Baby&Kids

「お菓子がないと子どもと外出できない」から抜け出す方法

vol.1019【1日1成長お母さん】お菓子を与えるのがNGなのではない。与え方を工夫すればOK

子どもが公共の場で静かにできるかどうかは、お母さんにとっての大問題

子どもと一緒に公共の場に出掛けた時に静かにしてくれるかは、お母さんにとっては重要な問題でしょう。子どもが泣きだしたり騒いだりしたら、周囲の目が気になってしまうこともあります。
「子どもは泣いたりぐずったりするのが当たり前」と温かい目で見守ってくれる人もいれば、煙たそうにする人もいるかもしれません。真面目なお母さんほど「なるべく迷惑を掛けないように」と気を遣ってしまうことでしょう。

アメをあげないとお買い物ができない。その一方で食べすぎも気になる

4歳のAちゃんはいつもお母さんとスーパーにお買い物に行きます。スーパーに到着した瞬間に「お母さん、アメちょうだい」と言い、お母さんが与えるというのが習慣になっています。途中でアメがなくなるとまた「アメちょうだい」と大絶叫。
お母さんはアメの食べ過ぎを気にしていましたが、周囲に迷惑を掛けたくないという思いや恥ずかしい気持ちで仕方なく何回もあげてしまいます。Aちゃんはアメなしではお出かけができなくなってしまっています。

「買い物が終わったらアメをひとつ食べよう」と約束をし、必ず守ろう

子どもは成功法則を学習します。Aちゃんは泣き叫べばアメがもらえると覚えてしまったのです。ということは、違う成功法則を学ばせればいいのです。
まずは「お買い物が終わったら、アメをひとつ食べようね」と約束をします。途中で泣き叫ばれてもお母さんは屈しないことが大切です。時間はかかるかもしれませんが「買い物が終わったら、アメをくれる」と学習できると、泣き落としをしなくなるでしょう。
さらにお買い物が終わるまで我慢するという成長に繋がります。

子どもを静かにさせるのに便利なお菓子。与え方を工夫してみよう

お菓子は子どもを静かにさせるのに即効性があります。しかし大人でもダイエット中でもお菓子がやめにくいように、甘いものには中毒性があります。お菓子がないと外出できない状態になると量は増えるばかりです。
その一方でお菓子は与え方を間違えなければ、我慢強い子に育てられるという利点もあります。子どもが公共の場で泣き叫ぶのは、お母さんにとってはストレスです。
でもお母さんが「今日だけよ」と約束を破らなければ、早く良い習慣が身についていくでしょう。

今日の1日1成長

お菓子を与え続けるよりも「買い物が終わったら食べよう」と約束しよう
子どもの忍耐力も1成長、お母さんの工夫力も1成長。
田中京子(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!