Beauty

夫婦間シェアもアリ!?ジェンダーレススキンケア&コスメまとめ

男性や女性といった垣根を越えて、ジェンダーレスなファッションやコスメがトレンドのひとつになっています。今回は、ジェンダーレスなアイテムの中でも、コスメに焦点を当てて、今注目のブランドやおすすめ商品などを紹介します!世界中で人気が広まるジェンダーレスコスメ。さっそく気になるブランドをチェックしてみましょう。

■メンズメイクにもぴったりの<FIVEISM × THREE>

“Individuality(個性)”をコンセプトにした『FIVEISM × THREE(ファイブイズム バイ スリー)』は、メンズメイクをはじめ、性差や年齢を超えた新たなスタイルを提案するブランドです。
中でも注目のアイテムは、「コンシール バー」5,200円(税抜)。クマやシミ、男性なら青ひげなどの気になる肌の悩みをカバーしてくれます。カラー展開は全7色。清潔感と精悍さがアップするおすすめアイテムです。 

■全人種・年齢・性別へ向けて作られている<M・A・C>

『M・A・C(マック)』は、「すべての人種、すべての性別、すべての年齢のために」をコンセプトとするカナダ発の化粧品ブランド。
グローバルアンバサダーに就任したLAY ZHANGがおすすめする「スタジオ フィックス フルイッド SPF 15」4,840円(税込)は、1日中カバー力が続く、ナチュラルマットな仕上がりのファンデーションです。女性のみならず、男性の肌もきれいに魅せてくれます。 

■クリーンでオーガニックでサステナブルな<Z&MA>

フランス発のオーガニックコスメブランド『Z&MA(ゼットエマ)』。クリーンでサステナブルなブランドとしても話題です。ゼットエマでは、ユニセックスで使用できるスキンケアアイテムやコスメをラインナップ。
「ゼットエマ エモリエント デイクリーム」2,700円(税抜)は、乾燥などの外部刺激から肌を守り、油分と水分のバランスを保ってくれます。テカリをおさえ、なめらかな肌にしてくれるフェイスクリームです。ラベンダー&ティートゥリーの香りでリラックス効果も期待できますよ。

■性別問わず試しやすいシンプルなデザイン&カラー展開<LAKA>

韓国発のジェンダーニュートラルコスメブランド『LAKA(ラカ)』。2018年に誕生したラカは、性別を問わないカラーと、誰でも試しやすいシンプルさが魅力です。日本では、『PLAZA(プラザ)』や『LOFT(ロフト)』、『@cosme(アットコスメ)』などを中心に展開しています。 日本初上陸のリキッドファンデ「シンスティーラー UVファンデーション」3,200 円(税抜)は、軽いつけ心地とセミマットな仕上がりが特徴。オンライン限定で購入することができます。 

■素材の力を最大限活かして作られた<SHIRO>

自然の素材を生かして作られたコスメやスキンケア商品で人気の『SHIRO(シロ)』。シロは、女性だけでなく男性にも人気のブランドです。「タマヌクレンジングバーム」6,500円(税抜)は、洗顔代わりに使う男性も多いそう!夫婦で使えるおすすめ商品です♡
「がごめ昆布美容液」5,500円(税抜)は、皮脂量が多い男性の毛穴開きも解決してくれるアイテム。肌をしっかり保湿できると男女問わず人気の商品です!

■どんなコスメを選ぶのも自分次第♡ジェンダーレスコスメのすすめ

ジェンダーレスコスメの注目ブランドや、おすすめ商品などを紹介しました。男性からも「清潔感をアップさせてくれる!」「新たな自分を発見できる!」と需要を高めているとか。もっと需要が高まっていくと思われるジェンダーレスコスメをぜひ、試してみましょう♡ 

shipi

元気いっぱい1歳男の子の新米ママです。前職は航空会社で、飛行機と旅行が大好きです。今後はコスパ重視の子連れ旅を計画予定。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!