Facebook Twitter Instagram

出典:photoAC

Baby&Kids

赤ちゃん服の洗濯はどうしてる?デリケートな肌にやさしい方法をご紹介

生まれたばかりの赤ちゃんの肌はとてもデリケート。
肌に直接ふれるベビー服、「どうやって洗えばいいの?」「大人の服と分けて洗濯したほうがいいの?」
「いつからいっしょに洗っていいの?」「どんな洗剤を使えばいいの?」など、初めてのママには分からないことだらけ。
そこで、ベビー服の洗濯方法やおすすめの洗剤など、ママの疑問を解決します!

■赤ちゃんと大人の服はいっしょに洗濯していいの?

出典:photoAC

大人の新品の服には「ホルムアルデヒド」が含まれているため、大人の服といっしょに洗うと、その「ホルムアルデヒド」が水に溶けだし、ベビー服へ移ってしまいます。
肌が弱い新生児のうちは、皮膚炎やアレルギー反応を引き起こす心配もあるので、付着を防ぐためにも分けて洗うのが鉄則!

■大人用と分けて洗濯するのはいつまで?いつからいっしょに洗濯していい?

出典:photoAC

だいたい1歳前後くらいまでは、赤ちゃんの肌はまだまだ刺激に弱く敏感なので、大人用と分けて洗濯するのが良いでしょう。
いつ頃まで分けないといけない!という基準はありませんが、赤ちゃんによって、敏感肌の子もいれば、そうじゃない子もいます。ママの判断で、赤ちゃんの肌の様子を見ながら、大人の衣類といっしょに洗濯するタイミングを見極めていくと良いでしょう。

■赤ちゃんの肌にやさしい洗剤ってあるの?洗剤を選ぶときのポイントは?

出典:photoAC

多くの洗濯用洗剤には洗浄力が高い「合成界面活性剤」が含まれています。
赤ちゃんには刺激が強く、肌の湿疹や炎症を引き起こす場合があるので、大人といっしょの洗剤を使用するのは、特に注意が必要です。
刺激の少ない洗剤選びのポイントとして、「蛍光剤」「漂白剤」「着色料」「香料」などが含まれていない、無添加のものを選ぶと安心ですよ。

■大人用といっしょに洗濯するときに気をつけることは?

最初のうちは、赤ちゃん用の洗剤で洗ってあげましょう。いきなり強い成分が含まれた洗剤、柔軟剤、漂白剤を使うのは、やはり肌が敏感な赤ちゃんには刺激が強すぎます。
また、生地に洗剤が残ると肌トラブルの原因になるので、すすぎは念入りにしたほうが良いでしょう。
大人の衣類の汚れがひどいときは、赤ちゃんの服に汚れ移りするので、そういうときは別々で洗濯してあげてくださいね。

■衣類を分けて洗濯するときに気をつけることは?

出典:mamagirl2019冬号

ミルクや母乳の吐き戻し、ウンチもれ…ありますよね。
汚れがついてしまったときは、バケツなどで一旦つけ置きで下洗いをし、ある程度汚れが落ちていれば、いっしょに洗濯機で洗っても大丈夫。
また感染症にかかった嘔吐物が付着している場合は、水でよく洗い流した後、薄めた漂白剤に数分浸し、他の洗濯物とは分けて洗ってください。

■手洗いしたほうがいい服はあるの?乾燥機は使ってもいい?

出典:mamagirl2018秋号

赤ちゃんのおしゃれ服も、洗い方に気をつければ洗濯機を使用しても大丈夫!乾燥機は上手く使って時短しよう!

・赤ちゃん用のおしゃれ着洗い、どうしたらいいの?


出産祝いでもらう素敵なベビー服、型崩れや色落ちしないか心配ですよね。
そういうときは他の衣類とは分けて手洗い、もしくは、洗濯機を使う場合は、「ドライコース」などモードを切り替えて、やさしく洗えば大丈夫。
おしゃれ着用洗剤「エマール」を使えば大切なベビー服もきれいな状態をキープできますよ!

出典:photoAC

・なかなか乾かない梅雨の時期、洗濯乾燥機は使っていいの?


赤ちゃんの服に使われる綿やガーゼは熱に弱く、乾燥機にかけると、繊維が縮んでごわついてしまいます。
ですが、梅雨の時期は、なかなか洗濯物が乾かなくて困りますよね。
そういうときは、乾いたバスタオルを1枚いっしょに乾燥機に入れ、低熱風で短時間乾燥した後、部屋干しすれば、早く乾くし、服も縮みにくいですよ。

■お風呂の残り湯は、赤ちゃん用の洗濯に使っていいの?

出典:mamagirl2019冬号

赤ちゃんひとり増えるだけで、洗濯の頻度って上がりますよね。
そうすると、毎回の洗濯で使用する水道代も実は気になるところ。普段からお風呂の残り湯を使って節約しているご家庭も多いはず。
ただ、残り湯には雑菌がたくさんいるので、赤ちゃんの衣類に付着してしまい、汚れやニオイの原因になることも!
できれば、すすぎだけは水道水を使って洗ったほうが良さそうです。

■生まれたての赤ちゃんにおすすめの洗剤

出典:photoAC ※写真はイメージです。

赤ちゃんにもママにもやさしい洗剤をご紹介。

・アリエールの無添加さらさ

出典:mamagirl2019冬号

蛍光剤、漂白剤、着色料無添加。高活性オーガニック酵素の働きで真っ白に洗い上げます。しかもやわらかく仕上がり、やさしい肌当たり。
皮膚科医の監修のもと、肌テスト済みなのも安心できますね。
私も先輩ママにすすめられ、「さらさ」を使っていますが、汚れもきちんと落ちて、きれいな仕上がりに大満足です!

・無添加石鹸アラウ.ベビー


安心の無添加・植物性で柔軟剤なしでもふっくら、やわらかな仕上がり。植物エキス「アロエエキス」配合で、手洗いするママの手肌もいたわってくれます。
また、洗濯用せっけん専用の「アラウ.ベビー洗濯用なめらか仕上げ剤」をいっしょに使うことで、黄ばみや変色、ニオイの原因を、クエン酸の力で取り除いて防いでくれるんです。

■赤ちゃんの肌を守れるのは、私たちママだけ

出典:photoAC

肌トラブルが起こるとママは心配。低月齢のうちは、肌に刺激の少ない洗剤を選び、大人用とは分けて洗濯し、菌や汚れの付着がないよう清潔に洗ってあげましょう。
大人用といっしょに洗い始めるときは、赤ちゃんの肌に変化がないか、よくみてあげることが大切。
見落としがちですが、洗濯機の洗濯槽の掃除もこまめに行いましょう。放っておくと、雑菌や黒カビの原因になります。カビないよう月1回は槽洗浄することを忘れずに!
ママのやさしさで、赤ちゃんのデリケートな肌を守っていきましょう!

JUKON

2018年娘を出産。初めての育児に毎日奮闘中。旅行が好きで、事前に計画を綿密に練るのが何より好き!

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp