Facebook Twitter Instagram

出典:赤ちゃんのおくるみはガーゼ素材が人気♡おくるみ丸ごと大調査!

Baby&Kids

おくるみって夏も使えるの?おくるみのおすすめをチェック!

赤ちゃんが生まれると、出産祝いでいただくこともあるおくるみ。しかし、どんなふうに使ったらいいのかわからない人も多いものですよね。またおくるみって必要?と思う人もいるはず。しかし、おくるみを上手に使えば、赤ちゃんをぐっすり眠らせてあげることができます。
今回はおくるみの基本的な使い方や、人気のおくるみをご紹介しましょう。

■おくるみとはどういうもの?基本の巻き方ってどうすればいいの?

出産祝いでいただくことも多いおくるみですが、基本的に首がすわるまでくらいしか使うことがないため、使い方や効果がわからないという人もいるのでは?おくるみの使い方や効果について簡単に説明しますね。

・おくるみって何?どんなときに使うの?

出典:おくるみ(アフガン)は乳児期の万能アイテム!用途や選び方は?

おくるみは一般的に正方形や赤ちゃんの形に合わせた形をしており、一枚の布からできています。肌着や洋服の上から赤ちゃんを包むようにするのが基本的な使い方です。
赤ちゃんは、おなかの中にいたときは、お母さんの子宮に包まれて手足をぎゅっと閉じています。
しかし、生まれたあとは手足が自由に動くため、生まれたばかりの赤ちゃんは不安に感じてしまうのです。赤ちゃんをおくるみで包んで手足を固定してあげると、子宮の中にいたころと同じ状態になるので赤ちゃんは落ち着きます。
使う期間は、生まれてすぐから首がすわる頃まで。首がすわるころには逆に体を自由に動かしたくなるので、おくるみは卒業です。

・おくるみの基本的な巻き方をチェック


おくるみには3パターンの巻き方があり、用途にあわせて使い分けるのがおすすめです。今回は正方形のおくるみを使った巻き方でご紹介しましょう。

<基本の巻き方>

出典:photoAC

正方形のおくるみを真ん中あたりで半分に折り、三角形にします。底辺にあたる部分を上にして赤ちゃんを置き、赤ちゃんの右側の布を左の脇の下に差し込みます。次に、赤ちゃんの足元の布を、足がM字になるようにしながら胸元に差し込みます。最後に残った布で赤ちゃんの体を巻けば完成です。おなかの中を再現することがポイントなので、あまりゆるすぎないように巻くことがコツです。

<安眠効果が高いおひな巻き>

出典:@ marutto___さん

おひな巻きをするには、正方形ではなく長方形のおくるみを使いましょう。
まず赤ちゃんに対し横向きにおくるみを広げ、赤ちゃんの顏が出るように寝かせます。次に赤ちゃんの右手側の布を左側の胴体の下に差し込みます。反対側も同様に包みます。
そのあと、赤ちゃんの足がM字になるように気をつけながら、右下側の布を左肩の上に持っていきます。反対側も同じようにし、首の後ろ側に差し込みます。
基本的な巻き方よりもしっかり包み込めるため赤ちゃんの安心感も高く、ぐっすり眠れる包み方です。

<下半身だけ包む半ぐるみ>

出典:@ meromoyoさん

生後1~2カ月ごろになると、赤ちゃんは手足をさかんに動かすようになります。また自分の手を見つめたり、げんこつしゃぶりを始めるのもこのころ。新生児の時期を過ぎ、手足を動かすようになったら下半身だけ包む半ぐるみがおすすめです。
やり方は、広げたおくるみに赤ちゃんを寝かせ、足元の布を赤ちゃんの胸元に持っていきます。
次に、赤ちゃんの右側の布を脇の下を通して左側の胴の下に差し込みます。反対側も同じようにすれば半ぐるみの完成です。

・おくるみ素材と夏のおすすめ

出典:photoAC

おくるみには季節に応じたさまざまな素材があります。今回はおくるみに使われている主な素材と、夏向きの素材をご紹介しましょう。

<軽くてあたたかいキルティング>

出典:筆者撮影

2枚の薄い布の間に綿が入っているキルティング素材は、軽くてあたたかいのが特徴。肌寒い季節や、赤ちゃんの体温調節に向いています。

<優しい肌触りの4重ガーゼ>

薄く軽く、通気性抜群のガーゼを4枚重ねて作る厚手の4重ガーゼは保温性のほか、通気性も抜群です。暑い季節はもちろん、一年を通して使えるので、何枚あっても重宝します。

<吸水性が高いパイル地>

出典:おくるみ(アフガン)は乳児期の万能アイテム!用途や選び方は?

タオルと同じパイル地は、汗っかきの赤ちゃんにぴったりの素材。水分を素早く吸収してくれるので、バスタオルとしても使えます。

<肌に貼りつかないワッフル地>

出典:筆者撮影

ポコポコとした肌触りのワッフル地は、肌にふれる部分が少ないのが特徴。汗をかいても肌に貼りつかず、さわやかな使い心地です。

<生まれたての肌にやさしいコットン>

天然素材であるコットンは、生まれたての肌にもやさしい素材です。保温性も通気性も抜群なので、一年を通して使えます。扱いも簡単なので、手作りする場合の素材としてもおすすめです。

<夏は通気性の良いコットンやガーゼ素材がおすすめ>

赤ちゃんは汗っかきなので、夏のおくるみは通気性の良いコットンやガーゼ素材でできたものがおすすめです。

■おくるみはいつ使うの?おくるみを使うシーン

おくるみを使う場面にはどのようなものがあるのでしょうか?

・退院時に赤ちゃんをくるんであげよう

出典:photoAC

退院時はおくるみを使うベストタイミングといえます。まだ赤ちゃんはおなかの中にいたころのことを覚えていて、手足が自由に動くことに慣れていないからです。やさしく包んでいっしょにおうちに帰りましょう。

・お宮参りでもおくるみで安心感を与えてあげて

出典:photoAC

生後1カ月後に行うお宮参りもまた、おくるみが活躍する時期です。赤ちゃんにとって、初めて長時間外出する機会にもなるお宮参り。しっかり包んで、安心させてあげましょう。

・寝ているときにもおくるみは大活躍

新生児は、突然ビクッと手足を伸ばす動きをすることがあります。「モロー反射」といい、原始的な反射運動の一種で、寝ているときに物音がしたり光が当たったりといった刺激で起こる反応です。しかし、モロー反射が起きると目が覚めてしまいます。おくるみでしっかり包んであげると、モロー反射を予防できるので赤ちゃんの眠りを妨げずに済みます。

■夏のおくるみおススメ3選

夏にぴったりのおくるみをチョイスしました。

・カラフルな柄が特徴的なエイデンアンドアネイ

出典:赤ちゃんのおくるみはガーゼ素材が人気♡おくるみ丸ごと大調査!

『aden+anais(エイデンアンドアネイ)』はニューヨーク発のベビーグッズブランドで、英国王室や海外のセレブ御用達としても知られています。赤ちゃんに安心なコットン素材を使っていることはもちろん、特徴的なのは柄がスタイリッシュな上に豊富であること。赤ちゃんにぴったりのおくるみを見つけることができます。

・コスパも機能も抜群!西松屋のおくるみ

ベビー・キッズ用品を取り扱う『西松屋』のおくるみは、赤ちゃんのためにやさしい素材でおくるみを作っています。日本製でありながらお値段もお手頃なのがうれしいですね。

・モノクロがおしゃれなモダンバーラップ

出典:おくるみ(アフガン)は乳児期の万能アイテム!用途や選び方は?

モノトーンの柄がおしゃれな『Modern Burlap(モダンバーラップ)』は、インスタ映え抜群。カレンダータイプのおくるみは寝相アートやインテリアにも使えます。

■おくるみを使って育児を楽しもう

おくるみについてご紹介しました。生まれたばかりの赤ちゃんにとって、手足が自由に動くことは不安なものです。それを知らないと「おなかもすいていないし、おむつも濡れていないのに、なぜ泣くんだろう?」と不思議に思うことになるかもしれません。おくるみを使って赤ちゃんを安心させてあげましょう。

haduki

6歳と3歳のママです。おしゃれなインテリアが大好きです。よろしくお願いします♡

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp