出典:photoAC

Lifestyle

サブスク音楽配信サービス人気5社を徹底比較!最適なサービスで楽しもう♡

いま人気のサブスク音楽配信サービスって知っていますか?このサービスでは、定額料金を払えばさまざまなアーティストの音楽を好きなだけ聞くことができます。楽曲数が多く、話題の新曲や海外の人気アーティストの楽曲が聞き放題なのも魅力。登録もスマホで簡単にでき、気軽に始めることができます!今回の記事ではサブスク音楽配信についてご紹介。音楽好きさんもそうでない方も、ぜひチェックしてみてくださいね。

「サブスク音楽配信サービスって結局どの会社が良いの?」と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?そんな疑問に答えるべく、人気のサービス会社を徹底比較していきます。それではさっそく見ていきましょう!

■サブスク音楽配信サービスのQ&A

出典:photoAC

まずはサブスク音楽配信サービスについてのQ&Aをチェックしていきます。

・音楽は無料で聞けないの?

サブスク音楽配信サービスの「サブスク」とは「サブスクリクション(定額制)」の略で、基本的には無料のサービスではありません。けれど各社無料体験期間があり、一定期間無料で楽しむことができます。また、一部のサービスを無料で利用できるものもありますよ。

・ダウンロードはできる?

楽曲をスマホにダウロードすることは可能です。けれど注意してほしいのは、ダウンロードした曲を聞けるのは会員になっている間だけ。退会後は消えてしまうので、気をつけてくださいね。

・オフラインで聞くことはできるの?

スマホにダウンロードしてしまえば、オフラインでも聞くことが可能!通信環境を気にせず好きな音楽を聞けるなんてうれしいですね。

■サブスク音楽配信サービスの選び方をチェック!

出典:photoAC

選ぶ基準は人それぞれ。ミュージック配信の評価もさまざまなので、自分に合ったサービスを見つけましょう!

・まずは月額料金を確認

基本的に1000円前後のものが多いですが、各社金額はさまざま。なるべくサービスが自分に合っていて、安いものを見つけたいですね。

・楽曲数はどう違う?

少ないもので200万曲以上、多いもので6800万曲以上と各会社によって異なります。楽曲数の数も選ぶときのひとつの目安になりそうですね。

・洋楽に強い、邦楽に強いなど特徴あり!

人気アーティストの洋楽が多かったり、邦楽の話題の新曲が多かったりと各社特徴はさまざま。自分が好きなテイストやアーティストの楽曲の配信がされているか入会前にチェックしておきましょう!

・音質は?

最大256kbpsのサービスや、最大320kbpsのものも。ただし音質は通信環境やデバイスによって変わってくるので一概には言えないもの。音質には特にこだわりたい!という方は注意して選びたいところですね。

■サブスクミュージック人気5選はこれ!

出典:photoAC

それではここからは人気5社を徹底比較してきます!

*プライムミュージック
『Amazon(アマゾン)』のプライム会員になれば無料で音楽が聞き放題!

*アップルミュージック
『Apple(アップル)』の音楽配信サービス。iPhone端末との相性が抜群なんだそう。

*ラインミュージック
『LINE(ライン)』の音楽配信サービスで、LINEのさまざまなサービスと連携可能。

*Spotify
スウェーデンの企業によって運営されている『Spotify(スポティファイ)』。無料のサービスが充実しているのだとか。

*YouTubeミュージック
動画配信サービス『YouTube(ユーチューブ)』の音楽特化版!聞きたい音楽がすぐ見つけられるのが魅力です。

■プライムミュージックについて詳しくチェック!

出典:unsplash  ※写真はイメージです

アマゾンプライム会員になれば利用できるサービス。音楽配信以外にうれしい特典も。

・月額

500円(税込)でプライム会員に登録できます。プライム会員になれば音楽だけでなく、話題も映画や人気のアニメ作品も見放題なのもうれしいポイント。またアマゾンでネットショッピングをする際も、プライム会員になれば一部送料無料になるなどの特典も受けられます。

・楽曲数

200万曲以上。ヒーリングソング、ジャズやカフェソングなど種類も豊富です。

・強み

プライム会員の特典が受けられること。音楽だけでなく、映画も見放題なのが最大のメリットです。

・音質

音質にこだわりたい!という方はアマゾンミュージックのパワーアップ版、『Amazon Music Unlimited    (アマゾンミュージックアンリミテッド)』がおすすめ。こちらの音質は最大256kbpsです。

・映画などの動画も楽しみたい方におすすめ!

