出典:photoAC

Lifestyle

紅茶は水出しがおすすめ!おいしく淹れるポイントや注意点は?

冷水で抽出する“水出し紅茶”は、のどごしがよくきりっとした味わいで春夏シーズンにぴったりです。そんな水出し紅茶は、正しい淹れ方にするとおいしさアップ!今回はおいしく淹れるためのポイントや注意点をご紹介します。おすすめの水出し紅茶紹介にも注目ですよ。

「水出しと熱湯で淹れた紅茶に違いはある?」「どんな茶葉が水出し紅茶に向いてるの?」といった、水出し紅茶に関する疑問にお答えしていきます。

■熱湯で抽出した紅茶とどう違う?水出し紅茶のメリット&デメリット

出典:photoAC

熱湯で淹れた紅茶との違い、水出し紅茶ならではのメリット&デメリットを見ていきましょう。

・メリットその1!渋みが少なく飲みやすい


紅茶の渋みの成分であるタンニンは、水出し紅茶のほうが少なくなっています。紅茶特有の渋みが苦手な人でも、水出しすると一気に飲みやすくなることも。普段飲み慣れている茶葉を、熱湯と水それぞれで淹れてみると違いを実感しやすいでしょう。

・メリットその2!カフェインの量が少ない


紅茶に含まれるカフェインは、淹れるときのお湯の温度で変わります。カフェインが抽出されやすいのは、高い温度のお湯で淹れたとき。水出しするとカフェインの量がぐっと減るので、就寝前や子どもでも飲みやすくなりますよ。

・デメリットその1!茶葉の旨味が出にくい


紅茶に含まれるタンニンには、紅茶の旨味が含まれています。タンニンの少ない水出し紅茶は、飲みやすい一方、茶葉本来の旨味を感じにくくなるところがデメリット。なるべく旨味を感じられる紅茶にしたいときには、水出しするときの抽出時間を長めに取ると旨味を引き出せるでしょう。

・デメリットその2!完成までに時間がかかる


水出し紅茶の完成までの所要時間は、8~10時間と言われています。3分前後で完成する熱湯で淹れる紅茶と比べると時間が多くかかるところはデメリットでしょう。すぐに飲みたいときは熱湯で、時間に余裕のあるときは水出しで、と使い分けるのもおすすめですよ。

■水出し紅茶のおいしさアップ!淹れ方のポイント

出典:photoAC

続いて、水出し紅茶をよりおいしく淹れる方法をご紹介します。

<準備するもの>
・茶葉またはティーバッグ(6~7g)
・水(500ml)
・フタつきボトルまたはポット

<作り方>
フタつきボトルまたはポットに、水と茶葉を入れます。水は常温でもOKですが、より透明感のある味わいに仕上げたいときには冷水を使うのがおすすめ!冷えた水を使うか、容器に氷を4~5個ほど入れるとおいしさがアップします。抽出時間の目安は約8時間。完成後は冷蔵庫保管で24時間以内に飲み切るようにしましょう。
より手軽に水出し紅茶を楽しみたい人にはティーバッグがおすすめですが、本格的な味わいを目指すなら茶葉を使ってみて。耐熱容器に茶葉がひたるくらいの熱湯をそそぎ、茶葉が開くまで数分待ちます。茶葉が開いたら水を足し、冷蔵庫で約8時間保管すれば完成!基本の淹れ方よりもぐっとおいしさがアップしますよ。

■水出し紅茶に水道水を使ってもいいの?

出典:photoAC

水道水には酸素(空気)が多く含まれているので、おいしい水出し紅茶を作りたいときにぴったり!もちろんミネラルウォーターでもOKですが、おいしさとコスパを考えると水道水がおすすめです。
ミネラルウォーターで水出し紅茶を作るときは、よく振って空気を含ませるなどひと手間プラスでおいしさアップを目指しましょう。

■水出し紅茶におすすめの茶葉の種類は?

出典:photoAC

水出し紅茶向けと言われるおすすめの茶葉は、ダージリンやフレーバーティー、アールグレイなど。ウーロン茶やハーブティーもおいしく淹れられます。冷やすことで味わいが深まるもの、ミルクと相性のいいものもあるので、好みに合わせて選んでくださいね!

■紅茶を水出しするときの注意点もチェック!

