Facebook Twitter Instagram

Baby&Kids

育児に大活躍のお父さんは、まさにパーフェクトヒューマン!

vol.971【1日1成長お母さん】お父さんだから教えられることをどんどん教えてもらおう

イクメンになるより父親であってほしい。お父さんにしか伝えられないこと

イクメンという言葉が流行っています。周りを見ても一昔前に比べて積極的に育児参加をするお父さんの数はグンと増えていますね。ミルクをあげたりオムツを替えたりと、大活躍のお父さんも多いことでしょう。
実は子育てにおいては、父親と母親で果たす役割が大きく違うと言われています。子どもにとってお母さんは“守ってくれる存在”ですが、お父さんは“生まれて初めて見る完全な存在”なのだそうです。せっかくならお父さんにしかできないことをしてもらいましょう。

遊びも本気。お父さんの思い切り楽しむ姿勢が子どもに社会性を教える

幼稚園の日曜参観日。ドッジボールで思い切り体を動かして遊びます。Mちゃんのお母さんはあることに気づきました。
お母さんたちはみんなわざとボールに当たったり優しいボールを投げたりして子どもたちに花を持たせているのに対して、お父さんたちはみんな子どもが投げるボールはしっかりキャッチし、痛くない程度に子どもに当てるのです。
最後はしっかりお父さんチームが優勝しました。子ども相手でもお父さんはわざと負けたりはしないのです。

お母さんは優しさを、お父さんは諦めない心を子どもに示す手本です

このように父親と母親では、子どもに接する際の態度が大きく異なります。
子どもはお母さんから情緒や振る舞いといった人間性を学びますが、お父さんからは勝ち負けの経験や結果を出すというような社会性を学ぶのです。
子どもにしっかり勝ってみせることで、お父さんは子どもに、最後までやり抜くことや諦めない心、チームプレイの大切さまで教えてくれているのです。

ダイナミックな遊びで心身がたくましくなる。お母さんと異なる視点を大切に

お父さんはお母さんとは異なる視点で子どもと接してくれる大切な存在です。ダイナミックに体を動かす遊びができるのもお父さんならでは。子どもの運動能力もグンと伸びることでしょう。
ぜひお父さんには、子どもとたくさん外で遊んでもらいましょう。お父さんが積極的に関わるほどに、子どもの社会性がぐんぐん育ちます。
冒険したりチャレンジしたり、お父さんとたくさん遊んで心身ともにたくましい子に育てましょう。

今日の1日1成長

お母さんとは違うお父さんならではの視点を大事にして子どもをまかせよう
子どもの挑戦力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
むらたますみ(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp