FacebookInstagramYouTube
【コストコのおすすめしない食べ物】9選!いまいちな失敗商品は?

Lifestyle

【コストコのおすすめしない食べ物】9選!いまいちな失敗商品は?

大容量でコスパの良い日用品や惣菜がそろう『COSTOCO(コストコ)』。一度に手に入る量が多いので、コストコで買い物する際は失敗を避けたいと思うでしょう。そこで今回は、買わない方がいいもの9個を厳選。返品ランキングに入る、コストコのおすすめしない食べ物をご紹介します。あわせてコストコの返品制度についても解説します。「これはいまいちだった」「失敗商品を買ってしまった」とならないように、ぜひ記事を最後までチェックしてくださいね。
※コストコオンライン価格はすべて送料込みです。参考価格は時期や店舗によって異なります。

コストコのおすすめしない食べ物【マッシュポテト】

出典:COSTOCO(コストコ)

買ってはいけない商品の一つ目は、「マッシュポテト」です。牛乳と混ぜるだけで手軽にマッシュポテトが楽しめる人気食品。買ってはいけないランキングにランクインする理由は「パサパサする」「ミルクの臭みが苦手」などが挙げられます。濃いミルクが苦手な方には、まずいと感じるのかもしれませんね。

商品名:アイダホアン オリジナル マッシュポテト 130 g×14袋
参考価格:1,998円(税込)
内容量:130g×14袋入り

コストコのおすすめしない食べ物【アボカドスライス】

出典:photoAC※画像はイメージです

「カットしてあるので便利」「コスパ最高」と買って良かったものの食品の一つとして人気の「アボカドスライス」。1時間ほどで解凍できる便利食品ですが、アボカドの色をキープするためにクエン酸が使用されており、その酸味がおいしくないと感じる人もいるようです。また、ジッパーつきではないので、開封した後の保管に困る声も多く見られます。

商品名:アボカドスライス
参考価格:998円(税込)
内容量:1kg

コストコのおすすめしない食べ物【ベビーキャロット】

「ベビーキャロット」は、米国農務省が認定しているオーガニックの食品です。食卓の彩りとして便利なカット野菜ですが、「味が苦手」「くせや香りが強い」などがおすすめしない理由として挙げられます。また他の料理への使い道も少なく、余らせて困ってしまうケースも少なくありません。

商品名:ベビーキャロット
参考価格:498円(税込)
内容量:907g

コストコのおすすめしない食べ物【プルコギビーフ】

出典:photoAC※画像はイメージです

おすすめの食品ランキングなどでも紹介されるほど人気が高く、おいしい総菜の定番である「プルコギ」は、残念ながらおすすめしないワースト10にもランクインしている商品。その理由は「量が多すぎる」「味が好みではない」「タレが甘い、濃い」など。コストコのグルメを紹介するメディアなどではコスパが良いと騒がれていますが、まずいと感じる人も中にはいるようです。

商品名:プルコギビーフ
参考価格:178円/100g(税込)
内容量:約2kg

コストコのおすすめしない食べ物【さくらどり胸肉】

「買うべき食べ物」「買わないと損」と言われる「さくらどり胸肉」は、毎回買うものとしてまとめ買いする方も多いでしょう。そんなさくらどり胸肉ですが、おすすめしない理由はその量の多さにあります。1セット2.4kgで消費期限も長くないため、一人では消費しきれないのです。「買って良かった」と口にする人は、小分けして冷凍するなどの工夫しているようですよ。

商品名:さくらどり胸肉 国産品 4パック
参考価格:1,164円(税込)
内容量:2.4kg

コストコのおすすめしない食べ物【ミニオリーバ】

出典:COSTOCO(コストコ)

個包装になったオリーブオイルが100個セットになっている「ミニオリーバ」は、いつでも新鮮なオリーブオイルが楽しめる商品です。おすすめしない理由は、「量が多いので使いきれない」というもの。普段あまりオリーブオイルを使わない人には、不向きな商品と言えるでしょう。また独特な風味が苦手という意見もあるようです。

商品名:アルカラオリーバ エクストラバージンオリーブオイル 12.8g×100 ポーション
参考価格:3,480円(税込)
内容量:12.8g×100ポーション

コストコのおすすめしない食べ物【マフィン】

出典:photoAC※※画像はイメージです

コストコの「マフィン」は隠れ人気商品です。コスパは良いですが、まずいパンランキングにも入ってしまっている商品でもあります。「甘すぎる」「飽きてしまって全部食べられない」が、おすすめしない理由のよう。店内で試食したときはおいしく感じても、実際に自宅で食べると同じような味に飽きてしまうようです。また、1個あたりのカロリーが高いこともおすすめしない理由として挙げられます。

商品名:ミックス&マッチマフィン
参考価格:1,298円(税込)
内容量:12個

コストコのおすすめしない食べ物【ハーフシートケーキ】

出典:COSTOCO(コストコ)

オリジナルのメッセージを入れられたり、お好みでデコレーションを楽しめたりするので、子どもの誕生日ケーキなどで選ばれることの多い「ハーフシートケーキ」。おすすめしない理由は味と量の多さにあります。「食べきれない」「甘すぎる」という意見が多いようです。また「添加物だらけ」との意見もあり、安定剤や乳化剤などの添加物が使用されていることも理由の一つ。少しなら良いですが、食べすぎると危険と感じる人もいるようです。

商品名:ブランクハーフシートケーキ
参考価格:2,380円(税込)
サイズ:40㎝×30㎝

買って後悔したら…コストコは商品返品制度もあり!