そんなに音楽の楽曲数や音質は求めないけど、映画などの動画も楽しみたい!という方におすすめ◎。料金も他と比べて安いので、気軽に始めたい方にもぴったりですよ。

■アップルミュージックについて詳しくチェック!

出典:unsplash  ※写真はイメージです

iPhoneなどのタブレットと相性が良いアップルミュージック。一体どのようなものなのでしょうか。

・月額

一般利用980円(税込)。お得なファミリープランも展開。1,480円(税込)で、家族とお得に利用できます。学生にはうれしい学生プラン480円(税込)も。

・楽曲数

6000万曲以上。

・強み

アップルならではの洋楽の豊富さが特徴です。iTuneで購入した楽曲とまとめて管理できるなど、iPhoneユーザーには魅力的な一面も。

・音質

最大256kbps

・iPhoneユーザーにおすすめ!

iPhoneやアップルのデバイスとの相性が良いので、iPhoneユーザーには利用しやすいサービスといえるでしょう。iTunesでまとめて管理したい方にもおすすめです。

■ラインミュージックについて詳しくチェック!

出典:photoAC  ※写真はイメージです

通信手段として普及しているLINE。音楽配信サービスの魅力も満載です。

・月額

月額プラン980円(税込)、年間プラン9,600円(税込)です。お得なファミリープランは6人まで利用可能の1,480円(税込)。学生プランもあり月額480円(税込)で利用できます。

・楽曲数

6200万曲以上。

・強み

LINEと提携することができ、着うたの設定やLINEへのシェアができるのが魅力。他にもmyBGMの設定ができたり、LINEポイントが貯められるメリットもあります。

・音質

最大320kbps

・LINEの機能を最大限に生かしたい方におすすめ!

LINEの機能を最大限に生かせます。普段LINEを利用していて、着うた設定がしたい!という方にはうれしいサービスではないでしょうか。

■Spotifyについて詳しくチェック!

出典:unsplash  ※写真はイメージです

スウェーデンの会社が運営していることもあって、世界中で利用されているサービスです。

・月額

一般は980円(税込)で利用可能。同居しているカップルであれば、1,280円(税込)で2つのアカウントを利用できるサービスも。ファミリープランなら6つのアカウントを1,480円(税込)で利用可能。学生なら480円(税込)で利用できます。

・楽曲数

5000万曲以上。

・強み

有料プランはもちろんのこと、無料プランも充実。高品質な音楽ストリーミングを時間制限なく、無料で聞き放題なのはSpotifyの強み。

・音質

最大320kbps

・サブスク音楽配信サービスを試してみたい方におすすめ!

無料でフルミュージックが聞き放題のSpotifyは、サブスク音楽配信サービスを試してみたい方におすすめ。いきなり有料はちょっと・・・という方にも◎。

■YouTubeミュージックについて詳しくチェック!

出典:unsplash  ※写真はイメージです

普段から利用している方も多いYouTube。これを機会にYouTubeミュージックもチェックしてみては?

・月額

無料プランと有料プランがあります。
有料プランは下記のように、YouTubeミュージックはAndroidとiPhoneで価格設定が異なります。
一般プラン Android 980円(税込)iPhone 1,280円(税込)
ファミリープラン Android 1,480円(税込)iPhone 1,950円(税込)
学割プラン 両タブレットともに480円(税込)

・楽曲数

現在非公開となっていますが、邦楽・洋楽ともに豊富な楽曲が用意されています。

・音質

最大256kbps

・広告が嫌…という方におすすめ!

普段YouTubeを使っているけど広告が嫌、検索しにくいのが嫌と思っている方にぜひ試してもらいたいサービス。ストレスなく膨大な数の楽曲と、ミュージックビデオが気軽に楽しめます。

■各社チェックして、自分にぴったりのサービスをみつけよう!

出典:photoAC

今回は人気5社について解説しましたが、他にもサブスク音楽配信サービスをしている会社はあります。『楽天ミュージック』や『HMVミュージック』の評判や、各社ランキングも気になりますね。さまざまなサブスク音楽配信サービスを比較して、自分にぴったりのサービスを見つけてくださいね。

mellliy

2人の姉妹のママ。SNSでファッションやコスメについて調べるのが趣味。
独身時代の趣味だった海外旅行に家族みんなで行くのが夢です♡
【Instagram】m.kt__mam
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]