出典:photoAC ※写真はイメージです

Lifestyle

コラーゲンの多い食品は?効果的に吸収する方法やおすすめレシピを伝授

コラーゲンといえば、美肌にとって大切な成分!というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。コラーゲンは肌にハリや弾力を与え、健康的な状態を保つはたらきをしています。そして実は皮ふだけでなく、骨や血液などにも多くのコラーゲンが存在し、体内のさまざまなところで大切な役割を果たしているそうです。そこで今回は、コラーゲンを多く含む食品に注目してみました! 

コラーゲンを多く含む食品を使ったレシピや、効率よくコラーゲンを吸収する方法などもご紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

Recommend

「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?

■コラーゲンの効果は?皮ふだけでなく、体のあらゆる場所ではたらく成分

出典:photoAC

コラーゲンはタンパク質のひとつ。そもそもタンパク質とはどんな成分なのかというと…三大栄養素のひとつであり、ヒトの体を構成する重要な成分です。そして、ヒトの体をつくるタンパク質のうち、約30%をコラーゲンが占めるといわれています。

特にコラーゲンを多く含むのが皮ふ。皮ふ全体の約70%をコラーゲンが占めるといわれています。真皮(表皮の内側にあって、皮ふ組織の大部分を占めている部分)のコラーゲン分子は、鎖のように連なり、肌にハリと弾力を与え、みずみずしく健康的な状態を保つ役割があるそうです。
またコラーゲンは皮ふ以外にも、腱や骨、軟骨など体全体のあらゆる部分にも存在しています。例えば、骨の柔軟性を保ち、骨が折れやすくなることを防ぐなど、体や臓器の枠組みを保つための重要な成分なのです。
そのため、加齢などによってコラーゲンの産生力が低下すると、肌のハリ不足や関節痛などを引き起すことも知られています。

■コラーゲンを多く含む食品<動物性食品>

出典:photoAC

健康な体を維持するために重要な成分であるコラーゲン。そんなコラーゲンを多く含む動物性食品を5つピックアップしました。

・牛すじ(4,980mg)
・鶏軟骨-胸(4,000mg)
・豚白モツ(3,080mg)
・鶏砂肝(2,320mg)
・鶏手羽元(1,990mg)

※各食品に含まれるコラーゲン量については、栄養学雑誌 Vol.70 No02 120-180(2012)を参照。
※カッコ内の数値は食品100g中のコラーゲン量

出典:photoAC

コリコリした食感だったり、長時間加熱するとトロトロ・ぷるぷるとした食感になるものが多いことがわかりますね!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE