画像提供:gettyimages

News

元AKB48・板野友美さんが結婚!ブランドの立ち上げも発表に反響

元AKB48・板野友美さんの結婚発表に芸能界から「おめでとうとも」、「お似合いだわ」など祝福コメントが続々! 

元AKB48で神7に選ばれたこともあるタレントの板野友美さんが、結婚を発表しました! お相手は、プロ野球ヤクルトスワローズの高橋奎二投手。幸せオーラあふれる板野さんをチェックしていきます!

爽やかなツーショットで結婚発表!

 

 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

板野友美(@tomo.i_0703)がシェアした投稿


入籍を発表したのは1月5日で、SNSでツーショットと薬指に指輪をつけている手の写真をアップ。共通の知人を通して出会い、1年半の真剣交際を経ての結婚となったそうです。

板野さんは、「彼の少年のような無邪気で素直な人柄やいつも飾らず、直球で伝えてくれるところ、どんな時も真剣に向き合ってくれる姿に自然とこの先も彼のそばにいたいと感じるようになりました。そしてお互い、何にも変えられない心の支えとなっておりました」と高橋さんの魅力についてコメント。

つづけて「夫婦になるということは世界で1番の味方ができることだと思います。これからは1番近くで支え合い、成長し合い温かい家庭を築いていきたいと思います」と気持ちを綴りました。

奥さまとなった板野さんに、前田敦子さんから「おめでとうとも♡♡本当におめでとう♡」、大島優子さんから「ともちんおめでとう。お似合いだわ♡」、小嶋陽菜さんから「ともおめでとう。かわいい〜♡」などAKB48の仲間からのお祝いのメッセージが続々と! また、トレンディエンジェル斎藤司さんからの「ともちんぬ!おめでとう!!!」というコメントも発見!

さらに、「アスリートの嫁さんは大変だと聞くが、夫婦で心を燃やして幸せな家庭を築いてね。末永くお幸せに!!」、「結婚おめでとう! ペアルックかわいい〜♡」、「ともちんおめでとう。これからもずっと応援してるからね」など、38万人が「いいね!」をしています。

松井珠理奈さんが愛たっぷりなコメントを

SKE48の松井珠理奈さんも、このおめでたいニュースに大喜び! ツイッターに板野さんと自身のとてもかわいらしいツーショットをアップし、「パフォーマンス中はカッコ良くお話しすると女の子らしいそのギャップが大好きです。ともちんさん高橋さん笑顔溢れる素敵な家庭を築いていってください」と愛たっぷりなメッセージを送っています。

高橋選手もインスタを更新

 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

高橋奎二(@keijitakahashi514)がシェアした投稿


ご主人の高橋さんもインスタを更新。「1年半真剣にお付き合いしていく中で、彼女のどんな時も前向きな姿や、仕事に向き合う姿を尊敬し、また、持ち前の明るさ、笑顔に惹かれると同時に何度も救われました。そして、僕の身体の事や、食事の事をいつも気遣ってくれる彼女が、僕の人生においてとても必要な存在と確信しました」と、板野さんの魅力を告白しました。

新婚の板野さんがファンの質問に答える!

板野さんは、自身のYouTubeチャンネルで視聴者の質問に回答。

彼氏彼女から夫婦になったことへの気持ちや行動の変化、理想の子どもの人数などを話しています。また「旦那さんがとか、主人がとか…まだ慣れない」、「指輪なんかいじっちゃう」という新婚ならではの恥ずかしそうな様子も!

板野さんの新たな挑戦

 

 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

板野友美(@tomo.i_0703)がシェアした投稿


先日、ソロデビューから10周年を迎えた板野さん。ちょうどその日に、ディレクションを務めるブランド【Rosy luce】 (ロージールーチェ)の立ち上げを報告!

「『Rosy luce』はアパレル専門のブランドではなく、【Fashion×花×Life style】ファッション、私のライフスタイル、そして大好きなお花をお届けするブランドにしていきたい」、「年齢を重ねると共に変化する肌質やシルエットを、肩肘張らずに、自然体で見せていきたい。デコルテ、素足、ウエスト、今の自分が一番好き。そう思える素肌感から生まれる透明感を、より美しくみせるシルエットにこだわりました」などとブランドに込める想いを発表しました。

家でご主人をしっかりサポートしながら、自身の活躍の場も広げていく板野さん。目が離せません!

ぶにお

一児の母。子どもの影響で、子ども向けアニメや新幹線、重機などの乗り物に夢中。
フライドポテトを子どもと奪い合いながら、テレビを見るのが至福の時。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]