FacebookInstagramYouTube
【人気料理家ぐっち夫婦が考案】減塩味噌󠄀でいつものメニューがひと味違う♪食欲が進むレシピ3選

取材協力/ひかり味噌

Lifestyle

【人気料理家ぐっち夫婦が考案】減塩味噌󠄀でいつものメニューがひと味違う♪食欲が進むレシピ3選

毎日作るごはん、献立に悩むこともしばしば。パスタやから揚げ、煮物など、同じメニューの繰り返しになってしまっていませんか?「レパートリーがなかなか増えない」「子どもも飽きてきてしまった」なんてこと、ありますよね。そんなとき、使う調味料をちょっと工夫するだけでもいつもとひと味違う仕上がりに。
老舗味噌󠄀メーカー・ひかり味噌󠄀から9月に発売された50%減塩味噌󠄀「塩分ハーフ」がいつもの料理をワンランク上げるのにぴったり♡今回は料理家でYouTubeなどでも活躍するぐっち夫婦に教えてもらった3つのレシピをご紹介します。

塩分50%カットだから調味料としても安心して使える♪

今回のレシピで使うのが、ひかり味噌󠄀から発売された50%減塩味噌󠄀「塩分ハーフ」。一般的な減塩味噌󠄀は塩分2025%カットのものが多いですが、「塩分ハーフ」はなんと50%カット(同社比)。かなり塩分が抑えられているので子どもに食べさせるのにも安心なんです。
1次発酵で米の糖化を進め、2次発酵で味噌の旨味と香りを出す新製法の「ハーフ&ハーフ製法」で作られていて、塩味は穏やか。麹の甘味が引き立ち、みりんや砂糖がなくてもやさしい甘味を感じられてこれだけで味が整う調味料として使えるそう。味噌󠄀は味噌󠄀汁に使うことがほとんどで、料理の味付けは砂糖・醤油・みりんばっかり。味のレパートリーが少なく、いつも同じ味に…なんてお悩みを解決してくれます。味噌󠄀は調味料として使うには塩分が気になるという人も、塩分50%カットなのでどんどん使えそうです♪

料理家ぐっち夫婦に聞いた簡単レシピをご紹介!

夫婦で料理家で、SNS 総フォロワー数100万人以上を誇るぐっち夫婦が今回教えてくれた3つのレシピは、特別な工程はなく、調味料として『塩分ハーフ』を使うだけ!お手軽に料理にコクや旨味をプラスできちゃいます♡

定番のから揚げもコク深&ジューシーに!『味噌󠄀から揚げ』

まず、ぐっち夫婦が教えてくれたのがから揚げ。子どもも大好きなおかずの定番。だからこそ、味付けにレパートリーがあったらうれしいですよね♡お肉を「塩分ハーフ」で漬けることで、ジューシーでコク深い味わいのから揚げに仕上がるそうです。

◆材料 (4人分)
鶏もも肉2枚(500g
しょうが ひとかけ(目安:皮無しで10g
塩・こしょう 各少々
片栗粉・薄力粉 各大さじ3ー4
揚げ油 適量
A】味噌『塩分ハーフ』 大さじ4
みりん・酒 各大さじ1

 ◆作り方
① 袋に【A】、すりおろしたしょうがを入れて混ぜ、塩、こしょうで下味をつけた鶏肉を入れてよく揉み込み、一晩漬ける。
② バットに薄力粉と片栗粉を入れて混ぜる。ペーパーで挟んで水気をしっかりとった鶏肉を入れ、粉を丁寧にまぶしてはたく。
③ 鍋に揚げ油を170℃で熱し、②を入れて4〜5分揚げる。(※焦げやすいので注意)

 

味噌󠄀でコク旨絶品パスタ♡『味噌󠄀ボロネーゼ』

◆材料(2人分)
パスタ(タリアテッレ)120g60g/人)
合い挽き肉 200g(牛:豚=7:3
玉ねぎ・にんじん・セロリ(茎の部分) 各 50g
ローリエ1枚 / オリーブオイル 大さじ2
塩 小さじ 1/4 / こしょう・ナツメグ 各少々
赤ワイン 大さじ4
トマトの水煮缶(ホール) 200g
味噌󠄀『塩分ハーフ』 大さじ3
パルミジャーノレッジャーノ・生パセリ 各適量

