出典:@camp_kinocoさん

Lifestyle

機能もおしゃれも抜群なクーラーボックス7選☆キャンパーに人気の商品も

春から夏にかけて気温が高くなってくると、食材の持ち運びに気を使いませんか?そんなとき、もっていると便利なのがクーラーボックス。毎日のお買い物やお弁当だけでなく、アウトドアやBBQ、運動会など…出番は意外と多いですよ。今回は、クーラーボックスの特徴や選び方を紹介していきます。ハードタイプやソフトタイプ、おしゃれで機能的な人気のブランドなどチェックしてみましょう。

それぞれの特徴だけでなく、キャンパーさんたちにも人気のブランドも紹介します。

 

■クーラーボックスの種類やそれぞれの特徴は?

クーラーボックスの種類は、大きく分けて2種類。硬いボディのハードとやわらかい素材のソフトがあります。それぞれに特徴があるので、メリットやデメリットについてチェックしてみましょう。

 

・ハードタイプの特徴、メリットやデメリットは?

 

出典:photoAC

硬いボディに断熱材が入っているハードタイプのクーラーボックスは、保冷力バツグン。アウトドアや釣りなどに持っていくなら、ハードタイプがおすすめです。
〈メリット〉
保冷力バツグンのハードタイプのクーラーボックス。丈夫で容量が多いものが多く、保冷剤などを併用して使えばより効果を期待できます。大きなものには、キャスターや肩掛け用のベルトがついたものもありますよ。また衝撃にも強いので、持ち運び中に食べ物がつぶれてしまう心配も減ります。
最近では、太陽光を利用して電動で冷やしてくれるものもあるようです。
〈デメリット〉
容量も大きく、素材もしっかりとしているため、どうしても重さはあります。かさばるので、持ち運びもちょっと大変。車での移動ができないときは、キャスターがついているものだと安心です。

 

・ソフトタイプの特徴、メリットやデメリットは?

 

出典:pixabay

一方、ちょっとしたお買い物やピクニックなどには、ソフトタイプのクーラーボックスが便利。小さく折り畳みできるものが多いので、かさばらないのもポイントです。
〈メリット〉
ソフトタイプは、軽くてコンパクト、持ち運びしやすいデザインのものが多いのが特徴です。普段使いはもちろん、サブとして利用するのもおすすめ。値段も比較的安い、コスパの良いものが手に入りやすいのも魅力です。
〈デメリット〉
ハードタイプに比べると保冷力はどうしても落ちてしまうので、長時間の利用やたくさん冷やしたいときには、ちょっと物足りなさを感じてしまうかも。

 

■クーラーボックスを選ぶときのポイント☆

クーラーボックスも用途に合わせて選ぶことが大切です。選び方のポイントを紹介します。

 

・入れるものに合わせて選ぶ


「何のために使うのか」「何を入れるのか」がとても大切なポイントです。キャンプや釣りに出かけるなら、氷を入れることもあるかもしれません。氷を入れたり、長時間冷やしたいときには、ハードタイプを選ぶほうが安心です。
少ししか入れない、ちょっと冷やしたい…なんてときには、ソフトタイプで充分ではないでしょうか。

・毎日のお弁当などには、ソフトタイプが◎


毎日のお弁当のためにクーラーボックスを選ぶなら、ソフトタイプがおすすめ。軽くてかさばらないので持ち運びにも便利です。保冷剤などと併用すればより保冷効果を期待できますよ。
たくさんのお弁当を冷しておきたいときには、ハードタイプのものを選んでも良いかもしれませんね。

・飲み物を入れるならハードタイプがおすすめ

 

出典:photoAC

飲み物を入れるならソフトタイプでも良いですが、冷たい飲み物は、できれば冷たい状態で飲みたいもの。それなら、保冷剤や氷と併用して長時間冷たい状態をキープできるハードタイプの方が、時間がたっても冷たい状態で飲めるのでおすすめです。現地で氷と水を調達できるなら、より冷たい状態をキープすることができますよ。

 

■おすすめはコレ!おしゃれなハードタイプクーラーボックス

キャンプやBBQなどにもおすすめのおしゃれなクーラーボックスを紹介します。

 

