出典:5万以下のトレンドミニ財布5選♡おねだりプレゼントにもぴったり!?@_____halu__nさん

Fashion

財布は小銭入れと2個持ちする!人気ブランド紹介・汚れ防止策まで

財布を使っているといつの間にか小銭でパンパンになっていませんか?今回は財布と小銭入れを分けるメリットやデメリットを紹介します。意外と財布と小銭を分ける方が便利だという人も多いので、今のお財布がパンパンな人は一度試してみてはいかがでしょうか?

人気ブランドや使いやすいデザインも紹介するのでぜひ参考にしてみてくださいね。

■財布と小銭入れを分けるメリット・デメリット

出典:photoAC

財布と小銭入れを別々に持つことでどんなメリットやデメリットがあるのかを紹介します。

<メリット>
〇お金の管理がしやすくなる
メインの財布と小銭を分けることで、小銭の使用頻度がアップし、お札を崩す機会が減るんだとか。小銭入れとセットになっている財布を使用しているときに細かい小銭が見つからず、お札だけでお会計をした経験はありませんか?お札を崩さないように注意することでお金を使わないように意識できるそうです。

〇メインのお財布がかさばらず、長持ちする
財布は使用頻度の高いアイテムだからこそ、デザインを重視して購入している人も多いと思います。小銭を入れているとあまり金額が入っていないのに小銭でお財布がパンパン!なんてことも。特に革製のお財布の場合型崩れしやすいので、お財布の形をキープするためにも、財布が膨らむような大量の小銭はコインケースで別持ちするのがベターです。

〇小銭入れだけ持って外出できる
メインの財布ってカードやお札が入って意外とかさばるのが難点。でも、小銭入れを分けていたらフラッと近所まで外出するときに、手軽に持ち運べるので便利ですよ。


<デメリット>
〇急いでいるときは面倒くさい
急いでいるときのお会計では焦りも混じって、面倒くさく感じることがあるそうです。少額なら小銭入れだけで賄えますが、1,000円以上の買い物をしたときはお札と小銭を出さないといけないので少し手間と感じてしまうかもしれませんね。

〇セットで持ち歩くのを忘れる
お札用と小銭入れをセットで持ち歩くのを忘れる人も多いようです。いざ使おうとしたときにお札用しかない!なんてことも。お札用が手元にあればいいですが、逆だと大変なことになりますね。

 

■財布と二個持ちする場合の小銭入れを選ぶポイント

出典:photoAC

財布と小銭入れを二個持ちする人は、使い勝手を重視するのがポイント。
必要最低限の小銭が入るサイズで大きく開くものをチョイスしましょう。口が大きく開くデザインは小銭が出しやすくて普段使いに向いています。保険としてカードやお札を入れておきたい人はファスナータイプで落下を防止するのがいいかも。

 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]