出典:「Aの本音コスメ調査 Powered by Ameba」

Beauty

初心者でもできる、奥二重メイク!魅力的な目元になるコツとは

日本人の目元の特徴で多いのが奥二重。奥二重はまぶたが少し腫れぼったく見えがちなので、メイクにコツが必要です。そこで今回は、奥二重の人におすすめのメイクをピックアップします!奥二重の人にピッタリのカラー、やってはいけないアイラインの引き方、さらにメイク上手な方のアイメイク方法も動画でご紹介!奥二重の人は、ぜひ参考にしてくださいね。

Recommend





「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?



■奥二重の人のアイシャドウ、OKカラー&NGカラーとは

パッチリ二重の人はどんなカラーのアイシャドウも合いますが、奥二重の人にはOKカラーのアイシャドウとNGカラーのアイシャドウがあります。そこで、まずは奥二重の人のOKカラー&NGカラーアイシャドウをご紹介します。

・OKカラーはブラウンベース

もともと大人っぽい目元の奥二重。落ち着きのあるカラーをメイクで取り入れれば、女子度がグッとアップしますよ。
そこで奥二重の人におすすめなのが、ブラウンベースのアイシャドウです。日本人の肌に馴染みやすいブラウン系はちょっぴりセクシーな印象の目元を演出してくれます。

・NGカラーはピンク・イエロー・レッド

まぶたに重みがある奥二重には、かわいい印象がつくれる明るめのピンク、イエロー、レッド系のカラーは残念ながらNGです。なぜなら、明るいカラーのアイシャドウは、まぶたが腫れぼったくなってしまうから。また、ラメ入りのアイシャドウも腫れぼったさを強調してしまうので避けた方がいいでしょう。

・NGカラーもミックスすればOK

明るめのピンク、イエロー、レッド系のカラーは避けた方がいい!といっても、女性らしい目元を演出できるカラーなので、できれば使用したいですよね。そんなときは、ブラウン系のアイシャドウとミックスして使ってみましょう♡
アイシャドウをミックスして使えば、立体的で魅力たっぷりの目元に仕上がりますよ。ただし、ブラウン系のアイシャドウの上から明るめカラーのアイシャドウを重ねないと、ただのブラウンアイシャドウになってしまうので、のせる順番にご注意を!

■奥二重はアイラインの引き方にコツはある?

奥二重の人はアイラインを引いたときに滲んだり、まぶたにラインがついてしまったりしがち…。でも、正しいアイラインの引き方を身につければ、そんなお悩みも解消できますよ!

・OKなアイラインの引き方

アイラインを引くときは、まつげとまつげの間を少しずつ埋めていくイメージでラインを引いていきます。まぶたを軽く上に持ち上げると、ラインが引きやすくなりますよ。
優しい印象の目元を演出するなら、目尻から数ミリほど下向きに長くラインを引くといいでしょう。

・NGな引き方

出典:photoAC

目を大きく見せるメイクで太めのラインを引くのが流行していますが、奥二重の人がすると目が小さく見えてしまうので避けた方がよさそう。奥二重の人が目を大きく見せたいなら、細く引くようにしましょう。
また、下まぶたを囲ったメイクも目が小さく見えてしまうので、注意!奥二重の人にはナチュラルメイクが一番おすすめです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE