出典:@ macha_mtoさん

Fashion

ノースフェイスのブーツを履けば【わかってる人】感♡人気商品を紹介

厳しい寒さが訪れる冬には、足元をしっかりと温めてくれる機能的なブーツが一足は欲しいですよね。しかも、ファッションにも合わせやすいおしゃれなデザインだったら言うことなし!そんなワガママを叶えてくれる無敵防寒ブーツの代表が、『THE NORTH FACE(ザ ノースフェイス)』の「ヌプシブーティー」シリーズなんです。今回は、雪の日も雨の日も心強いヌプシブーティーの魅力をご紹介していきます!

2018年ごろからじわじわと人気を高めているノースフェイスのヌプシブーティー。抜群の保温力とスタイリッシュなデザインでメンズ、レディース問わず支持されています。まずはブランドの基本情報やヌプシブーティーの機能についてチェックしていきましょう。

■ノースフェイスってどんなブランド?ブーツが人気の理由

出典:@ youuuuu.sさん

ザ・ノース・フェイスは1968年にアメリカで誕生したアウトドア用品のブランド。中でも登山用品を主として展開しており、リュックやテント、寝袋などの必須アイテムのプロダクトをはじめ、ジャケットやフットウェアなどのアウトドアウェアも数多く販売。
なんといっても機能性の高さとスタイリッシュなデザイン性を両立させたブランドコンセプトが人気で、野山だけでなく都市部でのファッションウェアとしても多くの人々に支持されています。
保温性や撥水力、頑丈な素材などの機能性と、発色の良さや洗練されたビジュアルが一度に手に入るということで、アウトドアフリークの間でもファッショニスタの間でも定番ブランドとして愛され続けています。
そんなノースフェイスはブーツのラインナップが特に優秀と人気。実用性とファッション性を兼ね備え、冬場の寒い時期におしゃれさに足元を温めるのに最適です。

■ノースフェイスのブーツといえばヌプシブーティー

ここではヌプシブーティーの魅力や特徴を解説!

・ヌプシブーティーの特徴

出典:@ f.u_____saさん

ノースフェイスのウィンターブーツとして定番&大人気なのが、ヌプシブーティー。ヒマラヤ山脈の山、「Nuptse(ヌプツェ)」が名前の由来となっており、その名の通り厳しい環境にも耐えられるような優れた機能性を誇ります。
ヌプシブーティーにはナイロンをはじめスエードやウール素材などさまざまなモデルが存在しますが、いずれも保温性と軽さが抜群。ソールにも工夫が凝らされ、凍結した地面や濡れた足元でも滑らないグリップ力を発揮します。
中綿には特殊な高機能素材を使用し、足元をぽかぽかに保つ仕様です。「はくこたつ」とまで呼ばれるほどで、特に雪国に住む人々には人気となっているそう。

・サイズ感は?

出典:@ marukooo29さん

ヌプシブーティーのサイズ感は口コミによるとややきつめ。いつも24cmをはいている、という人はワンサイズ上げて25cmをセレクトするのがベターです。特に厚手のソックスを合わせて防寒を徹底したい!ということなら、必ず大きめを購入することをおすすめします。
足首がフィットするような設計になっているので、多少ゆとりがあっても脱げてしまうということはないでしょう。

・防水機能はある?

ヌプシブーティーにはさまざまなモデルがありますが、「WP」と記載されているものはウォータープルーフの性能を備えています。WPタイプは防水性が高いため、冬のアウトドアに最適。中に水を通さないので、雪道や雨でもある程度はびしょびしょにならずに歩けるでしょう。
それ以外のタイプでは、防水と呼べるほどの性能はなく撥水加工されている、というレベル。タウンユースや晴れた日のアウトドアでのちょっとした水滴は問題ありませんが、あくまでも生活範囲内での撥水力になります。
気になる人はシーズンごとに防水スプレーをかけてお手入れをすることで、撥水力がアップしますよ。

・キッズはあるの?

出典:@ hieriraさん

ヌプシブーティーはユニセックス、レディース、キッズの3種類のサイズ展開となっています。キッズと大人共通のデザインもあるため、親子でおそろいコーデが楽しめるのも魅力ですよね。
アクティブな雪遊びにもぴったりの暖かウィンターブーツで、子どもの繊細な足を冷えから守ってあげましょう。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE