Baby&Kids

子どもの好きを伸ばしたいなら、夢中になる瞬間を大事にしよう

Vol.667 好きなことを伸ばしたいなら観察しよう。“好き”が見つかります

五感を刺激する遊びをさせよう。感じる体験が子どもの興味関心を育てます

「子どもには好きなことをさせたい」子どもの未来を願うのは、お母さんの優しさです。しかし何が好きなのか分からないこともあります。子どもの関心は次々と移り変わり、好きなのかなと思うとすぐに違うことをしていることも。子どもの“好き”は様々な遊びをしながら生まれるもの。繰り返すことやできるようになることが楽しい、探究することがおもしろいなど感じる経験から生まれます。見る聴く触るなどの体験をさせましょう。

続く事が“好き”ということではない。興味を持つ中に好きの要素があります

子どもの関心が次々と変わるのは、好奇心によるため。好奇心は行動力と深い関係があります。特に1歳くらいの子どもは色んな事に興味を持ち、試します。何でも口にするのは、硬さや食べられるかなど確かめているため。好奇心は知りたいという欲求、繰り返し同じことをするのは探究しているからです。子どもの移り気はたくさんのことに興味があることを示しています。続かないことより、何に興味を持ったか観察してみてくださいね。

楽しいと感じることが知能や体を育てます。夢中になったら集中力を伸ばす時

観察すると、興味を持った遊びから共通点や子どもの遊び方にも気づきがあります。一つのことに夢中になっている時、子どもはものすごい集中力を発揮しています。黙って続けさせてあげると集中力が伸びます。その時間に子どもの想像力も育つのです。「できた」という達成感は、更なるやる気にさせるでしょう。子どもは“たのしい!できた!わかった!”を繰り返し、遊びを通じて学ぶのです。楽しんで遊ぶことが大切です。

先を急がず“今”を楽しもう。自分の好きなことは子ども自身が見つけます

子どもには実験期という時期があります。試し実験し、物事を知ります。その過程が過ぎて物事の道理が分かり始める4歳頃、自分の考えに基づいて行動するようになります。徐々に好きな事が分かるようになってきます。それまでは五感を刺激する環境や繰り返し遊べる遊びなど、興味あるものに触れさせてあげましょう。体験することで知恵と身体的な成長となり、できる事への可能性が広がります。自分の好きなことを発見するでしょう。

今日の1日1成長

今、興味ある事を思いっきり楽しもう。リア充が好きなことに繋がります
子どもの行動力も1成長、お母さんの観察力も1成長。
國枝愛実(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!