学生や独身の社会人、一人暮らしの人、結婚している人など、生活形態がさまざまなのが20代の特徴です。すべての年代の中で、平均貯蓄額は一番小さいですが、学生だったり勤続年数が短かかったりするため当然とも言えますね。

・30代の貯蓄額の平均


30~39歳の平均貯蓄額は、約404万円です。29歳以下の平均貯蓄額と比べると、249万円アップ!子育て中の人も多いので、将来を見据えて貯金を頑張り始める人も多い年代です。

・40代の貯蓄額の平均


40~49歳の平均貯蓄額は、約653万円。30代の平均貯蓄額と比べると249万円アップしています。

・50代の貯蓄金額の平均


50~59歳の平均貯蓄額は、約1,051万円です。40代の平均貯蓄額と比べると398万円アップ!子育てが一段落する人も多いので、貯蓄額も40代以下の人より増加傾向になっています。

・60代の貯蓄金額の平均


60~69歳の平均貯蓄額は、約1,339万円です。50代の平均貯蓄額と比べると288万円アップ!退職金や相続などがある年代なので、どの年代よりも貯蓄額が一番大きくなっています。

・70歳以上の貯蓄金額の平均


70歳以上の平均貯蓄額は、約1,264万円。50代の平均貯蓄額と比べると75万円のダウンです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]