出典:@ yagigigi1234さん

Lifestyle

虫除け効果のある植物を育てよう!環境や体に優しく防虫対策できちゃう

家の中やベランダで気になってくるのが害虫の発生。蚊やハエ、ゴキブリなどが発生しやすくなり、殺虫スプレーや蚊除けを使う機会も増えてくるでしょう。しかし、家の中で使用するとなると、匂いや成分も気になるところですよね。そんな人におすすめなのが、虫除けに効果的な植物を自宅で栽培することです。今回は虫除け効果のある植物の種類や育て方について詳しくご紹介しましょう。

ベランダや玄関、庭やリビングなどで虫除け効果のある植物を育てることで、環境や体にやさしい虫除けになると言われています。どの植物がどんな虫に効果的なのか、早速見ていきましょう。
 

■虫除け効果のある植物を育ててみよう!

虫除け効果のある植物って?まずは種類を紹介する前に、具体的にどのような効果があるのかを確認してみましょう。
 

・虫除けに効果のある成分とは

出典:@ yagigigi1234さん

植物のなかには、「カンファー」や「シトラール」といった虫が嫌いな成分を持つものがあります。これらの成分を持っている植物で代表的なのはハーブ系。人間にとっては心地良いと感じる香りですが、特定の虫にとっては忌避効果が期待できます。
また、ハーブ系以外でも虫除け効果のある植物はたくさんあります。詳しい品種についてはつぎで詳しくご紹介しましょう。

・害虫、蚊除けやゴキブリにも効く

出典:photoAC

植物の品種によって香りや成分も異なることから、忌避効果が期待できる虫の種類も異なりますが、なかには害虫や蚊・ゴキブリなどに忌避効果を持ったものもいます。後ほど害虫別のおすすめ植物を紹介しているので、参考に選んでみてくださいね。

■虫除けに効果のある植物:庭やベランダで育てられるもの

庭やベランダで育てられる虫除け効果のある植物4つをご紹介します。
 

・【マリーゴールド】一年中花を楽しめる

出典:photoAC

マリーゴールドはオレンジや黄色の華やかな色みの花を咲かすキク科の一種。開花期間も比較的長く、ガーデニングをする人たちからも人気の品種です。マリーゴールドに含まれる成分のひとつ「アルファ・テルチエニル」には、蚊や害虫などの虫除けに有効的な特性があります。
育て方のポイントは日当たりの良い場所に置くこと。また、一年草で常に咲き続けるため、週に1回程度肥料を与えてやることも大切です。

・【ラベンダー】紫色のかわいらしい花と癒しの香り

出典:photoAC

鮮やかな紫色が特徴のラベンダーは、アロマテラピーでもよく使用されるハーブの一種で、イングリッシュ系やフレンチ系などさまざまな種類が存在します。ラベンダーには「リナロール」という成分がありますが、そのなかに含まれている「1.8シネオール」という成分に虫除け効果があると言われています。
効果が期待できるのは、主に蚊や蛾のほかダニなど。
ラベンダーは高温多湿に弱いため、風通しの良い場所に置くことが大切。真夏は直射日光のあたらない日陰に移動させると良いでしょう。

【ゼラニウム】たくさんの花を咲かせ育てやすい

出典:photoAC

約280もの種類が存在するゼラニウムは、たくさんの花を咲かせてくれるのが特徴。開花期間は一般的に4月~11月頃ですが、気温が7度程度あれば年中花を咲かせてくれます。
ゼラニウムには、香り成分である「シトロネロール」が含まれており、蚊を寄せつけない特性があります。
この特性を利用して、近頃ではゼラニウムの精油を使用した虫除けスプレーなどもあるようです。
また、比較的育てやすい品種ですが、暑さには弱いため、鉢植えで育てるのであれば夏は半日陰に移動させてあげましょう。水やりは基本的に土が乾いたタイミングでOK。夏以外は頻繁に水やりする必要はありません。

・【ハエトリソウ】個性的な形の食虫植物

出典:photoAC

食虫植物のなかでも有名なのがハエトリソウ。ユニークな形が特徴的で、口の中にコバエを入れて消化します。ハエトリソウは湿地帯で自生している植物であることから暑さに強く、育てるためには日光が欠かせません。
しっかり日の当たるところに1日6時間以上置くのが理想的。しかし、寒さには弱いため、冬には屋内へ移動させるようにしましょう。また、乾燥も厳禁。常に土は湿った状態がキープできるように、こまめに水やりしてあげましょう。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]