出典:@ amoria______さん

Fashion

マタニティーコーデはGUとユニクロで!プチプラで賢く楽しもう

■GUとユニクロで作るマタニティーコーデをチェック!

GUやユニクロのアイテムを使用したマタニティーコーデをご紹介します。

・ユニクロのマタニティーデニムでスッキリコーデ


出典:mamagirl2019冬号

こちらはユニクロのマタニティーデニムを使ったシンプルコーデです。ストレートのすっきりシルエットなので、キレイめなトップスと組み合わせてシンプルにまとめるのがいいでしょう。

・GUのゆったりシャツワンピースでマタニティーコーデ

出典:@n.yu____miさん

@n.yu____miさんはGUのワンピースを活用してマタニティコーデを楽しんでいます。こちらはGUの「Aラインシャツワンピース(7袖丈)」のマタニティーコーデ。
ゆったりとしたボリューム感のあるデザインなので、妊娠後期の大きなお腹でも難なく着こなせます。シャツワンピースならマタニティーコーデでもきちんと感のあるスタイルになりますよ。

・GUのワッフルスリットワンピースで楽ちんマタニティーコーデ

出典:@n.yu____miさん

続いて「ワッフルスリットワンピース」のマタニティーコーデです。
普段よりも大きめサイズを選べば、マタニティー時期でも問題なし!
ワッフル生地やスウェット生地、Tシャツ生地のワンピースなら締めつけなしのリラックススタイルで、マタニティー時期も楽々です。

・流行りのオーバーサイズアイテムで楽におしゃれ見え!

出典:@amam771さん

@amam771さんは、GUのゆったりとしたシルエットがおしゃれなオーバーサイズスウェットでコーデ。トレンドのオーバーサイズアイテムはマタニティーコーデに最適です。ゆったりとしたシルエットで、おしゃれさと楽ちんさの両方を叶えてくれますよ♡

■何を用意する?マタニティーグッズのおすすめをチェック!

マタニティーコーデで知りたいのは、着回しのできるアイテムです。マタニティー時期に取り入れたいおすすめアイテムをチェックしていきましょう。

・お腹周りのゆったり感重視のトップス

出典:@ serina1031さん

少し長めのシャツはマタニティー期に便利なアイテム。妊娠初期にはワンピース丈で、お腹が大きくなってきたらチュニック丈で、長い期間使用することができます。お腹が大きくなっても大丈夫なように、裾が広がったものを選びましょう。
また、シャツタイプなら出産後に授乳しやすいのも大きなポイントです。無地のベーシックなものを選べばコーディネートの幅も広がるはず。レギンスやタイツ、デニムと合わせてスッキリとコーディネートしてください。
秋冬の定番アイテムニットは、お腹周りがゆったりしているものを選びましょう。履きやすいニットパンツと合わせてセットアップとして使えるものもおすすめです。上品に着こなすことができるので、ちょっとしたお出かけコーデにも♡

・マタニティーコーデの悩めるボトムは?

出典:mamagirl2018秋号 ※画像はイメージです

マタニティーコーデで1番悩むのはボトムですよね。お腹周りの変化が激しい時期のため、ウエストで留めるタイプのボトムはすぐに履けなくなってしまうこともあるでしょう。
お腹周りにゆとりのあるサロペットなら、長い期間履くことができるはず!普段よりも少し大きめをチョイスしてゆるっと着こなしましょう。ワイドタイプなら体型カバーも期待できますよ。

・マタニティーコーデに必須のワンピース

出典:@ amoria______さん

ゆったりとしたシルエットのワンピースはマタニティーコーデの必須アイテム。妊娠後期の大きなお腹でも問題なく着られるオーバーサイズのワンピースも今のトレンド♡1着もっておくのがおすすめです。

出典:@ amoria______さん

ワンピースはアウター次第で長く使えるものを選ぶのが正解!お腹が大きくなると丈感が短くなることを見越して、膝よりも長めの丈感がいいでしょう。

・妊娠中のシューズはローヒールがお約束

出典:mamagirl2018秋号

マタニティー時期の足元はローヒールがお約束!歩きやすく妊婦さんにおすすめの靴といえば、欠かせないのがスニーカーです。スニーカーを全く持っていない、そんな人はとりあえず1足用意しておくのがおすすめ。
スニーカーに抵抗があるなら、バレエシューズやオペラシューズをチョイスしましょう。GU・ユニクロでもローヒールシューズのラインナップはたくさん!ローヒールでも女性らしい足元に仕上がります。

出典:mamagirl2018秋号

妊婦さんが転んでしまうと一大事!きちんと試着してから購入するようにしてください。また、お腹が大きくなってくるとかがむのも一苦労ですよね。はく際にかがむ必要のない靴であることもはきやすさのポイントです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE