Fashion

うちの子ちゃんと育ってる?そう不安になったら「あいうえお」を確認しよう

育児書通りの完璧な成長よりも大切な、元気な子どもの“あいうえお”


早寝、早起き、朝ごはん。なんて言葉が聞かれるよう子どもの成長にとって生活習慣と正しい食生活のしつけは重要です。でも実際はどうでしょう?昼寝をしない、食事の量は少な目、泣き止まないなど本に書いてあるように順調に一日を過ごせないのが現実です。お母さんは、できないことが多いと不安でいっぱいになります。そんな時は元気いっぱいの“あいうえお”を意識してみてください。

 

好奇心をつぶさず、たくさん遊び、たくさんおしゃべりすることで、健全に育つ


「あ」遊ぶ子。よく遊んでいますか?「い」一生懸命な子。一生懸命何かをしようとしていますか?「う」運動が好きな子。よく動きますか?「え」笑顔の子。笑顔で過ごしていますか?「お」お話が好きな子。よくお話しますか?もしも育児本にお昼寝は1時間と書かれていても、子どもが昼寝をしない子であったとしても、よく動き回り、指さしでお母さんにあ~あ~とお話して意欲的であれば心配の必要はありません。

 

子どもに必要な3要素は健全な「こころ」「からだ」「知性」


「あ」はコミュニケーション能力。「い」は意欲。「う」は身体能力。「え」は自信。「お」は知性を指します。これらのバランスを確認して、子どもの現状を把握することが大切です。偏っていたり、欠けているところがあったら改善していきましょう。子どもの健全な成長を見極めるポイントは育児書通りであるかということにとらわれないでください。

 

育てにくいと感じる時こそ、子どもの個性は伸びている


そもそも、寝起きが良くて、たくさんご飯を食べて、しっかり寝る子なんてそんな都合のいい赤ちゃんはめったにいないものです。規則正しい生活ができないのは、いたって普通のことなのです。なかなか寝ない子どもは刺激に敏感な気質が関係しているかもしれません。このように育児書通りに育児が進まないことに不安を抱くことよりも、その子らしさを全面的に受け止めて、大切なことを見逃さないようにしましょうね。

 

今日の1日1成長


焦らず、見逃さずお母さんも子どもも少しずつ成長できればいいのです
子どものバランス力のよい成長も1成長、ママの発見力も1成長。
森みきこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!