出典:@regalo_vintagewatchさん

Fashion

アンティーク時計の魅力とは?おすすめブランドやメンテナンス、修理も解説

高級時計の品格をそのままに、時とともに刻み続けるレトロな雰囲気を楽しめるアンティークの時計。精巧に作られた高級時計だからこそ変わらない品質を味わいながらも、唯一無二の存在感が楽しめるため、大人の男性や女性を中心に今人気を集めています。今回は、手元のおしゃれに一役買うアンティークの時計について調査!選び方からおすすめのブランド、アンティークならではのメンテナンス法についてまとめました。

アンティーク時計に興味はあるけど、どこを見て選べばいいのかわからないという人も多いよう。まずは、アンティーク時計の選び方について見ていきましょう。

■アンティーク時計の選び方

出典:@ regalo_yomestagramさん

アンティークの腕時計は、1970年以前に作られたものを指すようです。高級なブランドのものほど精巧に作られているため、アンティークとしての魅力も増しますね。
とはいえ、機械式のアンティーク腕時計は、時とともに劣化などが見られる場合もあります。
その劣化を味わいと取れるものこそが、アンティーク時計の価値となるのですが、新品ほどに性能がいいわけではないので、メンテナンスをしながら時計を大切に扱うという心構えがいります。
そのため、時計が壊れてもまた修理をして使いたいと思えるようなデザイン性やブランド力をしっかりと見極め選ぶことが大切です。

■メンズもレディースも要チェック!おすすめのアンティーク時計ブランド

ここからは、アンティーク時計が人気のブランドを紹介していきます。

・幅広い層に人気!オメガ

出典:@regalo_vintagewatchさん

1800年代に生まれた『OMEGA(オメガ)』。そんな歴史あるオメガの時計は、年代ごとに注目を浴びた人気モデルがあります。今現在新品では手にできないオメガの歴代の名品たちに出会えるのもアンティークの時計の魅力。
また、レザー素材のバンド部分も、年数が経つにつれ味わい深くなるのだとか。シンプルなデザインのものも多く、トレンドを気にせずつけられるのもオメガの時計ならではです。
男性からは、耐久性の高いオメガのミリタリーウォッチが高い人気を集めています。

・国産のアンティークウォッチならここ!セイコー

出典:@regalo_vintagewatchさん

国産のアンティーク時計をお探しの方には、『SEIKO(セイコー)』のアイテムがおすすめです。1800年代後半に東京でスタートし、1924年に名前を掲げたセイコー。そのアンティーク時計は、世界から人気を集めている名品ばかりです。

出典:@regalo_vintagewatchさん

セイコーの時計の中には、高級ラインである「Grand Seiko(グランドセイコー)」、そして今現在は製造していない「King Seiko(キングセイコー)」があり、どちらもセイコーの機械式時計の全盛期の製品としていまだなお高い人気を集めています。

・知る人ぞ知るスイスの名門ロレックス

出典:@ regalo_vintagewatchさん

誰もが耳にしたことがある時計ブランドといえば、『ROLEX(ロレックス)』。変わらぬエレガントさと高級感を併せもったロレックスのアンティーク時計は、世代を超えて愛されている名ブランドです。
また、ロレックスの時計は、中古市場でも非常に人気があるため、資産価値があり買取り額が高いことでも知られています。そんなロレックスのアンティーク時計は、男性を中心に特に人気。
アンティークでしか目にすることのできないモデルもあるようですよ。

・女性の憧れブランドもアンティークで♡カルティエ

出典:@ regalo_vintagewatchさん

女性に人気のアンティーク時計といえば、『Cartier(カルティエ)』。もともとが宝飾ブランドであるカルティエのアンティーク時計は、どれもファッション性が高くエレガントなデザインが多くそろっています。
バンドや文字盤の色味もバリエーション豊富のため、自分好みのものが必ず見つかるとの声も。

出典:@ regalo_yomestagramさん

宝飾ブランドならではのきらびやかなデザインがあるのも、カルティエならでは。もちろん、男性にも人気のブランドのため、夫婦でペアでつけて楽しむのもとても素敵です。

■アンティーク時計のメンテナンス方法

出典:@ regalo_yomestagramさん

機械式のアンティーク時計は、取り扱う店舗はもちろん、修理ができるお店も限られています。しかし、定期的なメンテナンスをおこない適宜ケアを行うことで、その時計を長持ちさせることが可能です。
特に、解体して掃除をする「オーバーホール」というメンテナンス作業は、時計の機械部分に入り込んだゴミやほこりを取り除くことができ、これだけでも不具合を防ぐことができるようです。
アンティーク時計は、故障した場合部品ひとつひとつが希少なため、修理代が高額になることも少なくありません。しかし、オーバーホールを定期的に行っておけば、そういったトラブルも回避できるといわれています。
機械式の場合購入後3~5年に1回は、アンティーク時計のオーバーホールをお店にお願いし、メンテナンスをすることをおすすめします。

■アンティーク時計の修理方法

出典:@regalo_vintagewatchさん

前述した通り、アンティーク時計の部品は、すでに部品の生産を中止している場合も多く、簡単に直せないものも少なくないようです。錆の発生などにより部品を交換しないといけない場合には、値段はもちろん、修理期間が長くなることも。
できるだけ修理をしなくてもいいよう、水や汗がついたらふき取るなど大切に使用することが重要です。信頼できるお店を選ぶのも大切なポイントですよ!

■時と共にその価値が生まれるアンティーク時計をぜひ

アンティークの時計は、メンテナンスが必要だからこそ、愛着もわきより一層思い入れが生まれます。アンティーク時計専門店は東京や大阪などをはじめ、全国にあるよう。現在販売されていないモデルのものも多いため、人とはかぶらないおしゃれな時計が欲しいという方にもおすすめですよ。
 

Sarry

1・3・5歳の3人兄妹のママ。趣味はネットサーフィンです。育児に家事に日々格闘中!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!