・YETI

 

出典:@camp_kinocoさん

@camp_kinocoさんが愛用している『YETI(イエティ)』のクーラーボックス。YETIは、アウトドア愛好家の間では絶大な信頼を誇るブランド。優れた耐久性と機能性を備えた最強のクーラーボックスともいわれているようですよ。
ビジュアルもかっこ良くて、クーラーボックスには見えないたたずまいも人気の理由でしょうか。インテリアにもなじむ素敵なクーラーボックスですね。サイズも小型から大型まで、さまざまなサイズがそろっています。

 

・IGLOO

 

出典:@koko_ieさん

@koko_ieさんが、年に1度甲子園のために使用しているという『IGLOO(イグルー)』のクーラーボックス。IGLOOは、北米トップシェアのメーカーです。家庭用からハンティング用まで、幅広い層に向けた商品展開をしています。大型のタイプには、キャスターがついていると持ち運びも便利で安心ですね。

 

・Coleman

 

出典:@bg_7793_campさん

@bg_7793_campさん愛用のクーラーボックスは、アウトドアグッズを多く取り扱っている『Coleman(コールマン)』のもの。とてもかわいいクーラーボックス、もともとは真っ赤だったものをDIYして写真の色にリメイクされたそうですよ!ぜひ、真似してみたいアイデアですね。

 

・TENT FACTORY

 

出典:@hoshico_muさん

ミントグリーンが素敵な@hoshico_muさんのクーラーボックスは『TENT FACTORY(テントファクトリー)』の「メタルクーラースチールボックス」。レッドやグリーンなどカラーランナップが豊富なクーラーボックスです。
TENT FACTORYは、オリジナルのキャンプ用品をリーズナブルな価格で企画・販売しているブランド。商品は「Amazon(アマゾン)」や「楽天市場」などで購入することができますよ。

 

・STANLEY

 

出典:@i__s__a__.aさん

@i__s__a__.aさんが、キャンプで愛用している『STANLEY(スタンレー)』のクーラーボックス。STANLEYで長年にわたり愛され続けているステンレスボトルなどの頑丈な構造と機能を活かしたクーラーボックスです。
木製のスタンドは、お知り合いのインスタグラマーさんの図面をもとにDIYされたものなのだそう!スタンドなどに乗せることで、使いやすくおしゃれにもなって素敵ですね。

 

■ソフトタイプのおすすめクーラーボックス

軽量でコンパクト、おしゃれなソフトタイプのクーラーボックスを紹介します。

 

・RTIC

 

出典:@tsuyopon4385さん

@tsuyopon4385さん愛用のとてもかっこ良いソフトクーラーボックスは、『RTIC(アールティック)』のもの。アメリカのメーカーのもので、日本ではまだ正規代理店はないようですが、並行輸入品がAmazonや楽天市場などで購入できるようですよ。
RTICのソフトクーラーは、なんと最長5日間も氷を溶かさないのだそう!実際には中に入れるものなどを考えて、メーカーが推奨している日数の半分くらいと考えると良いそうなのですが、それでも2.3日はもつということになるので、すごいですね。

 

・L.L.Bean

 

出典:@ryosamuさん

@ryosamuさんは『L.L.Bean(エルエルビーン)』の「ソフトパック・クーラー」を自転車に取りつけて使用されています。素敵なアイデアですね。中には、YETIの保冷剤が入っているようですよ。これなら、夏の暑い時期のお買い物も安心ですね。
おしゃれで実用的、普段使いにもちょうど良いサイズ感。サイズもカラーランナップも豊富にそろっています。

 

■クーラーボックスは夏の必需品!

キャンプやピクニック、スポーツ観戦など…持っていると何かと便利なクーラーボックス。機能性もばっちりでインテリアにもなりそうな、おしゃれでかっこ良いデザインのものがたくさん販売されていますね。おしゃれなキャンパーさんたちのインスタグラムなども参考にして、お気に入りのクーラーボックスを見つけてみてくださいね。

chiko

夫と小学生の女の子との3人暮らし。衣食住に関することが好きで、飲食業・雑貨業界で働いてきました。道の駅と産直市場が大好きなアラフォーママです。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]