出典:photoAC

Fashion

冬の定番フリースとは一体どんな生地?原料やお手入れ法知ってる?

寒い冬、大活躍してくれるものと言えばフリース。
『UNIQLO(ユニクロ)』を筆頭に多くのブランド、メーカーより服や手袋などの服飾小物やブランケットなどアイテムが毎シーズン展開されています。軽くて暖かく手頃な値段もフリースの魅力。冬の定番素材として生活に取り入れている方も多いですよね。今回はフリースをクローズアップ!原料や、特徴、お手入れ方法などもチェックしていきますよ。

身近なのに意外と知らないかも!?

■フリースとは一体どんなもの?何から出来てるの?

さっそく見ていきましょう!

出典:@ peekaboo.keiko_komura さん

フリースという言葉は元々、羊一頭から刈り取ったひとつながりになった羊毛のことを言います。

・フリースは石油由来、ポリエステルの起毛素材のこと

現在流通しているフリースの大半は、ポリエステルの中でもポリエチレンテレフタラートというペットボトルと同じ原料から作られる化学繊維です。
フリースとは、石油由来のポリエステル繊維を起毛加工した素材のこと。繊維に強度・保温性・撥水性など機能性を後づけ加工することも可能です。
フリースは羊毛のような暖かさと、ポリエステルの特長である便利さを兼ね備えています。
優秀な素材ですが、以下のような弱点もあるので要注意!
〇火に弱く、小さな火花でも穴が空きやすく燃えやすい
〇摩擦に弱く、毛玉になりやすい点 など

・フリース素材は『モールデンミルズ社』が1979年に開発

出典:@kimmy_sasa_miiさん ※写真はイメージです

アメリカ、ボストンにある紡績工場『モールデンミルズ社』によって、1979年にフリース素材は開発されました。
以前は、綿やウールなどの天然素材がアウトドア業界の主流でした。そこに登場したのが、雨や雪に濡れてもすぐ乾く耐水性・速乾性に優れた化学繊維のフリース素材。その優れた特徴が注目を集め、後に『patagonia(パタゴニア)』や『THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)』、『L.L.Bean (エルエルビーン)』など、多くのアウトドアブランドでも採用され、広まってゆきました。

・日本でフリースをライフウエアにしたユニクロ


“ライフウエア=生活を豊かにする服”をコンセプトに掲げ、幅広い世代から愛されるユニクロ。フリースはユニクロを代表するアイテムのひとつです。

出典:ユニクロの秋冬新作一挙紹介!発売情報はどうやって手に入れる!? @ _____a.maさん

肌触りなめらかなマイクロフリースや毛足の長いファーフリース、シープ調のボアフリース、柔らかでニット見えするニットフリースなどバリエーション豊富に展開。1994年のフリース販売開始より、着心地や仕様を追求し続け、注目を集めています。国内外、老若男女を問わず、たくさんの愛用者の生活を豊かにした、まさにライフウエアです。フリースをチェックする上で、やはりユニクロは外せません。

■温かいだけじゃない!フリース生地の優れた特徴とは?

出典:photoAC

フリースは、優れた特徴を多く持っています。

・軽いのに羊毛のように暖かく保温性がある!

出典:@ cozue_n さん

フリースは起毛加工されたポリエステル繊維が暖かい空気を含み、断熱材の働きをするため保温性が高いのがメリット。着膨れしがちな冬でも、軽やかなコーディネートを叶えてくれます。

・通気性が良く速乾性に優れている!

保温性がありながら、蒸れた空気は外に逃がしてくれるフリースの特徴は、スポーツウエアやアウトドアウエアとして、またアクティブに遊ぶ子どもの日常着にもぴったりです。汚れても自宅で簡単に洗え、すぐに乾いてくれるのもうれしいポイント。厚めの衣類が乾きにくい冬にフリースはとても重宝します。

■難しいことなし!フリース生地を自宅でお手入れしよう

自宅でのフリースのお手入れポイントをまとめてご紹介します。

・フリース生地をふっくら保つ洗濯方法とは?

出典:@ milk868 さん

フリースは自宅の洗濯機でお手入れ可能です。洗う力や水流、脱水の加減が弱く設定されている手洗いコース、ドライコース(各メーカで名称が異なります)で洗濯することをおすすめします。
生地特有のふんわり感を保つためには、おしゃれ着用など液体中性洗剤が最適。
柔軟剤は静電気を防いでくれ仕上がりもふんわりしますが、入れすぎは逆に生地がゴワつく原因に。
また脱水のし過ぎと乾燥機の使用は縮みや、生地の傷みの原因になります。干す前にはパタパタと数回振り、風通しのよい場所で陰干しがおすすめです。

・フリース製品、保管するときのポイントはあるの?

出典:@ @bibi_mama_さん

フリースは化学成分を吸着しやすい特性があります。防虫剤や芳香剤と保管すると、体質や皮膚の弱い人は、残留した化学物質で過敏症による皮膚炎や過敏症による皮膚炎やアトピー性皮膚炎を誘発する恐れもあり、要注意です。

・フリースにつく毛玉予防のポイント3つ!毛玉になったらどうする?

出典:筆者撮影

ニットと同じく編み物構造のフリースは、摩擦に弱く毛玉ができやすい素材です。
洗濯ネットに入れて洗うことで摩擦が抑えられます。
毛玉予防のポイントは3つ。
1.衣類のサイズに適したネットに入れること(大きすぎはNG!)
2.目の細かいネットを選ぶこと
3.チャックやボタンなどを留めて、服を裏返して畳んでネットに入れること

毛玉ができてしまったときは、毛玉ブラシやスリッカーブラシと呼ばれるペット用のブラシを使ってブラッシングする方法が、電気の毛玉取り器に比べリスクが少ないようです。力を入れず優しく一定方向にブラッシングすることがポイント。ブラッシングによりしなやかな肌触りと暖かさも甦るそうです。

■暖かくて軽い!魅力たっぷりのフリースコーデを楽しもう

出典:@mikiaobaさん

フリースはポイントを押さえれば自宅でも簡単にお手入れでき、ふわふわの肌触りを保つことが可能です。秋から春先頃まで長く着られるフリースコーデを楽しんでくださいね♡

nonono

夫と3人の子どもと共に暮らしています。寒さにめっぽう弱く、暑さにもめっぽう弱い体質。お好み焼き、ビール、抹茶、チョコレート、パン、本屋さん、通販が大好きです。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!