出典:@house_okinawaさん

News

【防災の日】について知ろう!歴史や由来、イベント情報や防災セットまで

「防災の日」をご存知ですか?防災の日とは、政府が制定した1960年から続く歴史ある記念日で、毎年9月1日に設定されています。 防災の日が制定された背景には、災害に対するいろいろな思いが詰まっています。コロナ渦の今こそご家庭の防災対策を見直す機会を作り、もしものときに備えましょう!

今回は、防災の日の由来やイベント情報、知っておきたい防災対策についてご紹介します。

■防災の日とは?

防災の日について基本的な情報を見ていきましょう。

・防災の日ってどんなことをするの?

出典:photoAC

防災の日は、台風や地震、豪雨、豪雪などの災害に対する意識を高め、災害についての準備や心構えを行う日として制定されました。
防災の日の前後である8月、9月は統計上台風が最も多い季節。この面からも、防災について考えるのにはいい時期だといえますね。

・防災の日っていつ?

出典:photoAC

防災の日は、毎年9月1日に設定されています。なぜ9月1日なのでしょうか?それは、1923年のこの日に発生した関東大震災に由来しています。関東大震災は、10万人以上の死者及び行方不明者を出した大地震でした。
また、制定される1年前に発生した伊勢湾台風は、防災の日ができるきっかけになったといわれています。さらに1982年以降、防災の日の前後にあたる8月30日~9月5日は「防災週間」として制定されました。

・祝日に指定されている?

出典:photoAC

防災の日は祝日に指定されていないので、あまり知られていないかもしれません。
しかし、災害はいつ起こるか分からないもの。いざというときに適切に行動できるよう準備をしておくことはとても大切です。1年に1度、防災について見直す日として、ぜひ覚えておきたいですね。

■防災の日周辺に開催されるイベントをご紹介

防災の日周辺の期間は、毎年地域でさまざまなイベントが実施されています。どんなものがあるか、見ていきましょう。

・さまざまな訓練の実施

出典:photoAC

学生時代、避難訓練や消火訓練があったのを覚えていますか?避難訓練や消火訓練はこの防災の日辺りに行われる学校も多いそうですよ。

・災害に対する功労者の表彰

内閣総理大臣表彰や知事表彰、自治体表彰などがある防災功労者表彰は、毎年、防災の日の趣旨に基づき、防災時に活躍したり防災活動の普及に貢献したりした人や団体へ贈られています。
防災功労者表彰には、国民が参加できる表彰式もあります。表彰式にあわせて、講演会や企画展などが開催されることもありますので、防災について知るいい機会になりそうですね。

・地域や施設主催の防災イベント

出典:photoAC

防災週間には毎年たくさんの場所でさまざまなイベントが開催されていますが、今年は新型コロナ感染予防対策として開催中止を決定または検討しているイベントが多いようです。
2020年度も開催予定のイベントを以下にふたつご紹介しますが、興味のあるイベントについては自治体または施設のHPを確認してからお出かけくださいね。

【しんじゅく防災フェスタ】
救助体験、水消火器体験、防火衣試着体験など、数多くの体験ができる毎年大盛況のイベントです。フードコーナーもあるので、一日中遊んで学べますよ☆
また、こちらの会場には英語、中国語、韓国語の通訳さんがいらっしゃるので、外国の方にもおすすめです!
2019年まで毎年行われていたこのイベント、今年は9月13日に開催を検討中のようですが、残念ながらまだ確定していないようです。(※6月末時点)
決定次第HPで情報公開されるようですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【夏休み防災未来学校】
神戸にある『人と防災未来センター』で毎年行われている夏休みイベントです。防災に役立つさまざまなワークショップや工作教室に参加したり、展示にふれたりすることができます。
今年は人と防災未来センターでの参加型イベントはもちろん、オンラインで参加できるイベントも増えるそうですよ。お家にいながらイベントに参加できるのはうれしいですよね。県外の方でも参加できるようですので、ぜひチェックしてみてください!
※人と防災未来センターは、新型コロナウイルスの感染予防のため3月から臨時休館していましたが、6月2日より開館再開されています。

■お家イベントを計画しよう!

今年は「防災について考えたいけど、イベントに出かけるのは・・・」とお考えの方も多いのではないでしょうか。お家時間が多い今こそ、お家で防災イベントを計画してみませんか?ここからはお家でできるイベントアイデアを3つご紹介します。

・防災について話し合おう!

