出典:@rarara161208さん

Lifestyle

コストコのステーキはボリューム満点☆おいしい焼き方も紹介!

一般的なスーパーではなかなか見られない、大きな“アメリカンサイズ”の製品が人気を集めるコストコ。実は、肉製品のラインナップが充実していることでも知られています。特にアメリカやオーストラリア産の牛肉は、肉質がよくボリューム満点で、値段も手ごろ♡
今回はコストコで人気のステーキ肉と、その上手な焼き方を紹介します!

まずは、コストコの人気ステーキをチェックしていきましょう。

■コストコで人気のおすすめステーキ7選!

リピ買いしている人も多い、コストコのステーキ肉。人気の製品を7つ紹介します!(※価格は時期によって変動します)

・希少部位ミスジを贅沢に味わえる!USAビーフ トップブレードステーキ

出典:@ 33ayumif さん

牛の肩甲骨の下側にある部位で、1頭から2~3kg程度しかとれない「ミスジ」(=トップブレード)のステーキ肉。やわらかくジューシーで、肉の旨みをたっぷり味わえると好評。肉質のランクは「チョイス」に相当します。価格は100g/238円(税込)前後です。

・ボリューム満点!USAビーフ チョイス ミスジ ステーキ

出典:@ tommmmmomo さん

こちらも、希少部位のミスジがたっぷり詰まった商品です。赤身メインの肉ですが、やわらかく塩コショウを振って焼くだけで絶品ステーキに仕上がります。購入されたものは価格が100g/248円(税込)前後で6枚入りとボリューム満点。冷凍ストックしていつでも使えるようにしておくと便利ですね。

・コスパ最強!US チョイスビーフ肩ロースステーキ

出典:@ tommmmmomo さん

ロースやミスジなどと比べ硬い肩ロースは、噛み応えのある肉が好きな人におすすめの肉です。コストコの「US チョイスビーフ肩ロースステーキ」は、100g/179円(税込)前後とコスパ最強で、2019年も変わらず人気の商品です。
赤身メインで脂身が少ないため、肉本来の旨味をダイレクトに感じられます。スジ切りされている商品ですが、焼いたときの反り返りを防止したなら追加で処理しておくといいですよ!

・圧倒的ボリューム感 USプライムビーフ肩ロース焼肉

出典:photoAC ※写真はイメージです。

数あるコストコのステーキ肉の中でも、圧倒的なボリュームで人気のアメリカ産肩ロース肉です。アメリカ産牛肉は、米国農水省が定めたシステムで格づけされていますが、この製品は最高ランクの「プライム」に分類される高級品!
赤身肉ならではの風味や柔らかさ、ジューシーさが際立ちます。価格は100g/248円(税込)前後と大変リーズナブル!筋切り処理がしてあるのもうれしいですね。

・かたまり肉を豪快に グレインフェッドビーフランプキャップ

出典:photoAC ※写真はイメージです。

オーストラリア産アンガス牛のブロック肉です。「ランプキャップ」は、腰~お尻にあたる部位の肉で、柔らかくきめ細かい肉質。グレインフェッド(穀物飼料)で育った牛なので、適度にサシが入り、しっかりした旨みが感じられます。価格は100g/188円(税込)前後です。

・アメリカビーフのトップグレード!USA プライムビーフ リブロースステーキ

出典:photoAC ※写真はイメージです。

アメリカンビーフの最高級グレード「プライム」のリブロースステーキ肉。100g/899円(税込)前後と他のステーキ肉に比べ値段が張りますが、しっかりとした肉の旨味を感じられます。厚み約2cmと肉厚のリブステーキなので、食べ応えも抜群。強火で表面をサッと焼くレアがおすすめの焼き方です。
誕生日のお祝いや自分へのご褒美として、特別な日に食べたいですね。

・自宅で手軽にジビエ料理を!チルドラムTボーンステーキ

出典:@ tommmmmomo さん

こちらは、やわらかくジューシーなラムのTボーンステーキ。フランス料理ではメインで登場するラム肉ですが、コストコでは100g/258円(税込)前後で購入できます。
コストコのラム肉は、臭みが少なく食べやすいとブログで紹介されるほど人気。ジビエ初心者の人は、まずはこちらのTボーンステーキを試してみてはいかがでしょうか。

2019年には、アメリカン産の異なる焼肉用の肉がセットになったファミリーパックが登場。いろいろな部位を一度に食べ比べたい人は、こちらを選んでも◎

■ステーキを焼く前の下ごしらえ方法

コストコでステーキ肉を購入したら、家庭でおいしく焼き上げましょう!上手に焼くためには、下ごしらえが大切。ここでひと手間かけることで、ジューシーでおいしいステーキに仕上がりますよ。

・調理する前に冷蔵庫から出して常温に戻す

出典:photoAC ※画像はイメージです。

肉が冷たすぎると火の通りが悪くなるので、焼く30分くらい前に冷蔵庫から出して常温に戻します。目安としては、表面に数秒間手を置いてみて、冷たくなかったらOK。冷凍肉の場合は、半日以上前に冷蔵庫に戻してゆっくり解凍しましょう。

