【PR:ヒルトンホテルグループ】青野未来さん、高嶺くん(2歳5カ月)親子が大阪旅をナビゲート!

Baby&Kids

PR 子連れで大阪なら「見る・遊ぶ・体験」できる話題の万博エリアで決まり!

夏休みシーズン真っただ中、遊ぶことに毎日忙しいママやキッズたちに、mamagirlが厳選した大阪お出かけプランをご紹介!大阪のお出かけスポットと聞くと、テーマパークを思い浮かべる人も多いのでは? 実は、大阪にはまだまだ知られていないスポットや穴場なカフェが盛りだくさん。大阪在住の青野未来さん・高嶺くん親子が最旬大阪スポットをナビゲート!旅の締めくくりはリッチなコンラッド大阪でのステイを満喫して☆

この夏の大阪旅なら、キッズが大きく育つ体験型プランはいかが?

大阪のお出かけスポットといえば、人気のテーマパークを思い浮かべる人が多いはず。
でもこの夏は、約半世紀ぶりに内部が公開されている「万博記念公園」太陽の塔など、インスタ映えがかなう話題のスポットをめぐるプランがおすすめなんです。

大阪市内から、少し足を伸ばす万博公園エリアで遊んだ後は、大阪市内外からもアクセスがよく、駅直結で便利なコンラッド大阪でラグジュアリーなステイを堪能。
キッズにとってもママにとっても、記憶に残る夏のワンシーンを満喫できるはずです☆



【12:00】ワクワクが止まらない!体に優しいオーガニックランチを満喫

まずは、オーガニック野菜をたっぷり使った地元ママに大人気のカフェ「オーガニックキッチン アナトリエ」でランチ☆

こちらは、栄養士でフードスペシャリストの女性オーナーが厳選した食材を使って、体に優しく&おいしい料理を提供しています。
白を基調としたナチュラルな店内には「TIEDE ETERNITY」というハンドメイドのドライフラワーショップが併設されており、いたるところにドライフラワーが!思わず写真を撮ってしまいたくなるかわいさです。

「オーガニックキッチン アナトリエ」で大人気のランチをオーダー!

能勢の契約農家や全国の生産者から届いたオーガニック野菜を中心としたランチプレートは、野菜をたっぷり使用。
ママは彩り野菜とベーコンがぎっしり詰まったボリュームたっぷりの自家製キッシュプレート、子どもは、くまさんモチーフが愛らしいこびとランチを。野菜が苦手な子どもでもこんなにかわいいプレートで出てきたら張り切って食べてくれそう!

・店舗情報

オーガニックキッチン アナトリエ

大阪府吹田市上山手町63-15 メゾン・ド・山手1F
TEL:06-7174-4154
営業時間:11:00~17:30(L.O.17:00)、月曜のみ11:00~15:00(L.O.14:00)
定休日:不定休


【14:00】大阪が誇る万博記念公園!太陽の塔は外観も内観も迫力満点☆

大阪のシンボルにもなっている太陽の塔がある「万博記念公園」は、大阪モノレール「万博記念公園駅」の目の前に広がる大きな公園。

大阪万博時に建てられた太陽の塔の内部は、万博開催後から半世紀にわたって扉を閉じていましたが、それが今年、当時の記憶が蘇るように48年ぶりに一般公開されることに! 内部はLEDが新設されてとってもフォトジェニックな空間になっています。

地下にある展示室「地底の太陽ゾーン」と、らせん階段でのぼる「生命の樹ゾーン」の2つで構成されています。「生命の樹ゾーン」には「生命の樹」のオブジェがそびえ、色々な生物を身近に見て回ることができます。

せっかく来たのなら太陽の塔の前での記念写真はお約束!空に向かってそびえ建つその存在感に圧倒されてしまいます。

さらに園内には、ちびっこに大人気の船の遊具「エキスポみらいgo!」やみんな大好き大型すべり台のある「やったねの木」など、子どもたちが大はしゃぎできる遊具がたくさん設置されています。遊具に加えて広い広場がいくつもあるので、小さな子どもでも安心して走り回って思いっきり遊べます。

・アクセス


万博記念公園
大阪府吹田市千里万博公園1-1
TEL:06-6877-7387(総合案内所9:30~17:00)
大阪モノレール「万博記念公園」駅または「公園東口」駅から徒歩約約5分
入園料 大人/250円、小中学生/70円


【16:00】生きているミュージアム「ニフレル」で初めての体験を!

万博公園で思いっきり遊んだ後は、万博記念公園の目の前「EXPOCITY」にある「二フレル」へ!

「二フレル」では、7つの「○○にふれるゾーン」があり、ここでは水を噴いたり、砂に隠れたりと生きものたちのオリジナルの「わざ」を見られるように工夫されています。水や陸で暮らす生きものや美しい自然の魅力をたっぷりと感じられる仕掛けに大人までついつい大興奮!

