出典:筆者撮影

Lifestyle

カルディのグリーンカレーは本格的な味!アレンジでレシピの幅も広がる♡

タイカレーのおいしさがじわじわと浸透し、今や一般的なメニューになりつつあります。タイカレーの種類のひとつであるグリーンカレーが好きという人も多いはず。しかし、自宅では再現するのが難しそう!なんて思っていませんか?人気ショップ「KALDI COFFEE FARM(カルディコーヒーファーム)」で購入できるアイテムなら自宅でも本格的なグリーンカレーを作ることができます。

カルディに行けば家庭の献立にグリーンカレーを取り入れることも可能!カルディのグリーンカレーについて、口コミなどで人気の商品などを大調査してみました。


 

■カルディのロイタイグリーンカレースープは本格的な味

カルディの人気グリーンカレースープについて見ていきましょう。
 

・ロイタイのグリーンカレースープは人気

出典:筆者撮影

カルディで1番人気なのは本場タイでも定番である『Roi Thai Green Curry Soup(ロイタイ グリーンカレースープ)」。
250ml入っており、1パックでおよそ2人分となっています。
ひとつ198円(税込)というリーズナブルなお値段も人気の理由。
具材をたくさん入れれば4人分のボリュームにすることもでき、お好きなアレンジで楽しむことができます。

 

・グリーンカレーは糖質オフでヘルシー志向が高い

出典:photoAC ※写真はイメージです

ロイタイのグリーンカレースープは1袋362.5kcal(2人分)と、一般的なレトルトカレー(1食分約180kcal)とカロリーの差はあまりありませんが、ヘルシーな理由があります。
それは、グリーンカレーは糖質オフができるメニューだから。

グリーンカレーはルウに小麦粉が使われていないため低糖質なので、ダイエット中や糖質制限中でもあまり気をつかわず食べることができますよ。また、野菜やお肉などの具材をプラスすることで栄養バランスも良くなるメニューであり、スパイスの効果などで発汗作用も期待できるため、ダイエット向けのメニューといえます。

 

・シリーズの中で一番辛いのがグリーンカレースープ!

ロイタイのレトルトカレーは全部で4種類。グリーンカレースープの他に、「レッドカレースープ」「イエローカレースープ」「マサマンカレースープ」があります。 その中で一番辛いのが、今回紹介するグリーンカレースープ。
唐辛子やレモングラス、ニンニクにコリアンダーシードといったたくさんの香辛料が使用されており、辛いだけでなく繊細なうま味があるのが魅力です。

 

・辛いのが苦手ならココナッツミルクをプラス

出典:筆者撮影

グリーンカレースープの味は好きだけど、やっぱり辛いのは苦手!そんな人もいるでしょう。
辛い味は苦手なら 、カルディでグリーンカレースープといっしょにココナッツミルクを購入してみてはいかがでしょうか。

 

出典:筆者撮影

ロイタイのグリーンカレースープにもココナッツミルクは入っていますが、割合を増やすことで甘味が増し、グッと食べやすくなるでしょう。

 

・ナスやかぼちゃ・エビと相性抜群♡

出典:photoAC

ロイタイのグリーンカレースープに入っているのはスープのみ。お好きな具材と煮込んでいただくのが定番です。
油分の多いカレーと相性抜群なのがナス。味が染みこみ、よりおいしく味わうことができます。ナスを入れるなら定番の鶏肉ではなく牛ひき肉にするのもいいでしょう。
甘さをプラスしたいならかぼちゃがおすすめ。マイルドな味わいになるでしょう。
また、ロイタイのグリーンカレースープにはエビペーストが使用されているため、エビを具材にするのもおすすめです。味にグッと深みが加わり、より本格的な味わいになるはずです。

 

■ロイタイ以外のグリーンカレーは?

出典:pixabay ※写真はイメージです

カルディで購入できるロイタイ以外のグリーンカレーをご紹介します。

・KINDEEの万能グリーンカレーパウダー

『KINDEE(キンディ)』の「Green Curry(万能グリーンカレーパウダー)」は1袋で2食分のグリーンカレーを作ることができます。
万能グリーンカレーパウダーとお好みの具材があれば、他の調味料がなくても問題なし!
グリーンカレーを作るのはもちろん、揚げ物にまぶしたり濃いめに溶いてつけ麺のたれとして使用したりと、アレンジしやすいのも大きな魅力です。

 

・スータイのタイグリーンカレーチキン

『Soot Thai(スータイ)』の「Green Curry(タイグリーンカレーチキン)」は、新鮮な唐辛子やココナッツミルクなどをベースに、コクのあるスープに仕上げたグリーンカレー。本格的な辛さとサラサラとした食感が特徴です。中にチキンがたっぷり入っているので、そのまま食べてもアレンジしてもおいしいですよ。

