出典:photoAC

Baby&Kids

ママたちの授乳体験談!かわいい♡おしゃれな授乳服も紹介

赤ちゃんがおっぱいを飲む姿ってかわいくて癒されますよね♡でも、授乳がうまくいかなかったりおっぱいトラブルを起こしたりと、授乳にまつわる悩みも多いもの。
そこで今回は、ママたちの授乳にまつわるさまざまな体験談を集めてみました。いっしょにかわいい授乳服も紹介していきます☆ぜひチェックしてみてくださいね。


■授乳にまつわるママたちの体験談あれこれ!

それではさっそく、先輩ママたちの体験談をみていきましょう。

・かわいい♡おもしろい!ママたちを癒す授乳エピソード

出典:photoAC

「授乳中に私の目を見ながらおっぱいをゴクゴク飲む姿はかわいくってかわいくって♡新生児のころはなかなかおっぱいが出なくて悩んだこともありましたが、授乳が終わった今、あの時間はとっても素敵な時間だったなぁとちょっと寂しくなっちゃいます」(2歳女の子のママ)

出典:mamagirl2018冬号

「おっぱい大好き!だった息子は、おっぱいを外そうとすると『はなすもんか!』という勢いでおっぱいに両手を添えて、高速でおっぱいを飲んでいました(笑)その必死な姿がおもしろすぎて、パパと二人で大笑いしちゃいました」(3歳男の子のママ)

かわいい、笑えるエピソード。みなさんも赤ちゃんとの授乳タイムに癒されているのではないでしょうか?

・しんどかった!ツラかった!授乳に悩んだママたちの体験談

出典:photoAC

「出産前はおっぱいさえ出れば赤ちゃんが飲んでくれると思っていましたが、産後おっぱいをあげようとしてもわが子は飲んでくれなくて…。私の乳首が飲みにくい形だったことがその原因だったようです。おっぱいを絞って哺乳瓶で授乳しながら“おっぱいは出るのになんで直接あげられないんだろう”と悲しくて涙が出ることもありました。それでも乳頭保護器を使って授乳の練習をチャレンジしながら授乳の練習を続けていると、娘が生後3カ月を迎えるころに直接授乳できるようになりました!」(1歳女の子のママ)

出典:photoAC

「娘はちびちび飲むタイプの赤ちゃんだったようで1時間おき、ひどいときは30分おきの授乳。一日中おっぱいを出しているような状態でした。夜中も頻繁に起きて泣くのでしんどかったです。“もう母乳やめたい!”なんて思ってしまうこともありましたが、なんとか母乳育児を継続。生後6カ月女になった現在は授乳間隔が3時間になり、かなり楽になりましたよ」(6カ月女の子のママ)

「息子が生後8カ月になったころから授乳中おっぱいを噛まれることが増えました。赤ちゃんといっても噛む力は強くて出血してしまうことも。最初はガマンしていましたが、離乳食の進みも良かったので生後9カ月のときに断乳しちゃいました」(1歳男の子のママ)

ときには授乳がスムーズにいかないことも。ママたちはそれぞれの方法で乗り越えていったようですね。

・やっちゃった!授乳にまつわるママたちの失敗談

「産後はじめての家族でお出かけ!うれしくてお気に入りのワンピースを着て行きました。お出かけ中息子の授乳タイムになって、ケープを使って授乳しようとしたときに“ワンピースをまくり上げないと授乳できない”ということに気づいたんです。あわてて個室タイプの授乳室があるお店を探して授乳。誰にも見せられないような恥ずかしい恰好で授乳しました(笑)」(10カ月女の子のママ)

「上の子のときは何を食べても乳腺炎にならなかったので、下の子のときも好きなものを食べていたら大失敗!…見事に乳腺炎になってしまいました。おっぱいは激痛、熱でフラフラ。そんな状態でも息子におっぱいをあげなくてはいけなかったのはツラかったです。それ以来、和食中心の食事を心がけています」(5歳女の子・7カ月男の子のママ)

