それはお母さんのため?子どものため?ムダ叱りしていませんか?

Baby&Kids

それはお母さんのため?子どものため?ムダ叱りしていませんか?

毎日どんな言葉を使っているか意識してみましょう


3歳くらいになると子どもはそれまではお母さんとの関わりがほとんどだったのが、お友達とのかかわりも増えてきますね。そうするとお母さんとしてもきちんとしつけをしなくてはという思いから、ついつい命令するような言葉が増えてしまいませんか?気が付けば、あれしなさい、これしなさいって一日中叱っているようになってしまいます。あなたは毎日どんな言葉を一番多く使っているか知っていますか?


叱られると子どもはお母さんが自分のことを嫌いだと感じます


お母さんに頭の上から「早くしなさい」「片づけなさい」「いい加減にしなさい」なんて眉間にしわを寄せながら言われたら「お母さんは自分のことが嫌いなのかな」と感じてしまいます。お母さんとしては子どものためにと思って言っている言葉が実は子どもの自己肯定感を下げてしまい、結果として子どものためにならないのです。自己肯定感が低くなると、自信ややる気をなくしてしまうので、お母さんとしては「ちゃんと聞いているの?」なんて言いたくなって悪循環に陥ってしまいかねません。子どもがぐずることが多くなっていたり、イライラしていたら、お母さんの“しなさい”の言葉が増えていないか振り返ってみましょう。


本当に叱る必要があるのは2つの場合だけです


子どもを叱るときはどのような状況ですか?実は本当に叱る必要があるのは誰かに迷惑をかけたときと、危険があるときの2つだけです。このようなときはしっかりと子どもの目を見てしっかりと叱りましょう。どんな場面でも同じように声を荒げて叱っていたのでは、本当に叱る必要があることも、いつもと一緒だ、またお母さんが怒っていると子どもは感じてしまい伝わりにくくなってしまいます。


それは本当に子どものために叱っていますか?お母さんのためになっていませんか?


お母さんが子どもを叱るのには理由がありますね。例えばスーパーの中で騒いだら他のお客さんに迷惑をかけるから、道路に飛び出したら車にひかれてしまうかもしれないから、これは本当に叱る必要があることですからしっかりと叱りましょう。ですが、片づけなさい、早くしなさい、挨拶しなさいは本当に子どものためでしょうか?
どれも困るのは子どもではなくお母さんです。子どもは困りません。このようなときは声を荒げて叱るのではなく、子どもと話し合ったり、お母さんが手伝ってあげましょう。

 

今日の1日1成長


叱る前に本当に叱る必要があるのか、誰のためなのか、一呼吸おいて。
ママの愛情も1成長、子どもの自己肯定感も1成長。
田辺ともこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)info@jakc.or.jp

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]