出典:photoAC

地域の防災マップやハザードマップをご覧になったことはありますか?これらを見ると、自分が住んでいる地域の特徴を知ることができますよ。
家族で防災マップやハザードマップを見ながら、避難場所の確認やばらばらになってしまったときの集合場所、連絡手段などを話し合いましょう。イラストなどでかわいく仕上げたご家庭オリジナルのマップを作ってみるのもおすすめです。
また、自宅の周りにある災害時に役立つお店や危険な場所について話し合うのも効果的。話し合ったあと、実際に避難場所やお店まで家族みんなでお散歩に出かけるのもいいですね。

・防災食を食べてみよう!

出典:photoAC

非常食として、缶詰や乾パンなどをストックされているご家庭は多いと思います。ストックしていることで安心してしまい、気がつくと賞味期限が切れてしまっていた・・・なんてこともありますよね。そんな賞味期限切れ対策としてもおすすめなのがご家庭でする「防災食試食イベント」です。
1年に1回イベントのように防災食を食べる日を設けておくと賞味期限切れの心配もありませんし、缶詰でもパーティー気分で楽しめますよね。また、次の防災食を買うのも楽しみになりそうです☆

・防災グッズを作ろう!

出典:筆者撮影

ご家庭で工作イベントはいかがですか?新聞紙や広告があれば、避難所などで使えるコップやお皿を作ることができますよ。写真のように新聞紙や広告をお皿やコップの形に折り、上からビニールをかぶせれば、簡易皿のできあがりです!
災害時、大きなペットボトルはあるけどコップがない…という事態は起こりえそう。そんなとき身近にある紙で代用する方法を知っていれば、いざというときに役立ちそうですね。

■災害に備えよう!家に置いておきたい防災グッズ4選

防災グッズは、災害時にすぐに持ち出せるよう専用のかばんに入れて準備しておきたいものです。
ここからは、防災かばんに常備しておきたいアイテムとおすすめ商品を4つご紹介します。

・非常時でもおいしく食べられる!アルファ米

出典:筆者撮影

災害時にガスや水道が使えなくてもすぐに食べられる乾パンや缶詰などの食料は、防災かばんに必ず入れておきたいアイテムです。非常食は、最低3日分は用意しておきたいといわれています。
『尾西食品株式会社』の「ごはんシリーズ」は5年保存が可能なお米。味も15種類と豊富です。炊きたてのご飯を急速乾燥させたアルファ米なので、お湯はもちろんお水を注いでもおいしく食べることができますよ。
こちらはセット販売「和風12袋入り」4,644円(税込)もおすすめです。

・長期保存できて安心!ペットボトル水

出典:@house_okinawaさん

人間が生きていく上で欠かせない水も、常備しておきたいアイテムのひとつですよね。
通常、販売されているペットボトルの水の賞味期限は2リットルのもので大体2~3年程度。一方、徹底した除菌やろ過をすることで長期保存を可能にしたペットボトルの水なら、頻繁に買い替える必要がなくなり保存用の水として重宝しますよ。
『IZAMESHI(イザメシ)』の「7年保存水 2リットル」324円(税込)は、地下300メートルからくみあげられた天然水。長期保存できるだけでなく、ミネラルがたっぷり含まれているのもうれしい点です。

・色んな使い道ができる!優秀ランタン

出典:@_cocoti_さん

暗い中でも安全に避難できるように用意しておきたいのが懐中電灯やランタン。『Coleman(コールマン)』の「クアッドマルチパネルランタン」11,000円(税込)は、四面についているLEDライトが取りはずし可能な優れもの。
災害時に家族がひとつずつ持ったり四隅に置いて照らしたりと、いろんな使い方ができますね。さらに、携帯の充電機能が備わっているのも、おすすめしたいポイントです。

・これで大も安心!便利な携帯トイレ

出典:筆者撮影

災害時に困ることのひとつとして挙げられるトイレ。携帯トイレには、小だけでなく大にも対応できるものがありますよ。
携帯大便トイレ『株式会社ケンユー』の「ベンリーポット」660円(税込)は、使用後に凝固剤を振りかけるタイプの携帯トイレで、大の使用も可能です。目隠し用のポンチョ「ベンリーポンチョ」660円(税込)も売られていますので、あわせてそろえておくとより安心ですね。

■災害に対する十分な準備と心構えを

出典:photoAC

いつやってくるのか予測ができない災害。いざというときにも慌てず落ち着いて行動できるよう、日頃から準備と心構えをしておきたいですね。毎年9月1日「防災の日」は、1年に1度防災について考える日とし、もしものときにしっかりと備えましょう!

mi-i

パン作り、パンを食べること、パン屋巡りが大好きです♡
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

TODAY’S BOARD

Ranking
[ 人気記事 ]

HOT WORD