紅茶を水出しするときは専用の茶葉を使うのがマスト。一般的な紅茶は熱湯で淹れることを前提につくられているので、殺菌消毒されていません。熱湯を使えばほとんどの菌は死滅しますが、水出しだと菌が繁殖しやすくなり傷むまでの期間が短くなってしまうことに。
紅茶の茶葉が製造過程であまり熱を通さないことを考えても、水出しには専用の茶葉を使うことをおすすめします。
「お気に入りの茶葉を使いたいんだけど…」そんなときは、少ない量の熱湯で抽出したあとに水を加える方法も!安全においしい紅茶を飲むための工夫、ぜひ試してみてください。

■ルピシア&日東紅茶♡おすすめの水出し紅茶

おすすめの水出し紅茶がこちら!

・【ルピシア】飲みやすいルイボス!ジャルダンソバージュ

出典:筆者撮影

『LUPICIA(ルピシア)』の「ジャルダン ソバージュ」は、無発酵のルイボスティーとグリーンルイボスに、マンゴーとシトラスで香りをつけた紅茶です。素朴でクセがなく飲みやすいところが魅力♡
茶葉には、イエローのマリーゴールドやブルーのコーンフラワーが入っているので、見た目にも楽しめます。ノンカフェインで妊娠中のティータイムにもぴったり♡

<価格>
・50g 袋入り ¥ 658(税抜)
・50g 缶入り ¥891(税抜)
・ティーバッグ 10個パック入  ¥700(税抜)
・ティーバッグ 5個BOX入 ¥508(税抜)

・【ルピシア】フレーバードティーのりんご麦茶

出典:筆者撮影

ルピシアの「りんご麦茶」は、国産の六条大麦をみずみずしいりんごで香りづけしたフレーバードティー。麦の香ばしい香りとふんわりとしたりんごの甘味を感じられます。
やさしい味わいで子どもでも飲みやすいので、親子で愛用している人も!水出しなら、抽出時間は1~2時間でOK♡時短で完成するところも魅力です。

<価格>
・ティーバッグ 10個パック入 ¥ 325(税抜)

・【日東紅茶】クリアな味わいのアールグレイ


『日東紅茶』の「水出しアイスティー アールグレイ」は、500ml抽出用の三角ティーバッグタイプ。水出し用にブレンドした良質な茶葉に、ベルガモットの華やかな香りをプラスした紅茶です。クリアな味わいと香り高い味わいが魅力♡パッケージは、保存に便利なアルミスタンドパウチですよ。

<価格>
・48g(12袋) ¥320(税抜)

・【日東紅茶】夏におすすめのトロピカルフルーツ

出典:@green_gownさん

「水出しアイスティー トロピカルフルーツ」は、日東紅茶の商品の中でも夏に人気が高まります。マンゴー、オレンジ、パインの香りがはじける爽やかな味わいが魅力。わずかに紅茶の渋みも感じられる紅茶です。
水出し紅茶にカットした生のフルーツを加えると、見た目にも楽しめるフルーティーな紅茶に変身しますよ♡

<価格>
・48g(12袋)¥320(税抜)

■水出し紅茶を作るのにおすすめのボトル

水出し紅茶を作るときにおすすめのボトルは、ガラスやアクリル製の容器。透明感のある見た目が紅茶の美しい色合いを引き立たせます。

・使いやすくておしゃれ!KINTOのティーポット

出典:@musubi0916さん

『KINTO(キントー)』の「CAST ワンタッチティーポット 450ml」¥2,420(税込)は、透明感が美しい耐熱ガラスのティーポットです。熱湯で淹れるときはもちろん、水出しにもぴったり!使いやすさとデザイン性で人気を集めています。

・まるでワイン♡ハリオのフィルターインボトル


『HARIO(ハリオ)』の「フィルターインボトル」¥2,000(税抜)は、まるでワインのような美しい形状が魅力!水出し紅茶に使えばティータイムの華やかさがアップします♡水出し専用につくられているため、いつもの紅茶をよりおいしく感じられますよ。

・持ち運びに便利!3COINSのボトル

出典:筆者撮影

『3COINS(スリーコインズ)』のウォーターボトルは、¥300(税抜)というプチプラ価格で持ち運びに便利と人気♡小さめサイズでティーバッグの水出し紅茶を淹れるときにぴったりです。
時期によっていろんなデザインが登場しますが、水出し紅茶には色合いがしっかり見えるクリアボトルがおすすめ!

■水出し紅茶を毎日のティータイムに

出典:photoAC

「普段紅茶を飲むときは熱湯で淹れる」そんな人にこそ試してみて!水出しならではの味わいに、きっとやみつきになりますよ♡毎日のティータイムにぜひ登場させてください。

メロン

5歳女の子のママ。育児・仕事・家事のバランスを取るべく日々苦戦中!休日は子どもが楽しめるスポットへお出かけしています。子育て中のママたちに役立つ情報を発信していきます♡
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!