◆作り方
① オイル(大さじ1)を熱し、みじん切りにした玉ねぎ、にんじん、セロリを炒める。色づくまで10〜15分ほど炒めて一度取り出す。
② オイル(大さじ1)を熱し、塩、こしょう、ナツメグで下味をつけた挽き肉を広げ入れ、塊を残すように焼き付け、焼き色がつき、火がとおったら軽くほぐして一度取り出す。
③ フライパンに赤ワインを加えひと煮立ちさせ、トマトの水煮を入れて潰す。ローリエ、の野菜、の挽き肉を加え、弱火で10分ほど煮る。
の火を一度止め、『塩分ハーフ』を溶く。『塩分ハーフ』が溶けたら再度火をつけ、表記通りに茹でたタリアテッレを入れてさっと混ぜ、皿に盛り、パルミジャーノレッジャーノ、刻んだパセリをかける。

 自分で作るボロネーゼってなんだか味気ない…と感じることも多かったのですが、味噌󠄀をいれるだけで、ワンランク上のパスタに変身。工程が1つ増える程度なので手間をかけずに絶品パスタが作れちゃうのはうれしいですね♪

 

スイーツにも活躍!しっとり食感『味噌󠄀と黒豆のパウンドケーキ』

味噌󠄀を使ったスイーツのレシピも紹介してもらいました。塩分が穏やかだからこそ、スイーツとも相性が良くしっとりと仕上がるそうです。紅茶でも良さそうですが、味噌󠄀を使っているから緑茶やほうじ茶と合わせて“和テイスト”でホッとひと息つくのも良いかも♪

 ◆材料(6818×8×6のパウンド型1台分)人分)
薄力粉 100g
黒豆の甘露煮 80g
卵(Mサイズ) 2
バター(無塩) 100g
味噌󠄀『塩分ハーフ』 60g
きび砂糖 80g
ベーキングパウダー 小さじ1

◆作り方
①ボウルに、常温に戻したバターを入れ、なめらかになるまでハンドミキサーで混ぜる。きび砂糖を加え、白っぽくふんわりするまで混ぜ、『塩分ハーフ』を加えて混ぜ合わせる。溶いた卵液を少しずつ加え、その都度よく混ぜて乳化させる。
②黒豆は水気を切り、材料の薄力粉から大さじ1杯取り、まぶす。
③残りの薄力粉、ベーキングパウダーを混ぜ合わせてふるいに入れ、①に少しずつ加え、切るように混ぜる。粉気がなくなったら②の黒豆を加えて切り混ぜる。
④敷き紙を敷いた型に入れて表面をならし、10cmくらいの高さから落として空気を抜く。170℃に予熱したオーブンの下段で40分ほど焼く。焦げそうになったらホイルを被せる。焼き始めて7−8分たったところで水に濡らしたナイフで中心に切り込みを入れる。
⑤焼き上がったら型から外し、敷き紙をつけたままケーキクーラーの上で冷ます。

まろやかさが最高!どの料理もまたすぐ食べたくなる減塩味噌󠄀

どのレシピも特別な工程はなく、使う調味料を50%減塩味噌󠄀「塩分ハーフ」に変えるだけなのも手軽でうれしい!塩分も気にせず、いつもとはひと味違う一品に仕上がるので、ぜひお試しを。

 50%減塩味噌󠄀「塩分ハーフ」:https://www.hikarimiso.co.jp/enbunhalf/

あわせて読みたい

【ナスの煮浸しレシピ】レンジで簡単!めんつゆ&ごま油で揚げ浸し風の作り方

Lifestyle

2023.09.21

【ナスの煮浸しレシピ】レンジで簡単!めんつゆ&ごま油で揚げ浸し風の作り方

SHAREFacebook
POST
LINELINE

Check it out!

  • 今日の星占い
  • 「これかけちゃったらハマるよ!」【成城石井】万能すぎる胡麻だれが話題に!
  • 【焼肉の献立レシピ】合うおかずやサイドメニューは?主食・副菜・スープまで
  • 毎日更新!脳トレクイズに挑戦しよう
  • 【背筋の鍛え方】女性でも簡単!おすすめの背中の筋トレ方法を紹介!

Ranking
[ 人気記事 ]

今週のBaby & Kids

  • ほっちゃん(5歳)

  • shikiくん(4歳)