出典:@ chikako1807さん

Baby&Kids

ポップアップカードの作り方!基本から応用、おすすめデザイン4選も

カードを開くと飾りやデコレーションが飛び出す「ポップアップカード」。誕生日やクリスマス、結婚祝いや出産祝いなどでもらってうれしく思った方も多いのでは?そんなイベントシーンに重宝するポップアップカード、手作りするのは難しそうなイメージがありますが、実は意外と簡単に作れるんです。そこで今回は、ポップアップカードの基本の作り方から素敵なアレンジまでたっぷりとご紹介します。

オリジナルのポップアップカードを作って、みんなを喜ばせましょう!

■まずはおさらい!ポップアップカードってどんなもの?

まずはポップアップカードの仕組みや作り方をご紹介します。

出典:photoAC

・ポップアップカードとはどんなアイテムのこと?

ポップアップカードとは、カードを開くと飾りやデコレーションが立体的に飛び出すカードのことを指します。
通常のカードをもらってもうれしいですが、楽しい仕掛けのあるポップアップカードはもらったうれしさに「楽しさ」や「わくわく感」をプラスしてくれる、大人も子供も大好きなアイテムです。
 

・基本的なポップアップカードの仕組みをチェック!

ポップアップカードは、以下のような仕掛けを施すことにより、カードを開いたときに立体的に見えるようになっています。

・二つ折りにした紙に切れ込みを入れ、切れ込みを入れた部分を90度に折って立ち上げる
・小さな長方形の紙でパーツを作り、土台となる紙に貼りつける
・土台にモチーフをV字型に貼りつける

基本的な仕組みは同じなので、子供でも簡単に作れます。作りたいデザインに合わせてアレンジしてみましょう。
ポップアップカードを作るための展開図や設計図作りが難しいという方は、ポップアップカード作りの本を参考にしたり、インターネットで型紙をダウンロードしたりすることもできますよ。

■マスターすればアレンジ自在!基本のポップカードの作り方

出典:@ chikako1807 さん

まずは、ポップアップカードの基本的な作り方をご紹介していきます。
<材料>
・長方形の画用紙2枚…お好みのサイズ、カラーを用意
・折り紙やシールなど装飾に使用したいもの
・のり
・はさみ

<作り方>
1.まずは用意した画用紙2枚を中央で半分に折ります。
2.装飾を施したいカラーの画用紙に、上の画像のように切り込みを入れる線と谷折りの線を書き込みましょう。切り込みと谷折りの線は裏側に書くと、仕上がりがきれいになります。
3.用紙を半分に折り、切り込み線をはさみでカットしてください。
4.切り込みを入れた内側の部分が立ち上がるように、谷折り線にそって折り目をつけます。
5.台紙となるもう1枚の画用紙に、先ほど切り込みを入れた画用紙をのりで張りつけましょう。このとき、中心で折った線がずれないように注意してくださいね。
6.仕上げに折り紙で作ったリボンや星のシールなど、好きな装飾を施せば完成です。

この作り方を参考に、立体的に立ち上げた部分に好きなモチーフを貼りつければ、さまざまなポップアップカードが作れます。台紙をカットせず、小さな長方形を立体的に貼りつけてもOKです。
海をモチーフにして暑中見舞いのカードにしたり、干支をかたどって年賀状にしたりと、工夫次第で幅広いシーンで活用できるポップアップカードが作れますよ。

・貼りつけるだけで完成するポップアップカードもあるんです!

出典:@nonoshop719 さん

こちらは切り込みを入れないタイプのポップアップカードです。作り方はいたってシンプルなので、ぜひトライしてみてくださいね。

<材料>
・長方形の画用紙1枚…お好みのサイズ、カラーを用意
・飛び出すパーツ用の画用紙…パーツに必要なカラー、枚数を用意
・折り紙やシールなど装飾に使用したいもの
・のり
・はさみ

<作り方>
1.長方形の画用紙を半分に折りましょう。この画用紙が土台となります。
2.ケーキ型やクリスマスツリー型など、好きなモチーフになるようはさみでカットした画用紙を縦半分に折り、土台の画用紙にV字にのりで張りつけましょう。土台の画用紙と装飾用の画用紙の折り目がきちんと合うように張りつけるのがコツです。
3.あとは台紙に好きな文字やシールなどを張りつけて完成!

台紙をカットせずV字に飛び出すパーツを貼りつけるだけでも、かわいいポップアップカードを作れます。土台の用紙は1枚でOKなので、時短で簡単に作りたいときにもおすすめの作り方です。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]