出典:@56ma24ak さん

Lifestyle

メガネが曇る…曇り止めマストなおすすめ8選紹介♡代用可能なものも

メガネをかけている方の悩みのひとつが、メガネが曇ってしまうことではないでしょうか?寒い時期、食事中、電車やバスの中など、さまざまなシーンで困った経験があるのでは?特にマスクをしているともっと曇ってしまいますよね。そこで今回は、さまざまな方法で曇りを防止する方法や、専用のおすすめグッズを紹介します。簡単に快適な視界を保ちたい!という方、必見ですよ。

 

「仕事中にメガネが曇って進まない」「運転中に曇って困る」「スポーツ中のレンズの曇りが気になる」などの悩みが簡単に解消されるかも!ぜひチェックしてみてくださいね!

■いったいメガネはどうやって曇り止めすれば良いの?

専用のアイテムを使用した曇り止め方法や、専用の曇り止めがない!というときに家にあるもので代用できる方法を紹介します。

・専用のクロスでレンズを定期的に拭く

メガネを拭くクロスはで、汚れを取り除くアイテムだけではなく、曇り止めとしても効果のあるクロスがあるのは知っていますか?通常のメガネ拭きの要領で使用するだけで曇り止めが可能♡手間もあまりいらないので気軽に使いたい方にはおすすめですよ。
さらに、曇り止めクロスとして効果がなくなってもそのままメガネ拭きとして使用できるクロスもあるようです!

・専用の曇り止め商品を使う

ジェルやスプレー、シートなどさまざまなメガネ専用の曇り止めグッズが販売されています。ジェルやスプレーは、レンズにつけてやわらかい布などでやさしく拭くだけでOKのものが多数あります。一般的には専用の曇り止めは効果の持続性は限られているので、効果が切れたと思ったら再度、塗布することが必要です。

 

・メガネを曇り止めレンズに変える方法も◎!

出典:photoAC※写真はイメージです

メガネを作る際に、曇り止めレンズを使用する方法も!曇り止めレンズとは、レンズ自体に特殊なコーティングを施すことでレンズの曇りを抑えるのが特徴。
例えば『眼鏡市場』では、こまめなケアが面倒!という方におすすめの曇りにくいレンズ「F-CLEAR」が販売されています。「水分をはじくのではなくなじませる」という従来とは逆の発想から生まれました。撥水性のコーティングは水滴になりやすいですが、F-CLEARで採用している親水性コーティングは曇り止めスプレーなどと同様の仕組みを取り入れ、水滴ができにくく快適な視界に!
眼鏡市場では使用しているメガネのレンズのみの交換もできますよ。気になる方は、店舗で相談してみてくださいね!

・家にあるものを代用できる!どんなアイテム?

メガネの曇り止め専用のアイテムをわざわざ購入しなくても、実は家にあるもので曇り止め効果を発揮するものがあるのです。ただしUVカット・防曇などのコーティングしてあるレンズは、剥がれてしまうことがあるので注意してくださいね。


【中性洗剤(食器用洗剤)】
1.洗面器やボールに水を入れておく
2.1の中に中性洗剤を2~3滴入れて溶かす
3.メガネを通すように入れる
4.メガネを取り出し、レンズを傷つけないように注意してティッシュかタオルでおさえて水気を吸い取る
※中性洗剤を直接レンズにつけて拭き取るとレンズが傷ついてしまうことがあるので、必ず水に溶かしてから使用してくださいね。

【歯磨き粉】
1.レンズに傷がつかないようにするため、レンズを少し濡らしておく
2.指に歯磨き粉を乗せて薄くレンズに伸ばす
3.レンズの全体に塗ったらメガネ拭きやガーゼなどの布で軽く拭き取る
※研磨剤が含まれている歯磨き粉を使用するときは擦り過ぎに注意が必要!

【石鹸(固形でも液体でもOK)】
1.石鹸を指につける(固形石鹸を使用するときにはレンズに傷がつくことを防ぐために乾いた状態の石鹸を使用してください。)
2.力を入れ過ぎないように気をつけながら指でレンズをなでるように擦る
3.ティッシュ、タオルなどで軽くおさえるようにとる
※レンズを傷めたくないのであれば、固形石鹸の方がおすすめ!

