Baby&Kids

理想の男の子像に縛られないで!みんな違ってみんないい

vol.1713【1日1成長お母さん】走り回るよりもじっと観察するのが好きな男の子だっている

無意識に抱いていた“男の子”のイメージとかけ離れた子だって立派な男の子

男の子といえばわんぱくで元気いっぱい走り回っている子をイメージする人が多いのではないでしょうか。外遊びが大好きで虫取りやボール遊びと動き回っている子をよく見かけます。では大人しく控えめなタイプの子は男の子らしくないのでしょうか。いいえ、そんなことはありません。“男の子はこうあるべき”という勝手に作りあげた理想が存在し、それと大人しい子どもの行動を比較してしまっているのです。子どもは持って生まれた性格によって行動が大きく変わるものです。
 

 
 

わんぱくな子だけがたくましい子ではない。大人しく芯が強い子だっている

3歳のIくんは控えめな男の子です。半年くらい前から習いはじめた体操教室ではいつもお母さんにベッタリ。走るときもお母さんの手を握っていないと動きません。公園に遊びに行っても走り回ったりせず、砂場でじっと座って遊ぶことが多いそう。元気いっぱいの子がたくさんいる場所は苦手で、自ら離れて行くこともあります。そういう姿を見ているお母さんは想像していた男の子のイメージとIくんが大きく違い、このままでたくましく育ってくれるのかと心配しています。

子どもの行動をじっくり観察してみよう。その子の魅力が見えてくるはず

子どもは生まれながらにある程度の性格を持っており、それを気質といいます。気質によって子どもの行動は大きく変わります。公園に行くと走り回る子、同世代のお友だちを見つけて一緒に遊ぶ子、一人で黙々と遊ぶ子、周りの様子をうかがっている子と行動は様々。活発に動く子は好奇心旺盛で体験して学んでいく子。じっと座って遊ぶ子は思慮深く集中力がある子です。どっちがいいとか悪いとかではなく、タイプが違えばその子の才能や魅力も違うのです。

理想を捨てその子らしさを受け入れると個性を伸ばすことができる

子育てを頑張っているからこそ周りの子と我が子を比べてしまうことはよくあります。我が子にない一面を持っている子は羨ましく思えてしまうものです。しかし生まれ持った気質は大きく変わることはありません。控えめな子を活発な子に育てようと頑張ると、お母さんも子どももストレスを感じてしまいます。みんなそれぞれに違った魅力を必ず持ちあわせています。まずは子どもをじっくり観察し、その子の得意な一面を伸ばしてあげましょう。

今日の1日1成長

“男の子らしさ”は勝手なイメージ。“その子らしさ”を見つけてあげよう
子どもの特質力も1成長、お母さんの受け入れる力も1成長。
吉田あき(文)わたなべみゆき(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]