 

・メープロイのグリーンカレーペースト

出典:筆者撮影

『MAE PLOY(メープロイ)』の「Green Curry Paste(グリーンカレーペースト)」はペースト状になっているもの。ペーストを炒めてココナッツミルクで伸ばし、グリーンカレーを作ります。コクのあるグリーンカレーを作ることができる人気商品です。
メープロイのグリーンカレーペーストとナンプラー、ココナッツミルクをいっしょに購入すれば準備OKです。もっとこだわるならタイ米を購入するのもいいでしょう。


 

・クラシックタイのグリーンカレーペースト

『classic THAI(クラシックタイ)』の「GREEN CURRY PASTE(グリーンカレーペースト)」はタイ現地でも愛用されているグリーンカレーの素です。ルウのみが入っているので、好みの具材を加えることでオリジナルグリーンカレーが完成します。ペースト状で辛さの調節がしやすく、どんなレシピにも使いやすい商品です。


 

・ワンディッシュアジアのタイグリーンカレーセット

『One Dish Asia(ワンディッシュアジア)』の「Thai Green Curry Set(タイグリーンカレーセット)」は、2~3人分のグリーンカレーが簡単に作れる食材セットです。カレーペーストやエスニック料理に欠かせないナンプラー、味をまろかやにしてくれるココナッツミルクパウダーなどが同梱されています。野菜を準備して、20分煮込めばOK!本格的なグリーンカレーが手軽に作れますよ。

 

出典:筆者撮影

■ロイタイのグリーンカレースープを使ったおすすめアレンジレシピ

ロイタイのグリーンカレースープで作るアレンジをご紹介します。
 

・キノコをプラスしたキノコグリーンカレー

出典:photoAC

どんな具材でもおいしく作ることができるのがグリーンカレースープの魅力です。
ダイエット中の人におすすめしたいのは、低カロリーなきのこをたっぷり使用したグリーンカレースープ。

まいたけやえのき、しめじなどの石づきを取り、肉といっしょに炒めます。
グリーンカレースープを入れて煮込んだら完成です。

たくさんのきのこを加えることで、かさ増し効果を狙いましょう。満腹感を得られ、全体的な摂取カロリーを抑えることができます。 きのこには食物繊維がたっぷりなので、 お通じを良くする効果も期待できるかもしれませんね。

 

・野菜たっぷりグリーンカレースープ

出典:photoAC ※写真はイメージです

野菜をたくさん食べることができるのもグリーンカレースープのメリットです。
最近野菜を食べていないかも?そんなときは野菜をたっぷり使用したグリーンカレースープを作りましょう。なすや玉ねぎ、パプリカなどのほか、ホクホクのじゃがいもや食感の良いたけのこなどもおすすめ。

野菜を炒めてからグリーンカレースープを加えます。
野菜が苦手という人でも、カレーに入れるとたくさん食べられるはず。家にあるあまり野菜を活用し、冷蔵庫整理するのもおすすめです。


 

・グリーンカレーうどん

ロイタイのグリーンカレースープに合わせるのはごはんだけではありません。麺との組み合わせもおすすめです。

作ったグリーンカレースープを水と麺つゆを加えて伸ばし、片栗粉でとろみをつけうどんのつゆにします。
ここにうどんを入れ、煮込めば完成!

グリーンカレースープが余ったらぜひ作ってみてください。

 

・サッパリとした味わいのつけ麺

あたたかいうどんに合うだけでなく、実は冷たい麺にもピッタリ!ひやむぎやそうめんを使って、グリーンカレースープのつけ麺を作るのもおすすめです。

麺を茹でて冷水でしめ、温かいカレーをつけだれにしてめしあがれ♡
エスニック×和風の味わいが新しいメニューです。


 

・肉と野菜で炒め物もアリ

普段の肉野菜炒めの味つけをグリーンカレーに変えてみませんか?野菜はなすや玉ねぎなどの野菜、肉は鶏もも肉などがピッタリ。

具材を炒め、最後にグリーンカレースープを入れましょう。
液体よりもペースト状だともっと使いやすいですよ。その場合は、グリーンカレースープを煮つめてペースト状に近づけてから肉野菜炒めに加えてくださいね。


 

■カルディのグリーンカレーをお家で楽しもう!

ロイタイをはじめとするカルディで購入できるグリーンカレー商品なら、思ったよりも簡単にお家でグリーンカレーを楽しむことができるはず。
本格的な味わいをお家で楽しんだり、グリーンカレーの味わいをそのままに、いろいろなメニューにアレンジしたりするのもおすすめです。カルディの絶品グリーンカレー、ぜひ堪能してみてください。

ぐっち

小学生2人のママ。名古屋出身、文鳥に毎日愛をささげています!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!