・カット、筋切りをする

出典:photoAC ※画像はイメージです。

ブロック肉の場合は、食べやすい大きさにカットします。また、脂肪(白い部分)と赤身の間にある筋に包丁を入れて筋切りをし、表面に格子状に切れ込みを入れておきます。

■ステーキのおいしい焼き方 フライパン編

それでは、早速ステーキを焼いていきましょう!ここでは、厚さ3cmくらいのステーキ肉を想定した焼き方を紹介します。使うのは、一般的なテフロン加工のフライパンです。

・焼く直前に塩・こしょうを振る

出典:photoAC 

肉の両面にまんべんなく振りましょう。こしょうは挽きたてのブラックペッパーがおすすめですよ。

・フライパンで焼き色をつける

出典:photoAC ※画像はイメージです。

フライパンで牛脂(またはサラダ油)を中火で熱し、ステーキを入れて焼き色をつけます。厚みにもよりますが、1分前後を目安に。

・裏返してふたをする

出典:筆者撮影

片面に焼き色がついたら裏返し、ふたをして中火で加熱します。レアで味わいたいなら1分、ミディアムなら2~3分を目安に。焼く時間は肉の厚みに応じて調整してください。

・アルミホイルで保温する

出典:photoAC

焼き上がったらアルミホイルでぴったり包み、温かい皿の上か、フライパンに戻して保温します。そのまま10~15分くらいおいて余熱で火を通しましょう。

■ステーキのおいしい焼き方 オーブン編

出典:photoAC

家庭にオーブンがある場合は、仕上げに使ってみましょう。以下のような手順で、フライパンとオーブンの二段階で焼くことで、ステーキがよりジューシーになりますよ。

1. 焼き始める前に、オーブンを150~160度に予熱する。
2. フライパンで焼き色をつけたら耐熱皿に移す(そのとき熱が直接肉に伝わらないように、野菜くずや金網の上にのせるのがポイント)。
3. オーブンで 10~15分程度焼いて取り出し、アルミホイルで包んで10~15分程度保温する。

■ステーキの調味料、何を使う?

ステーキのおいしさを引き立ててくれる調味料の豆知識を紹介します。

・塩とこしょうが基本!

出典:photoAC

ステーキを焼くときの調味料は、素材の風味を生かすため、塩とこしょうのみが一般的です。こしょうは、辛みと香りが強いブラックペッパーがおすすめ!好みに合わせて、ガーリックパウダーやタイムなどのスパイスを、アクセントとして使うのもおすすめですよ。

・ステーキソースは手作りしても♡

出典:photoAC ※画像はイメージです。

市販のステーキソースも便利でおいしいのですが、ステーキを焼いたついでに手作りしてみませんか?
フライパンに残った肉汁に、すりおろしタマネギ(1/4個分)、しょうゆ(大さじ2~3)、酒または赤ワイン(大さじ2~3)、みりん(大さじ1)、砂糖(大さじ1)、顆粒スープの素(小さじ1)、水(大さじ1)を加えて煮立たせます。味が濃いようなら水を足してくださいね。

■コストコのステーキを使ったアレンジレシピ

焼くだけでもおいしいコストコステーキですが、ひと手間加えるとより一層おいしく変身させられます!ここからは、コストコステーキを使ったアレンジレシピを紹介します。

・シンプルだからこそおいしい!豪快ステーキ丼

出典:@ ohshi31さん

ボリュームたっぷりのコストコステーキなら、こんなに豪華なステーキ丼を家庭で味わえます!旨みが凝縮した肉汁が染み込んだ白ご飯は、ご飯だけでも笑みがこぼれるほどおいしい♡フライドガーリックや白髪ねぎを乗せれば見た目も華やかに仕上がりますよ。
わさび醤油ソースで和風にしたり、ラー油入りのピリ辛ソースで韓国風にしたりと、アレンジして楽しんでも◎

・やわらかほろほろ♡ミスジ肉の赤ワイン煮込み

出典:photoAC ※写真はイメージです。

焼いて食べてももちろんおいしいミスジは、どんな調理法でもやわらかくなりやすいので、煮込み料理に使うのもおすすめです。
塩コショウを振り小麦粉をまぶした肉をオリーブオイル・にんにくといっしょに炒めます。牛肉を取り出したあと、玉ねぎを軽く炒め火が通ったら肉を戻してワインや水・塩(ブーケガルニ)を加えて煮込めば完成です。
高級レストランで味わうようなおしゃれな赤ワイン煮込みを、自宅で簡単に作れちゃいますよ。

■コストコのステーキの冷凍方法

出典:photoAC

コストコステーキは冷凍して保存しておくことができます。カットされたものなら一枚ずつラップに包んで、冷凍ムラができないようにしておきましょう。使うときは、前述した通り常温に戻してから焼いてくださいね。
コストコには、食材を真空パック保存できる「グラッド プレスンシール」というラップも売られています。真空パック保存しておけば、酸化や乾燥から肉を守ることができるので、鮮度をキープしたまま長期保存したいなら、コストコの肉と合わせて買っておくといいですね!

■もっと気軽に、コストコのステーキを味わおう☆

コストコで購入できるおすすめのステーキと、上手な焼き方を紹介しました。良質のステーキ肉がリーズナブルに購入できるのが、コストコのいいところ♡特別な日だけでなく、普段のメニューにも気軽に取り入れてみてくださいね。

erimu

もうすぐ3歳の男の子のママ。プチプラでかわいい雑貨、洋服、インテリアが好きで集めています。
おいしいものを食べたり、旅行に行ったりするのが趣味♡
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!