思わずやってしまいがちな失敗談。「私も同じことがあった!」という人もいるかもしれませんね。


■かわいくておしゃれ!授乳しやすい便利な授乳服

ママの体験談の中にもありましたが、授乳中は洋服選びも大事なポイントです。できるだけ、授乳しやすい洋服を選ぶようにしましょう。
ママのために作られた授乳服は、授乳しやすい工夫がいっぱい。最近ではおしゃれなものもたくさん登場していますよ。

・一見授乳服に見えない!おしゃれな授乳服

出典:妊娠中もおしゃれを楽しめる「コムサ・ブロンドオフ」のマタニティ服♪

こちらはIラインが美しいリブニットワンピ。とってもかわいい服ですが、実は両脇のリブのところにファスナーで開けられる授乳口がついているんです。
ワイドリブ素材で、動きやすさも抜群。赤ちゃんのお世話もしやすいですよ。

出典:妊娠中もおしゃれを楽しめる「コムサ・ブロンドオフ」のマタニティ服♪

こちらのノルディック柄のニットの両脇にも授乳口がついています。目立たないようにファスナーがつけられているので、授乳が終わっても長く着ることができますよ。

授乳服を用意しなくても授乳しやすいデザインの洋服を活用すれば、スムーズに授乳ができますよ。例えば、前開きのシャツやブラウス、カシュクールデザインなど、サッと授乳できるようなデザインの洋服を選んでみましょう。

・夜中の授乳に備えて!パシャマも授乳しやすいものを

出典:ママの心をわしづかみ!『GU』パジャマ、売れてます!@ yukarijoy さん

特に低月齢のうちは、夜中に授乳する機会も多くなります。赤ちゃんにすぐにおっぱいをあげられるように授乳しやすいパジャマを着ることをおすすめします。
マタニティー用のパジャマの多くは、産後の授乳にも使えるようなデザインを取り入れたものが多いので、妊娠中に用意したパジャマをそのまま使ってもいいでしょう。

出典:ママの心をわしづかみ!『GU』パジャマ、売れてます!@n2m.y さん

前開きタイプのパジャマを活用するのもひとつの方法。プチプラブランドにもおしゃれなパジャマがたくさんあるので、上手に使ってみてくださいね。


■赤ちゃんにおっぱいをあげるのはいつまで?

最後に、授乳ママたちの悩みのひとつ、“いつまでおっぱいをあげるの?”という疑問にお答えします。

出典:photoAC

・1歳を境に断乳を考えるママが多いよう!

出典:mamagirl2018春号

「1日3食のごはんをしっかり食べるようになったので、1歳を機に断乳することにしました」「職場復帰、保育園入園に備えて1歳になる少し前に断乳しました」など、1歳を境に断乳するママが多いようです。
おばあちゃん世代は“1歳になったら断乳”という考えが一般的だったので、「母に断乳を勧められておっぱいをやめました」というママもいました。

・なかなかやめられない!おっぱいは1歳になったらやめきゃいけないの?

出典:photoAC

断乳の時期は赤ちゃんの様子やママの考え方に合わせてOK。最近では、ママ自身がおっぱいをやめる時期を決める断乳よりも、赤ちゃんが自然に飲まなくなるまでおっぱいをあげる卒乳を選ぶママも増えてきました。
「息子が2歳半のとき、突然自分からおっぱいをやめました」というママも。「周りの子がみんな1歳で断乳している!」と焦らず、ママと赤ちゃんにぴったりなタイミングを探してみてくださいね。


■授乳期間は今だけ!あなたらしく楽しんでみて♡

授乳はママと赤ちゃんにとって幸せな時間♡ときには悩んだり、トラブルが起こったりすることもありますが、限られた授乳期間をできるだけ楽しく過ごせたら良いですね。

tamago

アパレル→歯科衛生士に転身した3児のママです。ワーママ歴は10年以上!家事の時短テクや簡単レシピを取り入れながら、仕事と子育てを楽しんでいます♪音楽・ファッション・インテリアにも興味津々♡中古マンションを自分好みにリノベして、武骨で男前なインテリア空間で暮らしています。

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!