出典:photoAC

Baby&Kids

6月生まれの赤ちゃんの名前はどうつける?個性派から古風まで52選

生まれてくる子どもへの初めてのギフトとなる名づけ。人生を輝かせるような、素敵な名前をつけてあげたいですよね。そんな名づけの要素として定番なのが、生まれ月や季節にまつわる名づけです。
そこで今回は6月に出産予定を控えるママのために、季節感あふれる美しい名前を調査してきました!ぜひ我が子の名づけの参考にしてみてくださいね。

6 月生まれの赤ちゃんの名前を考え始めるにあたって、まずは基本的な選び方についてご紹介します。

■6月生まれの赤ちゃんの名前の選び方

出典:photoAC

6月は日本では「水無月」という異称を持ち、春と夏の境目にあたる季節として周知されています。英語にするとJuneであり、これはローマ神話の登場人物「ジュノー(ユノ)」に由来するんだとか。
日本においては梅雨の季節というイメージが強く、長雨が続きますが次第に緑が生い茂る初夏へと向かう変化の時期です。これらのイメージをとっかかりとして、漢字や響き、インスピレーションや意味などからどんどん名前の候補を挙げていくと考えやすいでしょう。

■【人気】6月生まれの赤ちゃんにおすすめの名前

ここでは2019年にランキングなどで人気だった6月生まれの赤ちゃんの名前をご紹介。

出典:photoAC

―男の子に人気
蓮(れん)、朝陽(あさひ)、樹(いつき)

6月に見ごろの時期を迎える睡蓮の花や、新たなはじまりを予感させる朝の光、緑豊かに生い茂る樹木など、美しい自然を連想させる名前が人気のようです。

―女の子に人気
紬(つむぎ)、結菜(ゆいな)(ゆな)、莉子(りこ)

紬(主な読み:つむぎ)は、紬糸で織られた絹織物を指す言葉。6月は衣替えの季節でもあるため、衣にまつわる名前も季節感が感じられますね。近年では純和風の名前がトレンドになっており、優美な日本の風景や植物をイメージした名づけに人気が高まっている傾向です。

■【古風】6月生まれの赤ちゃんにおすすめの名前

出典:photoAC

古風な名前が希望なら、漢字の持つ意味ひとつひとつにもこだわって、美しい花や情景が目に浮かぶような名づけがおすすめです。「水無月(みなづき)」、「梅雨」、「あじさい」、「蓮の花」を連想する名前や、6月の季語である「柚(ゆず)」を入れた名前が和の印象を高めるでしょう。

―男の子に人気
晴臣(はるおみ)、柚希(ゆずき)、蓮太郎(れんたろう)、晴真(はるま)、潤(じゅん)
―女の子に人気
柚乃(ゆの)、紫織(しおり)、澄蓮(すみれ)、瑞生(みずき)、美那(みな)

■【誕生石】6月生まれの赤ちゃんにおすすめの名前

出典:photoAC

6月の誕生石として知られているのが、ムーンストーンと真珠(パール)。
ムーンストーンはヒンドゥー教の神話によると月の光が固まってできたもの。透明感のある乳白色ですが、無色の背景のもとに置くと青く光る現象が見られます。宝石言葉は「愛の予感」「純粋な愛」です。

出典:photoAC

真珠はワードローブに欠かせない宝石として、世代を問わず世界中の女性たちに愛されています。優しく気持ちを静める効果があり、気品や優美さも感じさせる宝石です。宝石言葉は「純粋無垢」「健康」「長寿」です。

―男の子に人気
真(まこと)、珠樹(たまき)、真輝(まさき)
―女の子に人気
真珠(まじゅ)、美珠希(みずき)、美月(みづき)

■【誕生花】6月生まれの赤ちゃんにおすすめの名前

出典:photoAC

6月の誕生花として代表的なのが「バラ」と「ユリ」。バラは花の中でも特に人気が高く、気品あふれる佇まいと美しさで紀元前の昔から園芸用として楽しまれてきました。膨大な種類や花色があり、華やかなものから可憐なものまで多様です。
ユリもバラに負けず劣らず人気の高い花であり、「日本書紀」などの神話の中にもシンボリックに登場します。冠婚葬祭などで用いられることも多く、高貴な純潔さや無垢さを象徴しています。

―男の子に人気
悠理(ゆうり)、純也(じゅんや)、一清(いっせい)
―女の子に人気
百合花(ゆりか)、真百合(まゆり)、莉々(りり)、愛華(あいか)

■【初夏のイメージ】6月生まれの赤ちゃんにおすすめの名前

出典:photoAC

6月は梅雨から初夏へと移り変わる季節で、暦の上では夏となります。より明るい印象で名づけたいなら、雨上がりから晴れ渡る初夏にかけてのイメージを全面に出して考えてみるのも良いでしょう。晴、緑、新、風などを連想する漢字を含めると、ぐっと季節感が出ます。

―男の子に人気
颯太(そうた)、陽樹(はるき)、晴人(はると)、青葉(あおば)
―女の子に人気
美雨(みう)、芽以(めい)、風香(ふうか)、小夏(こなつ)

■【個性派】6月生まれの赤ちゃんにおすすめの名前

出典:photoAC

上記でご紹介した6月のイメージの中でも人とかぶらなそうな名前が良い!という場合は、まずは響きを重視して後から合いそうな漢字を当てはめていく名づけの方法もあります。また、日常的にどんな呼び方で我が子を呼びたいか、など呼びやすさやリズム感に重きを置くという視点も個性的な名づけに繋がるでしょう。

―男の子に人気
青空(せいあ)、亜蓮(あれん)、蓮音(れおん)、早夏(さな)
―女の子に人気
莉々依(りりい)、雨音(あのん)、紫陽花(しょうか)、晴来(せいら)

■【一文字】6月生まれの赤ちゃんにおすすめの名前

出典:photoAC

名づけで根強い人気を誇るのが、潔さと古風な印象を持たれやすい「漢字一文字」の名前。二文字以上の苗字とバランスがとりやすく、一字にぎゅっと想いが込められ覚えてもらえやすい名前です。

―男の子に人気
蓮(れん)、新(あらた)、颯(はやて)、晴(はる)
―女の子に人気
雫(しずく)、紫(ゆかり)、純(じゅん)、柚(ゆず)

■赤ちゃんの名前はじっくりと思いを込めて

出典:photoAC

梅雨から夏へと徐々に季節を変えてゆく6月。日本的な美しい情景や、初夏を感じさせる爽やかなイメージの名づけが人気でした。名づけは意味や響きも重要ですが、最も大切なのは、親がどんな思いを込めたかということ。
人生最初のギフトとして、まだ見ぬ我が子のために素敵な名前をじっくり考えていきましょう。

musubi

車と音楽を愛する2歳男子を育児中。アート鑑賞が趣味で、観たい展示の為なら国内どこにでも飛んでいきます!いかにストレスフリーで過ごせるかが人生のテーマ。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!