出典:@ eyeplus.design さん

Beauty

マツエクを長持ちさせるコツを大公開☆自宅でもできる方法とは?

ぱっちりした目元を作ってくれるまつ毛エクステこと“マツエク”。ノーメイクの時でも顔がはっきりした印象になったり、メイクの時間を短縮できたりとメリットがたくさん!
しかし、せっかくつけたマツエクがすぐに取れたという経験をした人はいませんか?マツエクはとっても繊細で、つけ方やつけたあとの扱い方によって長持ちするかすぐ取れてしまうかが大きく変わります。

そこで今回は、元アイリストのmimiが、マツエクを長持ちさせるコツをいくつかご紹介します。

■マツエクをした後のNG行動をおさらい☆

出典:photoAC

マツエクを長持ちさせる方法を紹介する前に、必ず押さえておきたいマツエク装着後のNG行動があるんです!
マツエクサロンでもアイリストさんから説明があるかと思いますが、ここではNG行動について改めて確認していきましょう。

・マツエクは水で濡らさない

出典:photoAC

特にマツエク装着直後は、一見乾いているように見えますが定着していない状態です。サロンで使用しているグルーの種類にもよりますが、完全に乾くまでは24時間必要とも言われています。
そのため、一般的なマツエクサロンでは、施術後は5時間~6時間経過した後に洗顔や入浴をするように推奨しているんです。施術当日だけでなく、マツエクをしている場合は洗顔後にまつ毛に水分を残したままにしておくと、持ちが悪くなるので覚えておきましょう。
ただし、水分を取り除こうとしてタオルをむやみに使用すれば、タオルの繊維が引っかかる場合もあるので要注意!可能であれば、マツエクしたまつ毛は「ドライヤーの冷風」で乾かすことをおすすめします。

・目を強くこすらないようにする


マツエクが取れやすくなる原因となるのが「摩擦」です。眠たいときや、目が痒い場合も目をこすってしまうのはNG行動。

出典:photoAC

また注意したいのが、「うつ伏せ寝」です。うつ伏せで寝てしまうと、枕または布団で目元がこすれてしまうので、マツエクが長持ちしなくなるだけでなく、折れてしまい形が崩れてしまう恐れもあります。
うつ伏せ寝のクセがある人は、日頃から仰向けになって眠るように心がけ、顔には布団が掛からないように気をつけましょう。

・オイルクレンジングは使わないで

出典:photoAC

マツエクサロンでNG行動として必ず説明を受けるのが「クレンジング」についてではないでしょうか。マツエクをしている場合は、必ず「オイルフリーのクレンジング」を使用するようにしましょう。
マツエクとまつ毛を接着しているグルーは、オイルで分解されるため、オイルクレンジングを使用してしまうとマツエクが長持ちしなくなってしまうからです。
また、アイメイクのクレンジングの際にコットンを使用する場合は、マツエクと絡まないように注意しましょう。マツエクにコットンが引っかかり、負荷がかかってしまいます。
アイメイクをポイントオフしたい場合は、綿棒を使うといいでしょう。

・メイク方法にもコツがある!

クレンジング選びで解説したように、オイルクレンジングとマツエクは相性が良くありません。そのため、オイルクレンジングでないと落とせないようなウォータープルーフ仕様のマスカラは使わないようにしましょう。
マツエクの上からさらにボリュームを出したい場合は、なるべくマスカラには頼らず、マツエクの毛先にのみ軽くつけるくらいがベストです。

■マツエクがグン!と長持ちするオーダー方法って?

実は、マツエクを長持ちさせるコツがあるのを知っていますか?