出典:photoAC

本当に安い商品や日用品がそろうコストコには、2大保証制度があります。その一つが「商品返品制度」。全商品が返品の保証対象で、もちろん食品もOKです。例えば「タコライスを買ったけど、まずいから返品したい」「スタッフさんおすすめの商品を買ってみたけど、自分には合わなかった」など、どんな理由であっても、食べかけの食品であっても返品に応じてくれます。基本的に大容量の商品が多いコストコですが、買って失敗したと感じたり、味が好みではなかったりした食べ物でも返品できるのは、ユーザーにとって安心できるポイントでしょう。
しかし、一部の商品に関しては返品期限など細かな規定が定められています。家電製品は購入から90日以内、食べ物は消費期限内などの条件です。以前は無期限とされていましたが、2016年から現在の規定へと変更されました。おそらく、返品制度を悪用したケースがあったのではないでしょうか。「返品の多い会員をブラックリスト化している」と噂もあります。返品する側もモラルを守った行動で、気持ち良く買い物できたらいいですね。

コストコの商品返品制度に必要なものをチェック

それでは、コストコの商品返品制度について詳しく見ていきましょう。返品に必要なものは以下になります。

<返品制度に必要なもの>

  • ・返品したい商品
  • ・レシート
  • ・会員証

一つずつ解説します。

・返品したい商品

コストコの商品は、食べかけのものでも返品対象です。しかし食品の場合、すぐに返品しないと腐ってしまったり賞味期限が過ぎたりするものもあるでしょう。保存できない生鮮食品や腐ってしまった食べ物は、スマホで撮影後に処分しても良いとされるケースもあるようです。迷ったときはお店に確認してみましょう。

・レシート

購入したレシートは、商品購入の証明になります。なくても会員カードの履歴が残っているので、返品は可能。またレシートがあれば、フードコートで買ったものでも返品できます。クレジットカード支払いの場合は、明細書が必要です。

・会員証

会員証も返品には必須。返品の際は、必ず会員証を持っている本人が行かなければなりません。また家族カードを利用した場合は、その家族が行かなければ返品してはもらえません。

コストコの商品返品制度の手順をチェック

出典:photoAC

続いては、返品の手順についてお伝えします。

<返品の手順>

  1. 店舗のメンバーシップカウンターで返品を伝える
  2. 返品したい商品、レシート、会員証を提示する
  3. 理由を説明する
  4. 返品証明のサインをする
  5. 返金完了

詳しく見ていきましょう。

1.店舗のメンバーシップカウンターで返品を伝える

まずは購入した店舗のメンバーシップカウンターへ行き、「〇〇を返品したい」とスタッフに伝えましょう。

2.返品したい商品、レシート、会員証を提示する

次は返品したい商品とレシート、会員証の提示が求められます。

3.理由を説明する

返品したい理由を聞かれます。返品は「おいしくなかった」「自宅に持って帰ったが、使えなかった」など、自己都合の理由でも返品可能です。

4.返品証明のサインをする

承諾されたら、書類にサインをします。

5.返金完了

返金してもらい、返品は完了です。

コストコで返品制度を使うときのポイントと注意点

出典:photoAC

最後に、返品する際のポイントや注意点をご紹介します。

<返品制度のポイントと注意点>

  • ・開封後や食べかけでもOK
  • ・理由は必須
  • ・賞味期限が切れる前に行う
  • ・レシートはあったほうが良い
  • ・困ったときはカスタマーセンターに電話

詳しく解説します。

・開封後や食べかけでもOK

先ほども少しふれましたが、コストコは全商品が返品対象!もちろん開封後の食品や食べかけのものでも返品できます。

・理由は必須

返品の際は、必ず返品理由を聞かれます。コストコは100%の商品保証を謳っています。「口に合わない」「思った味と違った」「食べきれない」など、正直な理由を伝えましょう。スタッフの方もそのような対応には慣れており、丁寧に対応してくれますよ。

・賞味期限が切れる前に行う

食品の返品ルールは「賞味期限内であること」。「おいしくなかった」などの自己都合の理由でも、必ずルールは守りましょう。明らかに品質に問題があるなど、コストコ側に原因がある場合については、賞味期限を過ぎても返品できるようです。

・レシートはあったほうが良い

先述しましたが、会員証に購入履歴が残っているのでレシートを失くしてしまった場合でも返品は可能です。しかし、レシートがないと手続きに時間がかかってしまうため、レシートは捨てずに取っておきましょう。

・困ったときはカスタマーセンターに電話

すぐに返品に行けない場合や、返品できるか不安なときはカスタマーセンターに事前に連絡しておきましょう。どう対応したら良いか丁寧に教えてくれるので安心です。

コストコでおすすめしない食べ物まとめをチェック!失敗したら返品制度も活用して

コストコのおすすめしない食べ物を9個ご紹介しました。メディアで話題になっているものや人気商品もあり、驚いた方もいたのではないでしょうか。コストコは大容量でコスパの良いところが売りですが、その分失敗も多いでしょう。気になる商品があれば購入し、合わないと感じたら、返品制度を利用してコストコライフをもっと楽しみましょう。

あわせて読みたい

【コストコの冷凍マカロン】「24プチマカロン」の魅力や値段、種類などを紹介

Lifestyle

2024.04.11

【コストコの冷凍マカロン】「24プチマカロン」の魅力や値段、種類などを紹介

マコ

ライター
男の子3人のママライターです。子どもたちにふり回されながらも、毎日楽しく過ごしています!自立したかっこいいメンズに育てるのが目標。自分の機嫌は自分で取りながら、ゆるーく家事育児を頑張っています。
SHAREFacebook
POST
LINELINE