出典:@kiyasarin8453さん

Lifestyle

虫除けをベランダで使うなら?防虫の土・アロマ線香などおすすめイロイロ

暑い季節が近づくと、増えてくるのが不快な「虫」…。特にベランダでガーデニングをしていたり、ゴミ箱を設置していたりすると、植物やゴミに寄ってくるハエや蚊などの虫に悩まされますよね。そこで今回は、ベランダの虫除け対策を詳しくご紹介!便利な市販品のほか、ハーブなど植物の助けを借りる方法もアドバイスします。

まずは、ベランダで遭遇する虫の種類から、見ていきましょう。

■ベランダによく来る虫とは…

ベランダに来る虫には、どのような種類があるのでしょうか。見たことがあるけど名前を知らなかった、という虫もいるかもしれませんね。
ベランダで見かける虫は、キノコバエやチョウバエなどの小バエ、ユスリカ、カメムシ、タカラダニ、蚊、ゴキブリなど。発生源はさまざまですが、排水口の汚れやプランターの土などから発生することもあるようです。
これらの虫は、さまざまな菌の媒介となるため衛生的に好ましくありません。ベランダから室内に侵入する恐れもあるため、できるだけ対策しておきたいものです。

■ベランダの虫除けはどれがおすすめ?

ホームセンターなどに行くと、ベランダ用の虫除けグッズがたくさん並んでいますよね。タイプ別に特徴をまとめてみました。
 

・小型で目立たない、置き型タイプ

出典:PhotoAC ※画像はイメージです

置いておくだけで防虫、または補虫してくれる商品があります。防虫タイプは、虫が嫌がる成分を少量ずつ拡散するもの。一方補虫タイプは、誘引成分で虫を引きこみ、容器の中に虫を閉じ込めてくれます。
いずれも数カ月程度効果が持続し、ベランダの景観を損なわない小型のものが主流です。

・どこでも自由に設置できる、つり下げ型

出典:@tami_house_acさん

つり下げ型は、本体にフックがついていて、物干し竿などにつり下げられるタイプ。置き型だとつい踏んでしまったり、子どもがいたずらしたりして困るという人におすすめです。
スリットから薬剤成分が拡散するため、広範囲で効果がありますが、風向きなどによっては効果が薄れてしまう場合も。ほかの虫除けグッズと併用するのをおすすめします。

・網戸などに直接貼りつけるタイプ

出典:@an.myhomeさん

網戸に虫が貼りつくのがいや、という人におすすめのタイプです。ベランダの網戸は虫の入り口になりやすい場所。網戸に貼りつけるタイプの虫除けなら、虫が寄りつくのを防げます。

・ピンポイントで虫を狙えるスプレータイプ

出典:photoAC

スプレー式殺虫剤も、ベランダ近くに常備しておきたいアイテムのひとつ。虫を見つけ次第その都度使えるので、無駄がありません。
また、あらかじめ虫が寄りつきやすい場所にスプレーして、予防するタイプもあります。クモやダニなど、虫のタイプ別に販売されていますよ。

・紫外線と電撃で虫を撃退する殺虫器

出典:@k_ana0131hさん

紫外線で虫を誘導して、蚊などを一網打尽にする殺虫器。アウトドア用のランタンとしても使えるアイテムですが、夜にベランダに出るときにスイッチを入れておけば、蚊などが人に寄ってこないのではないでしょうか。

■植物の力で虫除け!天然成分だから安心

ひと口に「虫除け」といっても、化学的な薬剤だけに頼る必要はありません。実は植物、特にハーブの中には、害虫を寄せつけない成分をもともと持っているものも数多く存在します。
ここでは、ベランダでハーブの防虫効果を活用するアイデアを紹介します。


・プランターに虫の嫌うハーブを植えてみよう

出典:photoAC

ベランダでガーデニングをしたことのある人なら、きっと花につく虫に悩まされた経験がありますよね。市販の駆除剤もありますが、なるべく使いたくないときは「虫が嫌うハーブ」をいっしょに植えてみましょう。
代表的なのは、「セインテッドゼラニウム」や「ラベンダー」、「ローズマリー」、「ミント」など。きれいな花や、さわやかな香りも楽しめますよ。

・食虫植物のハエトリグサ

出典:@sachi6v6さん

食虫植物の「ハエトリグサ」は、その名と個性的な見た目から、虫除け対策に栽培される人もいるよう。捕食葉にあるセンサー(感覚毛)に虫が触れると口を閉じて捕まえます。
しかし、ハエトリグサは虫を食べなくても生きていける植物。害虫がついてハエトリグサ自体が弱ってしまうこともあるので、大きな虫とり効果は期待しないほうがよさそうです。

・ハーブ以外の観葉植物

出典:photoAC

ハーブ以外の観葉植物にも、虫除け効果のあるものがあります。なかでも、ベランダに鉢植えで育てるのにおすすめなのが、害虫の嫌う匂いを持つ「ユーカリ」です。
乾燥に強く手のかからないユーカリは、たまに水やりをする程度でOKなのもうれしいポイント。

・虫除けの効果がある土を使っても!

出典:Pixabay

ベランダでガーデニングをする際は、土選びも大切!なぜなら、プランターなどの土から虫が発生することも少なくないからです。
おすすめは、高温で焼成して作られるセラミック培養土。製造過程で土に混入している虫の卵などがあらかじめ排除されているため清潔です。
また、虫をひきつける有機質原料を含まない培養土も市販されています。さらに、プランターにさしておくだけで、コバエなどの発生を防ぐ製品もありますよ。

・さわやかな香りも楽しめる!手作りハッカ水スプレー

出典:@ayuayum_o_o_nさん

虫除け効果のあるアロマオイルを使って、防虫スプレーを手作りできます。
@ayuayum_o_o_nさんは、ハッカ草(ミント)から抽出された「ハッカ油」を使って、網戸などに吹きつける虫除けスプレーを自作されたそう。清涼感のあるさわやかな香りで、虫を寄せつけません。
基本的な作り方は、まずスプレーボトルにイソプロピルアルコール(または無水エタノール)20mlとハッカ油50滴くらいを加えて混ぜ、その後、精製水(または水道水)200mlを加えて混ぜます(※分量は目安)。
ハッカ油はもともと、食品添加物としても使われる成分なので、安心して使えます。@ayuayum_o_o_nさんは生ごみの消臭スプレーとしても使われているそうですよ。

■ベランダの虫除けに最強!おすすめの強力虫除けは?

「とにかくベランダで虫を見たくない!」という人におすすめの、最強の虫除け商品をご紹介します。
 

・KINCHO 虫コナーズ プレートタイプ

出典:@amgardenさん

ベランダ虫除けの人気ランキングでも上位に入るのが、ベランダや玄関、軒下など、家の入り口につるしておくタイプの商品です。『KINCHO(キンチョー)』の「虫コナーズ」プレートタイプは、表面のスリットから虫が嫌がる成分(ピレスロイド系薬剤)を拡散し、蚊などが屋内に侵入するのを防ぎます。有効期間によって、150日用と250日用、366日用の3タイプがあります。
そのままつるしておいても構いませんが、市販のカバーをつけるとインテリアになじんでくれますよ。画像は、ワイヤー雑貨などを手がけるハンドメイド作家@amgardenさんの、手作りカバーです。

・フマキラー 虫よけアロマ線香

出典:@kiyasarin8453さん

『フマキラー』の「虫よけアロマ線香」は、従来品と比較すると虫除け効果がなんと3倍!アロマ効果も備えた虫除け線香です。香りはローズ系、シトラス系、グリーン系、ラベンダー系、カモミール系の5タイプ。
お香をたくような感覚で気軽に使え、ほのかな香りも楽しめます。約7時間にわたって効果が続くのもうれしいですね。

・100均 虫よけプレート

出典:@i_am_sachi0421さん

最近は、100均でも虫除けグッズが充実しています。画像は『Seria(セリア)』や『Can Do(キャンドゥ)』で購入できる「虫よけプレート」。
ドアノブにかけられるようになっているので、ベランダや玄関先で使えますよ。

■赤ちゃんやペットがいても使用できる虫除けは?