エクステには毛質、長さ、太さ、カールの強さ、カラーなどさまざまな種類があります。
自分のなりたい雰囲気に合わせてエクステを組み合わせてデザインを決めていくのですが、そのときのオーダーによってもマツエクが長持ちするかが大きく変わってきます。
どのオーダー方法が長持ちしやすくなるのか詳しくみていきましょう。

・装着する毛の長さ


まず1つ目は毛の長さです。
「目を大きく見せたい!」と、長いエクステを選びがちですが、長いものは短いものに比べてどうしても取れやすくなります。

出典:@ eyeplus.design さん

多くのサロンで6ミリ~15ミリのまつエクを扱っていますが、7ミリ~10ミリの長さのエクステはナチュラルな雰囲気で短いものになります。
画像のエクステは、長さ9ミリと10ミリのものを使用したナチュラル仕上げです。

出典:@ eyeplus.design さん

11ミリ~15ミリは、ぱっちりした目になりたい人におすすめの長いものになります。画像のマツエクは、長さが13ミリを使用。
長いエクステをつけたい場合は、短いものも一緒に組み合わせるのもおすすめの方法です。

・装着する毛の太さ

出典:photoAC

また、太さによってもマツエクの持ちが変わります。
エクステの太さもサロンによって取り扱いの種類は変わりますが、0.1ミリ、0.12ミリ、0.15ミリ、0.18ミリ、0.2ミリ、0.25ミリのエクステがあります。0.1ミリだとボリュームが欲しい人にはあまり向いていないかもしれません。

出典:@ eyeplus.designさん

一般的には、画像の0.15ミリタイプが定番人気。0.2ミリを超えると負担が大きくなり、取れやすくなると言われています。
ボリュームを出したいときは、太いエクステを選ぶのではなく細いエクステの本数を多くする方法にすると持ちがよくなりますよ。

・装着する毛のカールの強さ


カールの種類にはサロンによって呼び方は変わりますが一般的にJカール、Cカール、Dカールの3種類あります。

出典:@ eyeplus.design さん

Jカールは、呼び方の通りアルファベットの「J」の形をしていて、カールが1番弱くナチュラルに見えますが、カールが弱い分長さがあるように見えます。

出典:@ eyeplus.design さん

Cカールは、くるんとあがったカールで、ぱっちりかわいらしい目元にしたい人におすすめです。正面から見ても、横から見てもしっかりとあがっていて目を丸く見せてくれます。

出典:@ eyeplus.design さん

Dカールは、Cカールよりさらにカールが強いエクステです。マツエクの存在感が1番しっかり感じられ、華やかな印象にしてくれます。

しかし、カールが強ければ強いほど自まつ毛とエクステとの接着面が小さくなり取れやすくなってしまうでしょう。

・デザインも多彩!

出典:@ eyeplus.design さん

丸いかわいらしい目にしたいときは、中央の黒目部分に1番長いエクステをつける画像のようなキュートデザイン。

出典:@ eyeplus.design さん

きれいな大人のイメージの目元にしたいときは、目尻を長するセクシーデザインと、なりたいイメージによってオーダーします。

しかし、どうしても目尻は目頭や中央に比べて触ってしまう回数が増えることもあって取れやすくなります。

出典:@ eyeplus.design さん

そこで、目尻に長いエクステをつけてしまうとさらに取れやすくなってしまうので、目尻は画像のように短めのエクステをつけるのがおすすめです。
目尻を1番長いデザインにしたい場合は、目頭や中央を少し短くしてつける位置によってカールの種類を変えたり、長さや太さを変えたりすることで取れにくくするといいでしょう。

自まつ毛の生え方やクセも人によってさまざまです、体調や毛周期のタイミングによって毛量も変化するもの。
ここまで紹介したオーダー方法を参考に、必ずマツエクサロンに訪れたときの自身のまつ毛の状態を見ながら、アイリストさんに「マツエクを長持ちさせたい!」と相談してみて下さいね。

■施術後はアフターケアをしっかり!注意点を守ってしっかり長持ち

次にマツエクをつけたあと自宅でできる長持ちさせるコツをご紹介します。
繊細なマツエクはアフターケアがとても重要です。クレンジングや美容液など、おすすめのケアアイテムをご紹介します。

・【クレンジング】オイルフリーを選んで

出典:@ yagigigi1234さん

冒頭の項目でも解説したように、マツエクのグルーは油に弱いので、オイルが含まれているものは避けましょう。
『エポラーシェ』の「モイストクレンジング」150ml:2,500円(税抜)は、100%オイルフリーのマツエク対応のクレンジングです。
保湿成分がたっぷり入っているのでマツエクに優しいのはもちろん、肌にもとても良くメイクもスッキリ落としてくれます。
また、メイクを落とすときは摩擦でマツエクが取れやすくなるので、なるべくこすらないように優しく落とすようにしてくださいね。

・【洗顔料】マツエクの隙間汚れにGOOD

出典:@ yagigigi1234さん

『PIGEON(ピジョン)』の「オイルフリーフォームウォッシュクリームホイップ」50ml:1,800円(税抜)は、マツエクをつけている方のための洗顔料です。
洗顔はもちろんですが、アイシャンプーとしても使えるため、エクステの隙間の汚れや落としきれなかったメイクの残りなどによるトラブルを防いでくれます。

・【美容液】自まつ毛をケア


マツエクをつけるためには、もちろんですが自まつ毛がとても大切になってきます。自まつ毛が少なかったり、細かったり、短かったりするとつけられるマツエクの本数が少なくなってしまうことや、重さに耐えられず抜けやすくなってしまうのです。ただでさえ、マツエクをつけることによって負担がかかってしいる自まつ毛。
そこで、美容液をぬることでまつ毛を保湿してくれたり、伸ばしてくれたりします。

出典:@ ayamiyamotolapaixさん

一部の美容室、美容サロン、エステサロン、マツエクサロン専売品のまつ毛美容液「EGUTAM(エグータム)」はアイリストの間でも好評!毛根とまつ毛に優しい成分を贅沢に配合しています。価格も取扱いサロンにより異なるため気になる場合は、公式サイトで直接問い合わせすることをおすすめします。
エグータムは筆タイプなので、アイライナーを塗るような感覚で、メイク落としをした後の就寝前に塗って寝るだけでOK!
その他にも、まつ毛美容液にはチップタイプ、ブラシタイプのものがありますが、それぞれ扱いやすさにメリットとデメリットがあるので、自分に合ったものを使ってみてくださいね。

・【コーティング剤】水分をはじいてくれる


マツエクはお風呂に入ったり少し汗をかいたりしたくらいでは取れませんが、それが毎日続くとなるとどうしても取れやすくなります。
水や汗をはじく特徴のあるコーティング剤は、そういうとれやすくなる原因を防いでくれるのです。

出典:透明マスカラがかなり使える!色はなくても効果たっぷりで万能

身近なアイテムだと、『CEZANNE(セザンヌ)』のロングセラー人気アイテム「クリア マスカラR」400円(税抜)がおすすめ。透明タイプのマスカラなのですが、まつ毛にツヤも与え、ナチュラルにコーティングしてくれるんです。
プチプラ価格なので挑戦しやすいのもうれしいですよね。まつ毛のコーティング剤は、他にも就寝時の摩擦や、何気なく目をこすったときのダメージも、自まつ毛とマツエクをコーティングすることによって軽減してくれて、マツエクの長持ちにつながりますよ。

■アフターケアをしっかりすることできれいなまつ毛を保とう

出典:photoAC

マツエクを長持ちさせるためには、日々NG行動を起こさないように意識して生活することが大切♡また、いつもの生活に少しだけマツエクをケアする時間を足すだけで、今まで取れやすかった人も持ちが良くなったことを実感できるはず。
マツエクをオーダーする際にも、目力UPやなりたいイメージももちろん大切ですが、長持ちさせるオーダー方法があるということも覚えておいて下さい。
ケアアイテムに関しては、ドラッグストアなど身近な場所で手に入るケアアイテムも多いので要チェック。サロンでしか手に入らないものもあるので気になる人は、アイリストにさんに相談してみてくださいね!

mimi

美容師資格を持つ元ヘアカラーリスト・アイリストの2男児子育て中のママです♪
アクセサリーメーカーに務めたこともあり、アクセ企画・制作・バイヤーの経験もあり◎
旅・アート・音楽も大好きです♡
【Instagram】zonemiho
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]