出典:mamagirlLABO @yumige0316さん

Beauty

ネイビーブルーヘアのおすすめスタイル9選☆透明感ある髪色で遊びたい!

ネイビーブルーのヘアカラーと聞いて、ブルー系の髪色は難しそうと思う方もいるでしょう。しかし光の入り方で透明感を出すネイビーブルーは、黒髪をつややかに見せてくれるので日本人でも意外としっくりくるんです! また、染めた後の色落ちがバリエーション豊富なのも、ネイビーブルーヘアの魅力。ここでは、そんなネイビーブルーのヘアカラーについて、スタイル別にご紹介していきます。市販のカラー剤のおすすめもありますよ。

魅力をご紹介する前に、まずはネイビーブルーとはどんな色なのかご紹介します。

■ネイビーブルーの髪色ってどんな感じなの?

出典:photoAC

英語で「navy blue(ネイビーブルー)」というと、JISの色彩規格によれば「暗い紫みの青」と表現されます。ネイビーブルーのヘアカラーは、青系の髪色にしたいときに使えますが、日本人の髪に多い赤みをおさえたいときのお役立ちカラーとしても使われるのです。
ブリーチをしていない黒髪の場合、ネイビーブルーを入れても青くはならず、あまり変わらないように見えます。しかし光があたると青みを感じられ、つややかな透明感を演出してくれる効果がありますよ!ただの黒髪に飽きて、色を変えたいけど明るすぎるのは…というときにぴったりのカラーですね☆

出典:mamagirlLABO @yumige0316さん

きれいな青の発色がほしいときは、基本的にブリーチが必要です。色落ち後の変化も楽しめるので、個性的かつおしゃれにしたい!というときに、ぜひトライしてみてくださいね。
ネイビーブルーとはいえ、染める前の髪の色やカラー剤の配合によって、黒味が増したりアッシュ風になったり仕上がりはさまざま。はじめてのときは、お店で相談しながら希望の色にしてもらうのがベストですよ!

■ネイビーブルーのヘアカラーは色落ち過程が楽しすぎてお得な気分?!

出典:筆者作成

一般的に、ブリーチありのネイビーブルーのカラーリングでは、画像のような色落ちの変化がやってきます。グレーは人気のあるアッシュ系、次にグレーとベージュの間の色グレージュ、そして明るいベージュ系まで。おしゃれカラーの連続です☆もちろん、染める前の髪の色やブリーチ履歴によって少しずつ違いはありますが、1回のカラーリングで髪色がこんなに変化してくれると何か得した気分になりますね!
はやければ1週間くらいでグレーになる場合もあるので、色落ちをゆっくり楽しみたい方はカラーを長持ちさせる効果のある「紫シャンプー」を使うとgoodですよ。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]