赤ちゃんやペットがいる家庭では、虫除け製品を使うことが心配だったり、なんとなく抵抗感があったりする人も多いですよね。そんなときにおすすめの虫除けグッズをご紹介します。
 

・虫除けLEDライト・タカショー バグザッパー

出典:@mezasecampmasterさん

薬剤を使わず、光に集まる虫(ハエなど)の習性を利用して撃退する殺虫ライトです。LEDの光に集まってくる虫を、電気ショックで一撃!
ソーラー充電式でコードレスのため、持ち運びしやすく、アウトドアやベランダに置いておくのにもぴったりです(ただし、光に集まる習性のない虫には効果はありません)。この商品のほか、類似の殺虫器はホームセンターなどで購入できますよ。

・虫除けLEDライト・ハタヤ 電撃!ちょこっと

出典:@y.e.s_coosさん

こちらも、光を利用して虫を集めて駆除する殺虫ライト。コンパクトだから、持ち運びにも便利ですね。夜にベランダで作業をするときだけでなく、アウトドアシーンなどでも活用できます。

・アース製薬 虫こないアース あみ戸・窓ガラスに

出典:@cutelove_skyさん

こちらは、ベランダのガラスや網戸専用の虫除けスプレーです。吹きつけておくと、光に集まってくるタイプの虫を約2カ月防いでくれます。
ペットや赤ちゃんがいる場合も、あらかじめ別の部屋に移動させておけば、使用OK。スプレー後は、窓を開けてよく換気しておきましょう。

・フマキラー 虫よけバリア ブラック アミ戸にピタッ!


プレートタイプの虫除け製品です。ベランダの網戸に貼っておくだけで、ユスリカやチョウバエなどの侵入を防いでくれます。本体が黒いため、日光が当たると温度が上昇し、さらに効果的に薬剤成分を拡散させることができます。
メーカーによると、赤ちゃんの健康に影響のない成分が使われているそうです。200日用と300日用があります。

■こんなものも便利!まだまだあるベランダ防虫のアイデア!

ほかにも、みんながやってるベランダ防虫のアイデアをご紹介。

 

・【ベランダまるごと編】防虫ネット

出典:@mizupacaさん

@mizupacaさんは、なんとベランダをまるごと防虫ネットでガード!これなら安心して洗濯物を干せそうです。

出典:@mizupacaさん

設置に使ったのは、園芸用の防虫ネットと壁に貼りつくフック。どのように設置するかというと…

出典:@mizupacaさん

フックをベランダの壁や天井に貼りつけ、フックに防虫ネットを固定します。フックは、接着グルーがついていて熱で溶かして貼りつけるタイプなので、強度もばっちりです!

・【ベランダ菜園編】防虫ネット

出典:@miki.506さん

ベランダ全体を防虫ネットで囲うのはハードルが高い…という人は、虫から守りたいところだけ防虫ネットを張ってみましょう。ベランダ菜園にもおすすめですよ!

・超音波式虫除け器

出典:@fu__homeさん

こちらはガレージや玄関などにおすすめの、超音波式の虫除け器。ゴキブリや蚊、アリなど幅広い害虫を防げます。人には聞こえない周波数で、人体には無害です。

■虫除けグッズは年々進化!ベランダを虫から守ろう

虫除けグッズは毎年新しい商品が登場し、虫除け効果もどんどん向上しているようです。薬剤を使わないアイデアもいろいろあるので、ベランダの状況や好みに合わせて選んでくださいね。

Keico

子どもと外遊びするのが大好きな、4兄妹の母。管理栄養士免許を持ち、おいしく楽しいアウトドア料理を日々研究中です。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!