出典:@ 1_naoto_1さん

Fashion

コンバースのサイズ感を把握しておしゃれに履きたい♡選び方や特徴を解説

おしゃれなスニーカーの定番ブランドといえば、『CONVERSE(コンバース)』。コンバースといえば、レディース・メンズ・キッズにベビーと、永遠の定番として幅広く愛されているスニーカーブランドです。最近では、キレイめにもカジュアルにも万能にコーデできる使い勝手の良さで、おしゃれさんご用達となっています。また、しかし、サイズ感については案外深く考えずに購入しているということはありませんか?

今回はそんなコンバースのサイズ選びのあれこれについてご紹介。コンバースのサイズに関する豆知識を、早速チェックしていきましょう。

■コンバースとはどんなブランド?

出典:@ _uio___.ia_さん

アメリカ発のスニーカーブランド、コンバース。1908年にデパート経営者のマーキス・M・コンバースにより創業されました。
初期は、降雪量の多い地域でもはけるラバーシューズを主に製造していたコンバースが、バスケットボールシューズを製造し始めたのは1917年。そこから発展したスニーカーの数々は注目を集め、現在では日本のみならず、世界中で圧倒的な人気を誇っています。
特に人気が高いモデルとしては「ALL STAR(オールスター)」、「CHUCK TAYLOR(チャックテイラー)」、「JACK PURCELL(ジャックパーセル)」。ハイカットやローカットなど多様なモデルが販売され、現在ではベビー、キッズ、メンズ、レディースと幅広い層で愛用されているスニーカーモデルです。

■コンバースのスニーカーの魅力とは?

出典:@ ___honoringoさん

コンバースの最大の魅力は究極のスタンダードであるということ。あらゆるスタイリングにマッチする万能スニーカーであり、クラシックなデザインとはき心地の良さは他のスニーカーとは一線を画します。
シンプルなデザインながら存在感もあり、現代のファッションに欠かせないスニーカーと言っても過言ではありません。

■コンバースのスニーカーは生産国でデザインやサイズが違う?

出典:@ ___honoringoさん

実は日本のコンバースと、アメリカのコンバースは全くの別物。日本においては、伊藤忠商事による『コンバースジャパン』がコンバースの商品を扱っており、アメリカでは『NIKE(ナイキ)』の傘下であるコンバースがコンバース商品を取り扱っています。
商標権をそれぞれの会社が持っているため、それぞれ別会社の別の商品というわけです。わかりやすい例としては、日本でおしゃれさんに人気の「CT70」はアメリカのコンバース社製品なので、見た目は似ていても日本の大手量販店でお手頃に販売されているのは、日本人の足に合わせたサイズ感で作られた別もの。
日本人は一般的に足幅が広く、甲が高いとされているので、コンバースジャパンの商品は、それに合わせられているということですね。反対に、米国の人々は足幅が狭いと言われているため、それに合わせて作られたアメリカのコンバース製品では、同じサイズを購入しても窮屈に感じる場合があるでしょう。

■コンバースのオールスターのサイズ感について

出典:@ mi.chua.kさん

コンバースの永遠の定番、オールスターモデル。最も街中で目にするモデルであり、手軽に入手できるのもこちらでしょう。
オールスターは、ハイカットとローカットともに縦の長さは標準的ですが、幅が狭く作られています。他のスニーカーと比べてもピッタリめのサイズ感で作られているので、ジャストサイズを選ぶと幅が狭く窮屈に感じることが多いようです。
このことから、サイズは自分の足サイズの0.5~1cm上のサイズがおすすめです。コンバースは生地が比較的柔らかめな作りになっているので、サイズが大きい分にはひもをギュッと結べば多少はカバーできます。
ハイカットの場合、0.5cmから1cm大きめを選ぶことでスタイリッシュに決まり、かっこよくはきこなすことができるのだとか。脱ぎ着が難しいハイカットのスニーカーは、ゴム製の靴ひもに変えてはくことで、靴ひもをいちいち結ぶ手間が省けるのでおすすめです。

■コンバーススリッポンのサイズ感について

出典:@ emika_maido さん

気軽にはけるスリッポンも、コンバースの定番として人気です。コンバースのスリッポンは、日本人に合わせてつくられているため、はきやすくサイズ感もちょうどを購入するのがおすすめです。
ひもがついていないため、大きめを購入してしまうと調整できないので注意しましょう。

■コンバースのワンスターのサイズ感について

出典:@ youki_youkingさん

「ONE STAR(ワンスター)」は、1974年に誕生したレザーバスケットボールシューズモデル。「70年代の幻」とも呼ばれ、1984年に復刻した日本製モデルが基盤となり現在も流通しています。
ワンスターは、オールスターとサイズ感が異なっています。オールスターはキャンバス素材の特性上、足にフィットしてしまうところがあるのに対して、ワンスターはレザー素材のためやや厚みがあります。
作りとしては、甲からつま先までが非常に広く作られていることから、サイズ感は大きめとされています。ぴったりとしたサイズ感が好みの人は、いつもよりワンサイズ下げて試着してみてください。

■ナイキのスニーカーとのサイズ感比較

出典:筆者撮影

スニーカーブランドではメーカーによって参考にする足型が違うため、サイズ感は異なります。ハイテクスニーカーが人気のナイキも、サイズ感が小さいと感じる方が多いようです。
標準的なサイズから考えると、ナイキはコンバースより気持ち小さめのモデルが多め。ナイキのサイズを指標にしてコンバースのスニーカーを購入するときには、標準よりもハーフサイズからワンサイズ上をセレクトして試しばきしてみてください。

■バンズのスニーカーとのサイズ感比較

出典:@ mi.chua.kさん

『VANS(ヴァンズ)』にもコンバース同様、アメリカ規格と日本規格が存在します。ここでは日本規格のバンズスニーカーについて言及していきます。
VANSのスニーカー全般的に言えることですが、サイズ感はやや小さめです。特に人気のモデルである「OLD SKOOL(オールドスクール)」は、はき心地が硬めな印象なので、なおさら小さく感じやすいモデルでもあります。
日本規格ならジャストサイズより1cmアップするくらいがしっくりきやすいでしょう。ただし、靴ひものないスリッポンなどのモデルはジャストサイズではくほうが無難です。

■コンバースのサイズ感は自分の足の形に合わせて選ぼう

出典:@ 1_naoto_1さん

スニーカーのサイズ選びと一口に言っても、足の形は千差万別。日本人全員が幅広、甲高というわけではないため、各々で快適なサイズ感を判断しつつ、中敷きや靴ひもなどでの微調整が必要となります。
コンバースは基本的に大きめを選ぶことをおすすめしますが、やはり一番大切なのは実際に試しばきしてみるということです。メーカーによる傾向は踏まえつつ、実際に店舗で試着して購入してみましょう。

Sarry

1・3・5歳の3人兄妹のママ。趣味はネットサーフィンです。育児に家事に日々格闘中!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!