「わざにふれるゾーン」の後は、吹き抜けになっている子どもたちに大人気の「ワンダーモーメンツ」へ!

こちらはアーティスト・松尾高弘氏による、自然をテーマにしたデジタルアートの世界で宇宙や水、花などの神秘的な空間アートに包まれる体験ができます。暗闇の中に演出される幻想的な光と音で子どもたちも思わず走り回ったり、寝そべったり!子どもと一緒に様々な体験ができるので知育にもぴったり。

・アクセス


NIFREL(二フレル)
大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内 二フレル
TEL:0570-022060
営業時間:10:00~20:00※最終入館時間19:00
入館料 大人(16歳以上)・高校生1,900円、こども(小・中学生)1,000円、幼児(3歳以上)600円


【18:00】関西ママに大人気!水上BBQで旅を締めくくるディナーを

旅も終盤、ディナーを求めて市内へ。「NAKANOSHIMA GATE PARK」は、昨年末にオープンしたインスタ映えおしゃれスポット!

水上沿いに用意されたブースの中でラグジュアリーなBBQが手ぶらで楽しめます。西海岸をイメージしたブースはそれぞれコンセプトが違っていて、関西のおしゃれママに大人気。そのフォトジェニックな雰囲気は、インスタ映え間違いなし!

旅の最後のディナー。せっかくなら、とことんリッチにVIPルームでBBQを味わうのはいかが?
広々としたソファーもあるので、小さい子どもでもOK!プランは3種類で+2,000円で、2時間の飲み放題付きプランも!次に来るときはママ友を連れてパーティーもおすすめです☆

・店舗情報


NAKANOSHIMA GATE PARK
大阪府大阪市福島区野田1-1
TEL:0120-511-510
営業時間:11:00~22:00(L.O.21:00)
定休日:不定休※荒天時休み


【20:00】大阪の夜の締めくくりは、アクセス抜群のコンラッド大阪で!

「NAKANOSHIMA GATE PARK BBQ」を満喫した後は都会のラグジュアリーホテル・コンラッド大阪へ移動。リバーサイドで心地の良い風が吹き抜ける美しい中之島の川沿いをお散歩しているとホテルに到着。

今回宿泊したのは「キングエグゼクティブルーム」。お部屋に入ると前面に大きな窓が!36階からの眺めは絶景!思わずママのテンションも上がっちゃいます♪ホテルからは梅田もすぐなので、翌日のお出かけにもアクセス抜群!「キングエグゼクティブルーム」は、広々としたお部屋なので小さな子どもが思いきりはしゃいでも安心です。


コンラッド大阪ならママも子どもも安心の極上ステイを楽しめる!

子連れでの大阪旅行なら、旅のプランはもちろんやっぱりホテル選びは慎重になるもの。
ファミリーの受け入れ体制が抜群、お出かけスポットや駅からのアクセスが便利な好立地なホテルとなれば、安心のブランドホテルを選ぶのが得策。

コンラッド大阪は、大阪メトロ四つ橋線「肥後橋駅」4番出口または京阪中之島線「渡辺橋駅」12番出口より直結。ベビーカーやスーツケースと荷物いっぱいの子連れ旅行でも、駅直結なら荷物の多さも苦になりません。ベビ―連れなら事前に伝えておけば、ベビーベッドを客室に設えてくれます。


ママ目線で旅をサポート!ヒルトン・マムバサダーキャンペーンをチェック☆

ヒルトンではこの夏、ママ目線で家族旅行をサポートする「ヒルトン・マムバサダー」プロジェクトがスタート。
家族旅行の達人・マムバサダーが、家族旅行やお出かけを計画しているママたちを笑顔にする情報を発信中。

マムバサダーは子連れ旅に精通したママや地元ママ、ヒルトンで働くママが務めています。現在、マムバサダーにリアルタイムで旅の質問ができるFacebookのマムバサダー・ライブが好評配信中!
今後も人気エリアの子連れお出かけスポットや旅のコツなどが続々配信予定です。詳細のスケジュールや内容は、マムバサダーページで公開されているのでチェックしてみて!


▽「ヒルトン・マムバサダー」ページ https://hiltonhotels.jp/discover




【選べる特典】Choose your luxury~ワンアップ・ラグジュアリーステイ~



3つの選べる特典からお好きなプランを選べる、ワンラックアップのラグジュアリーステイプラン。
子連れ旅なら、朝の支度をゆっくりとれてランチブッフェも楽しめる、15時のレイトチェックアウト&ランチブッフェの特典がおすすめ。

ご予約・お問合せ
コンラッド大阪
〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島3-2-4
TEL:06-6222-0111
公式サイトはこちら

撮影・構成・文/TRYOUT

永元 路夕

ファッションの世界からライターに転身したアラサー女子です!

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp