出典:@sii_sewingさん

Lifestyle

ハンドメイドで叶えるおしゃれ服!初心者でも作れる一枚

手作りの服はデザインによってはださい?作るのが難しそう?いえいえ、今はハンドメイドでもとってもおしゃれなデザインのものがたくさんあるのです!作り方も、基本をおさえれば初心者でも作ることができます。今回はハンドメイド服を作るために必要なアイテムや作り方、さらには人気のハンドメイド作家さんの作品を紹介していきます!

■ハンドメイドで服を作るのに必要なものは?

ハンドメイドの服を作るためにはどのようなアイテムが必要なのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

・ハンドメイドを始める前に準備するもの

出典:photo AC

ハンドメイド服を作るために必要なアイテムで基本的なものは、たち切りはさみ、糸切りはさみ、チャコペンシル、メジャー、リッパー、ピンクッション、マチ針、縫い針、そして糸。しかしこれらは一般的な裁縫セットに入っているものなので、バラバラに購入しようと思っているのであれば裁縫セットを買ったほうがいいかもしれません。
手縫いよりミシンの方が糸の強さや幅が正確になるので、より手作りに見えない仕上がりの服にすることができるでしょう。縫う時間も圧倒的に早いので、ミシンがあるととても便利だと思います。

・ハンドメイドの服作りに適した生地は?

出典:photo AC

厚くなく扱いやすい生地は、手作りの服を作る初心者には向いているでしょう。デニムのような厚い生地や、サテン織りやニット素材のものは滑ったり伸びたりと、扱いは上級者向け。縫いやすく、服作りにも適している木綿(コットン)素材のものがおすすめです。

出典:@yan_sewingさん

亜麻を原料としたリネン生地も服作りに適しています。リネン生地は通気性に優れ、速乾性も高く、丈夫な生地です。ハンドメイドリネン服は清涼感があり、ナチュラルな印象も与えてくれます。

■挑戦してほしい!ハンドメイド服の作り方を紹介

ハンドメイドするための参考本はたくさんありますが、どんな本を参考にしてハンドメイドすればいいのか分からない…と感じる方もいるのではないでしょうか。そんな人にもぜひ参考にしてほしい、ハンドメイド服の基本的な作り方をご紹介します。

・ふんわりとした袖がポイントのワンピース

出典:@yan_sewingさん

7分丈のナチュラルなワンピースは、女性らしいふんわりとした袖が魅力的。袖以外は直線縫いなのでとても作りやすいです。
<作り方>
1. 縫い代をつけて型紙通りに裁断する。
2. 身頃の肩部分、袖の裾部分、スカートの脇にロックミシン(ジグザグミシンでも可)をかける。
3. 身頃の前後を中表に合わせ、肩を縫い、縫い代をアイロンで割っておく。見返しの肩も同様にする。
4. 袖、身頃を中表に合わせ縫ったら、2枚いっしょにロックミシンをかける。縫い代はアイロンで袖側に倒しておく。
5. 見返しの下部分をぐるりと一周、ロックミシンをかける。
6. 身頃、見返しを中表に合わせ、襟ぐりを縫う。カーブの部分は縫い代に切り込みを入れ、表に返しアイロンで整えてから2cm幅で縫う。
7. 袖下から身頃の脇までを一気に縫う。角の部分は直線で縫わず、カーブをつけて縫うこと。2枚いっしょにロックミシンをかける。
8. 袖を折りゴム通し口を残して1cm幅で一周縫う。ゴムを通し、2cm重ねて縫い止めたらゴム通し口を閉じる。
9. スカート、身頃のウエストラインにそれぞれ等間隔に印をつけ、縫い代に2本粗ミシンをかけ、ギャザーを寄せる。
10. スカート、身頃を中表にし、出来上がり線で縫い合わせる。2枚をいっしょにロックミシンにかけ、縫い代はアイロンで身頃側へ倒す。
11. 裾を三つ折りにし、縫ったら完成!

【型紙】
こちらの型紙は@yan_sewingさんのブログで紹介されています。詳しい作り方についてもこちらを参考にしてみてくださいね。子どもサイズもありますよ!
「yanのてづくり手帖」

・女性らしさ満載のギャザースカート

出典:@yan_sewingさん

直線なので簡単に作れる、おしゃれなギャザースカートは初心者さんにもおすすめ。女性らしいシルエットが素敵な一着です。
<作り方>
1. 縫い代込みの型紙サイズに裁断する。
2. 2枚の布を中表に合わせ、脇を縫ったあと、縫い代をアイロンで割る。
3. ウエスト、裾にロックミシン(ジグザグミシンでも可)をかける。
4. ウエストを4cm折り、上から2cmの部分をぐるりと縫う。そこからさらに1.5cmで縫う。ゴム通し口は3cmあけておく。
5. 下段にゴムを通し、ゴムは2cm重ねて縫い止める。ゴム通し口を縫い閉じる。下段のみにゴムを通すため、上段部分はフリルのように。
6. 裾を4cm折り、3.5cm幅で縫ったら完成!

【型紙】
こちらの型紙は@yan_sewingさんのブログで紹介されています。詳しい作り方についてもこちらを参考にしてみてくださいね。
「yanのてづくり手帖」

・動きやすさ抜群のイージーパンツ

出典:@yan_sewingさん

ゆったりシルエットのイージーパンツは、縫うのも簡単、着ていてらくちん!さらりと着れるおすすめの一着です。
<作り方>
1. 型紙に縫い代をつけ裁断する。
2. 中表に合わせ脇と股下を縫い、ロックミシンまたはジグザグミシンをかける。反対側も同様に縫う。
3. 左右の足を中表に合わせ、股ぐりを縫い合わせる。下部分は2重に縫い、補強。2と同様にロックミシンをかける。
4. ウエストと裾にロックミシンをかける。
5. ウエストを3cm折り、1.3cm幅に2本ぐるりと縫う。このときゴムの通し口を3cmあけておく。
6. 上下にそれぞれゴムを通し、ゴム端を2cm重ねて縫い、通し口を縫って閉じる。
7. 裾を2cm折り布端を縫ったら完成!

【型紙】
こちらの型紙は@yan_sewingさんのブログで紹介されています。詳しい作り方についてもこちらを参考にしてみてくださいね。サイズ違いの子ども用を作って、親子で着用するのも素敵です。
「yanのてづくり手帖」

■個性が光る☆ハンドメイド服の作品集

ファッションブランドの服も素敵ですが、1点もののハンドメイド服は、他にはない魅力があります。人気作家さんが販売している手作り作品や、趣味で作られているインスタグラマーさんの作品をいくつか紹介しましょう。

*さりげない刺繍が可憐な女の子のハンドメイド服

出典:@sii_sewingさん

@ sii_sewingさんの子ども服は、繊細さが感じられる上品な作品。さりげないフリルや刺繍が可憐な女の子の印象を与えますね。既製品にはない手作りのぬくもりが魅力です。

*おしゃれなちびっこメンズにおすすめのノーカラーシャツ

出典:@sii_sewingさん

リネン生地で作られたノーカラーシャツは、爽やかでとてもナチュラル。女の子はスカート、ワンピース、パンツスタイルなど服の種類も豊富ですが、男の子は種類が少ないだけに、おしゃれなコーディネートをするならデザインがとても重要になります。こちらのシャツはシンプルな中にもデザインの洗練さが光る一着。おしゃれなちびっこメンズにおすすめしたいデザインです。

*さらっと着こなしたい大人ワンピース

出典:@ ysteapotさん

シンプルながらも随所におしゃれな小技のきいたワンピースは、@ ysteapotさんの作品。着てしまったら見えない裏地にもこだわりが感じられる、素敵な一着です。ノースリーブなので、さらりと一枚着るだけで涼しげですね。サイドのリボンは甘くなりすぎず、女性らしさが感じられます。

*繊細なフリルが◎のフレアワンピース

出典:@ maru.maru.linenさん

@ maru.maru.linenさんのフリル襟フレアワンピースは、コットンリネンを使用。繊細なフリルは主張しすぎず、それでいて全体をおしゃれに引き立ててくれます。シンプルですがコットンリネンのナチュラルな生地も相まって、ふんわり優しい印象を与えてくれますね。

■ハンドメイドの服は、ぬくもりとおしゃれが同居する素敵な一枚

ハンドメイドの服は、既製品にはないぬくもりが感じられるのが魅力。簡単に作れるものから、お気に入りの一着をハンドメイドしてみませんか?

Bukko

5歳差兄弟のママ。おもちゃ、小物、ヘアアクセサリーなど子育てに関するさまざまなハンドメイド品を多数作っています。子どもが喜ぶものづくりを追求していきたいです!似顔絵屋さんもしています♪

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!