【ハンドクリーム】
ハンドクリームも、メガネの曇り止めとして代用できるんですよ!薄くレンズに塗ってから、ティッシュなどで拭き取ります。ハンドクリームに含まれている成分のひとつである界面活性剤が被膜を作り、曇りを防いでくれるのです。フレームにハンドクリームが残っていると錆びてしまうことがあるので、ついた場合は拭き取っておきましょう。

■【ジェルタイプ】おすすめの曇り止め

ここからは市販のおすすめの曇り止めの紹介です。
まずはジェルタイプのアイテムを見ていきましょう。

・ムラを抑えてクリアな仕上がりのメガネのくもり止め濃密ジェル

出典:@56ma24ak さん

『SOFT99(ソフト99)』の「メガネのくもり止め濃密ジェル」は、レンズの両面にジェルをつけてティッシュぺーパーややわらかい布などで塗りこみ、きれいな面で拭き上げるだけ!少量のジェルで効果を発揮してくれます♡

 

・持ち運びにも便利な超コンパクトサイズのアンチフォグ

出典:@oyabin.0466さん

『SiMON(サイモン)』の「アンチフォグ」は、強力なメガネの曇り止めとして口コミが高いアイテムです。ジェルを、レンズに塗り指先で伸ばしてからティッシュややわらかい布でしっかりと拭き取るだけ。長時間、曇り止めの効果を発揮します。コンパクトなので携帯にも便利ですよ!

■【スプレータイプ】おすすめの曇り止め

スプレータイプでは、どんなアイテムがおすすめなのでしょうか?

・液だれしにくいハイルック プチスリム くもり止め

出典:@sayaka_kajishima さん

『TOKAI(東海)』の「ハイルック プチスリム くもり止め」はムースタイプ。液だれしにくく手軽に使用できるのがうれしいポイント♡レンズに適量つけて全体に塗り広げ、液が乾いてからティッシュなどで軽く拭き上げると曇り止めを長時間持続し快適な視野が叶います!

・携帯にも便利なメガネのくもり止め ハンディスプレー

ソフト99の「メガネのくもり止め ハンディスプレー」は、メガネにやさしい中性タイプのスプレー。メガネの曇りを、強力に防いでくれます。レンズにスプレーしてティッシュなどで液を伸ばして約20秒~30秒程乾かし、別のティッシュなどで軽く拭くだけ!ハンディタイプなので携帯にもおすすめですよ。

■【クロスタイプ・シートタイプ】おすすめの曇り止め

手軽に購入できるアイテムも!さっそく見ていきましょう。

・サッと拭くだけでOK!メガネクリーナふきふき くもり止め

出典:@akira_naga____ さん

『小林製薬』の「メガネクリーナふきふき くもり止め」は、拭くだけでレンズの曇りを簡単に防ぎます。携帯に便利な個別包装なので、レンズの指紋や油汚れなどもサッと拭き取ることができると人気の高いアイテム。コンビニでも取り扱いがある店舗があるようです。

 

・拭くだけ簡単!メガネのくもり止めクロス

出典:@ mimiki0720さん

ソフト99の「メガネのくもり止めクロス」は、繰り返し使えるドライタイプのメガネの曇り止めクロスです。レンズに息を吹きかけて約10秒間レンズをやさしく拭くだけで、クリアな視界が手に入り、汚れや曇りを解消します。クロスは繰り返し使用ができますが、洗うことはできないので、汚れが目立ってきたり、曇り止めの効果が落ちてきたら新しいクロスを使用してくださいね。

 

・あの実演販売士が紹介!幸せなくもらないメガネふき

出典:@aromatouch_shinka さん

「幸せなくもらないメガネふき」は、コパ・コーポレーション実演販売士のレジェンド松下さんがテレビで紹介したクロス。一回で曇り止めの効果が、24時間持続!被膜で汚れもつきにくいため、ホコリや花粉対策にも。クロスは300回以上使用が可能で、最大12カ月以上使用ができますよ。

 

・速攻でメガネの曇りを防ぐフォグストップクロス

出典:@ai_love_beer さん

サイモンの「フォグストップクロス」は、拭くだけで速攻でメガネの曇りを強力に防ぐクロスです。レンズに息を吹きかけ、両面を5~10回程度拭くだけ!フォグストップクロスはマイクロファイバーを使用しているので、曇り止め成分がなくなった後でも通常のメガネ拭きとして使用もできます。

■メガネの曇りを抑えてストレスのない快適な視界を手に入れよう!

出典:photoAC

今まで諦めていたメガネの曇り…。快適に生活するためにはしっかりとメガネの曇り止め対策をしておきたいですよね!効果的な専用のグッズやさまざまな方法を、ぜひ試してみてくださいね。
 

MACHA

1歳の女の子の子育て奮闘中!ネイル検定1級・ジェルネイル検定上級・衛生管理士取得し、執筆にも生かしつつセルフでネイルを楽しんでいます!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!